>
ベンチャー・スタートアップの転職求人案件が多い転職求人サイトまとめ
悩んでいる人
悩んでいる人
ベンチャーやスタートアップ企業への転職を検討していて、ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイトを知りたいです。

困っていること、知りたいこと

ベンチャーやスタートアップ企業への転職を検討している!

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイトを知りたい!

こんな疑問を持っている人のお悩みにお答えします!

筆者の私は、新卒でITメガベンチャーに就職(転職は3回経験)して、ITスタートアップでCOOを勤めた後、自身がIT系のフリーランスになって体験したことなどを元に記事を製作しております。
CareerBiz編集長
CareerBiz編集長

今回は、ベンチャーやスタートアップ企業への転職を検討していて、ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイトを知りたいと思っているあなたに、

■本記事の内容

・ベンチャーやスタートアップ企業への転職で転職・求人サイトのメリットと使い方

・ベンチャー・スタートアップ転職向けの求人サイトの選び方

・ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイトまとめ

・転職・求人サイトの利用の流れ

を、わかりやすく解説していきたいと思います。

目次

ベンチャーやスタートアップ企業への転職で転職・求人サイトのメリットと使い方

転職・求人サイトへの応募

ベンチャーやスタートアップ企業では、どのような会社があるのかわからない、どのように情報収集をしたら良いのかもわからない人も多いかもしれません。

しかし、転職・求人サイトを有効活用するこちで今まで知らなかった企業と出会えたり、情報収集を効果的に行うことができます。

それらのことを踏まえて、ベンチャーやスタートアップ企業への転職で、転職・求人サイトのメリットと使い方について、解説していきたいと思います。

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトのメリット

それでは、最初にベンチャーやスタートアップ企業への転職で具体的に転職・求人サイトを利用することのメリットは何なのか紹介したいと思います。

ベンチャーやスタートアップ企業への転職で転職・求人サイトを利用することのメリットは以下の3つのポイントがあります。

①企業からスカウトが来るため、ベンチャーやスタートアップで自分がどんな企業やポジションで評価されやすいのか把握できる

②自分のペースで転職活動を進めることができる

③企業の雰囲気や社員インタビューなどの情報が見れる

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトのメリット①:企業からスカウトが来るため、ベンチャーやスタートアップで自分がどんな企業やポジションで評価されやすいのか把握できる

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトを利用することのメリットの1つ目はスカウトが来るため、自分がどんな企業や求人に評価されやすいのか把握できるができることです。

求人サイトに登録すると、企業からのスカウトメールも届く場合があるため、そのような企業からのスカウトメールはきちんと内容を確認することをおすすめします。

企業が興味を持っているため、よほどのミスマッチがなければ、内定を獲得できる確率は高くなります。

また、自分がどんな企業や求人に評価されやすいのか把握することで、転職活動の戦略を立てることができます。

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトのメリット②:自分のペースで転職活動を進めることができる

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトを利用することのメリットの2つ目は自分のペースで転職活動を進めることができることです。

どうしても、転職エージェントを利用すると、「やらなきゃ」と思って強制力が働いて、転職活動をスムーズに進めることができますが、逆に急かされたりすることもあります。

そのため、マイペースで転職活動を進めたいと思う人は、転職・求人サイト経由で転職活動を進めることの方が良いでしょう。

よく勘違いしている人も多いですが、転職サイトや転職エージェントは「登録をしたら必ず転職しなきゃいけない」ということは全くないため、まずは登録して求人だけでも見てみることをおすすめします!

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトのメリット③:企業の雰囲気や社員インタビューなどの情報が見れる

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトを利用することのメリットの3つ目は企業の雰囲気や社員インタビューなどの情報が見れることです。

転職・求人サイトには、求人情報だけでなく、その会社や社員の雰囲気や働くモチベーション、オフィス環境、福利厚生などの情報やインタビュー記事が載っていたりすることも多いです。

転職エージェントでは、裏話的な情報も聞けたりすることもありますが、情報の網羅性という意味では、転職・求人サイトの情報やインタビュー記事のが高い場合が多いです。

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトの使い方のポイント

それでは、先ほど紹介した転職・求人サイトを利用することのメリットを踏まえて、より効果的に転職・求人サイトを使う際のポイントを紹介したいと思います。

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトの使い方のポイントとして、以下の5つのことが大切です。

複数の転職・求人サービスに登録する

②企業情報の1つの情報源として使う

③企業からのスカウトで自分の市場価値を大雑把に把握する

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトの使い方のポイント①:複数の転職・求人サービスに登録する

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトの使い方のポイントの1つ目は複数の転職・求人サービスに登録することです。

ベンチャーやスタートアップ企業は大企業とは異なり、採用予算も限られている上に、採用担当者が人事専任でなかったり、1人しかいなかったりします。

そのため、実態として、複数の採用媒体を運用することが難しかったりします。

よって、皆さんがサービス登録を1つだけにしてしまうと、それだけで機会損失が生まれてしまいます。

複数のサービスに登録することで、知る機会・スカウトを受け取れる機会を最大化することで機会損失を防ぐことができます。

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトの使い方のポイント②:企業情報の1つの情報源として使う

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトの使い方のポイントの2つ目は企業情報の1つの情報源として使うことです。

転職・求人サイトには、求人情報だけでなく、その会社や社員の雰囲気や働くモチベーション、オフィス環境、福利厚生などの情報やインタビュー記事が載っていたりすることも多いです。

一方、転職エージェントでは、裏話的な情報も聞けたりすることもありますが、情報の網羅性という意味では、転職・求人サイトの情報やインタビュー記事のが高い場合が多いため、転職エージェントからの情報収集も非常に大事ではありますが、網羅的に把握する1つの情報源として活用することをおすすめします。

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトの使い方のポイント③:企業からのスカウトで自分の市場価値を大雑把に把握する

ベンチャーやスタートアップ企業への転職での転職・求人サイトの使い方のポイントの3つ目は企業からのスカウトで自分の市場価値を大雑把に把握することです。

転職活動をする際に大事なことは、自分を評価してくれそうな業界や企業、ポジションが何なのか把握することです。

さらに、市場評価やマーケットのニーズが高いかどうかを把握しないと、戦略的に転職活動を進めることが難しいのと、内定獲得への確率も変わってきます。

正直申し上げると、自分を一番評価してくれそうな業界や企業に自分を売るのが一番内定の確率は高く、給与交渉などもしやすいため、年収アップなども狙いやすかったりします。

そのため、自分を評価してくれそうな業界や企業、ポジションが何なのか把握するために、転職サイトに登録をして、自分の市場価値がどこにあるのか大雑把にでも把握しておくことはとてもメリットがあるため、そのような使い方をしてみることを、とてもおすすめです。

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイトまとめ

ベンチャー・スタートアップへの転職で転職エージェントを使ったほうが良い、たった1つの理由

それでは、ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイトを紹介したいと思います。

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』 | ベンチャー・スタートアップで年収600万円以上を目指す全ての方におすすめ!

リクナビNEXT  | 掲載求人数が業界No.1サービス!企業とのマッチング度合いも診断できる「グッドポイント診断」もオススメ!

キャリトレ| 自分の好みにマッチしたベンチャー・スタートアップの求人が自動的にレコメンド!

キャリアアップを目指す若手プロフェッショナル向け「Liiga」| ベンチャー・スタートアップの希少求人多数掲載!年収1000万以上はもちろん、MAXで5000万円の求人も存在!

doda|非公開求人を含む約10万件の求人からあなたにあった求人を紹介してくれる、転職業界No.2サービス!

Green | 保有案件の約17,000件のうち、6割以上がIT・Web業界の求人サービス!

Wantedly| 掲載企業数5,000社以上!(ベンチャーやスタートアップ多数!)利用者数は100万人超え(全体の登録者のうち20代の割合が45%、30代が32%)

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイト①会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイトの1つ目は、会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』です。

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』は、会員数8万名以上、日本最大級の転職サイトです。即戦力採用ならビズリーチ」というTVCMでおなじみの人も多いかもしれないです。)

現在会員数80,000名以上が利用しており、11万件以上の求人が検索ができる求人検索機能に加えて、ヘッドハンターの検索やスカウト機能もあるサービスとなっています。

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』の特徴

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』は、以下の特徴があります。

・成長ベンチャーの厳選された200社の幹部候補求人!

・独自の16個の基準で求人をカスタマイズ!

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』の総合評価

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』の評価は以下の通りです。

・総合評価:★★★★★(★4.5)

・案件の保有数・更新頻度:★★★★(★4)

・求人の質:★★★★★(★5)

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』では、大手からベンチャー・スタートアップで大きな成果を残し、ワンランク上のキャリアを走っている先輩のインタビュー記事なども掲載されており、今後のキャリアを考えるにあたって参考となる「生きた情報」も取得することができます。

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイト②:リクナビNEXT

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイトの2つ目は、リクナビNEXT です。

リクナビNEXT は、20代の約200件の口コミ調査の結果、どの指標においてもNo.1で、全ての人におすすめできる転職サイトです。

機能面では、「サイトの操作性」「求人情報の見やすさ」「スカウト機能」の3つが優れているため、非常に使いやすいです。

さらに、リクナビNEXTには、『グッドポイント診断』と呼ばれる評判のサービスがあり、これは、会員登録すると、無料で使えるサービスで、質問に答えていくと自己分析と自分の強みが知ることができます。

リクナビNEXT の特徴

リクナビNEXT は、以下の特徴があります。

・希少求人多数掲載!年収1000万以上はもちろん、MAXで5000万円の求人も存在!

・若手プロフェッショナルの視野を広げ将来の糧となるようなコンテンツ・コラムを多く取り揃えています!

・思考力を高める厳選されたビジネスケース問題があり、優秀回答者には、企業からのプレミアムスカウトも!

リクナビNEXT の総合評価

リクナビNEXT の評価は以下の通りです。

・総合評価:★★★★★(★4.5)

・案件の保有数・更新頻度:★★★★★(★5)

・求人の質:★★★★(★4)

リクナビNEXT では、サービス登録により求人への応募・トップ企業からのスカウトはもちろん、キャリアを学べる厳選コラムの閲覧、経験豊富なエージェントへの相談も行うことができます!

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイト③:キャリトレ

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイトの3つ目は、キャリトレ です。

キャリトレは1日5分、レコメンドされる求人に対して「興味がある」を選択することで、自分の本当の価値や新しい可能性を発見できる転職サイトです。

「キャリトレ」がすごいのは、1日ずつレコメンドされる求人のなかから「興味がある」求人を選択するだけで、AIがより自分にマッチした志向性に合う求人がレコメンドされたり、企業からスカウトが届くようになります。

そのため、使えば使うほど、AIがあなたの好みを学習してくれて、自分のキャリアの可能性を発見することができます。

キャリトレの特徴

キャリトレは、以下の特徴があります。

・業界最大手の転職実績No.1サービス

・厳選非公開求人数10万件以上

・専門コンサルタントがフルサポート

キャリトレの総合評価

キャリトレの評価は以下の通りです。

・総合評価:★★★★★(★4.5)

・案件の保有数・更新頻度:★★★★★(★5)

・求人の質:★★★★(★4)

キャリトレでは、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が20万件以上があり、ベンチャーやスタートアップにも精通したキャリアアドバイザーが、希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイト④:キャリアアップを目指す若手プロフェッショナル向け「Liiga」

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイトの4つ目は、キャリアアップを目指す若手プロフェッショナル向け「Liiga」 です。

キャリアアップを目指す若手プロフェッショナル向け「Liiga」は、Google、三菱商事、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン コンサルティング グループ、ゴールドマン・サックス、P&G、ヤフージャパン、日本IBM、DeNA、リクルートグループといった外資・日系トップ企業と取引がある弊社ハウテレビジョンが運営しているサービスです。

キャリアアップを目指す若手プロフェッショナル向け「Liiga」の特徴

キャリアアップを目指す若手プロフェッショナル向け「Liiga」は、以下の特徴があります。

・希少求人多数掲載!年収1000万以上はもちろん、MAXで5000万円の求人も存在!

・若手プロフェッショナルの視野を広げ将来の糧となるようなコンテンツ・コラムを多く取り揃えています!

・思考力を高める厳選されたビジネスケース問題があり、優秀回答者には、企業からのプレミアムスカウトも!

キャリアアップを目指す若手プロフェッショナル向け「Liiga」の総合評価

キャリアアップを目指す若手プロフェッショナル向け「Liiga」の評価は以下の通りです。

・総合評価:★★★★★(★5)

・案件の保有数・更新頻度:★★★★★(★5)

・求人の質:★★★★★(★5)

キャリアアップを目指す若手プロフェッショナル向け「Liiga」では、

サービス登録により求人への応募・トップ企業からのスカウトはもちろん、キャリアを学べる厳選コラムの閲覧、経験豊富なエージェントへの相談も行うことができます!

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイト⑤:doda

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイトの5つ目は、dodaです。

dodaは、パーソルキャリアの求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトで、転職エージェント業界No.2のサービスです。

特に案件の量には定評があり優良企業のベンチャー企業の常時豊富な求人情報を掲載しており、非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介してくれます。

dodaは、以下の特徴があります。

・非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介

・人事担当者をひきつける履歴書、職務経歴書を書くための秘訣をていねいにアドバイス

・履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募!

・面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウをdodaの専門スタッフが直接アドバイス!

dodaの総合評価

dodaの評価は以下の通りです。

・総合評価:★★★★★(★4)

・案件の保有数・更新頻度:★★★★(★4)

・求人の質:★★★★(★4)

dodaでは、まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができます。

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイト⑥:Green

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイトの6つ目は、Greenです。

Greenは、保有案件の約17,000件のうち、6割以上がIT・Web業界の求人となっており、案件については大手企業の案件は少ないものの、ベンチャー企業・スタートアップの求人が豊富になっています、

Greenは、以下の特徴があります。

・掲載求人数:15,000件!登録者数:590,000人!直接オファー:560,000件/月!

・IT/Web系成長企業から積極的なアプローチがあり、応募前に企業の担当者に会える!

・ほぼ全ての企業が車内の様子や社員に関する写真を多数掲載!社内の雰囲気を把握できます。

Greenの総合評価

Greenの評価は以下の通りです。

・総合評価:★★★★★(★4.5)

・案件の保有数・更新頻度:★★★★★(★4.5)

・求人の質:★★★★★(★5)

Greenでは、まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができます。

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイト⑦:wantedly

ベンチャー・スタートアップの求人案件が多い求人サイトの7つ目は、wantedlyです。

wantedlyは、ビジネスSNSとも呼ばれており、企業が求職者に向けて、社員インタビューや会社の雰囲気がわかる写真などが多数掲載されており、実際に応募する前に、担当者と会って企業の雰囲気を確認することができます

また、wantedlyでは企業への共感をベースにした採用・転職活動を推しているため、逆にWantedlyの募集は給与・待遇の記載がNGとなっていることも大きな特徴となっています。

wantedlyは、以下の特徴があります。

掲載企業数5,000社以上!(ベンチャーやスタートアップ多数!)

・利用者数は100万人超えの若手向けサービス!(全体の登録者のうち20代の割合が45%、30代が32%

・企業からスカウトが来やすくなるプレミアム会員は、月額2,980円(税込)!(初回1週間お試し無料)。

wantedlyの総合評価

wantedlyの評価は以下の通りです。

・総合評価:★★★★★(★4.5)

・案件の保有数・更新頻度:★★★★(★4.5)

・求人の質:★★★★(★4.5)

転職求人サイトの利用の流れ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

ベンチャー・スタートアップの転職求人案件が多い転職求人サイトについてまとめてみましたが、基本的には全て登録して、求人を確認したり、どのような企業からスカウトをもらうことができるのか確かめたほうが良いです。

理由は、求人サイトによって保有している企業の案件が異なるからです。(むしろ、被っている方が少ないです。)

特にベンチャーやスタートアップの場合は、採用予算と人事の工数が限られているため、複数の媒体に対して予算を割いたり、運用の工数を回すことが難しいため、3~4つほどが限界です。

そのため、一度広く求人を吟味したり、スカウトをもらってから、どの企業を受けるのかを絞り込むことが、将来的な機会損失を無くすためにもおすすめです。

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』 | ベンチャー・スタートアップで年収600万円以上を目指す全ての方におすすめ!

リクナビNEXT  | 掲載求人数が業界No.1サービス!企業とのマッチング度合いも診断できる「グッドポイント診断」もオススメ!

キャリトレ| 自分の好みにマッチしたベンチャー・スタートアップの求人が自動的にレコメンド!

キャリアアップを目指す若手プロフェッショナル向け「Liiga」| ベンチャー・スタートアップの希少求人多数掲載!年収1000万以上はもちろん、MAXで5000万円の求人も存在!

doda|非公開求人を含む約10万件の求人からあなたにあった求人を紹介してくれる、転職業界No.2サービス!

Green | 保有案件の約17,000件のうち、6割以上がIT・Web業界の求人サービス!

Wantedly| 掲載企業数5,000社以上!(ベンチャーやスタートアップ多数!)利用者数は100万人超え(全体の登録者のうち20代の割合が45%、30代が32%)

転職求人サイトの利用する時の流れ・手順

転職求人サイトを利用する時の流れや手順については、こちらになります。

※全て無料で、たくさんのスカウトを受け取るために、職務経歴書のアップロードと、経歴データの入力は必ず充実させましょう!

①会員登録(※登録は無料です)

下記の画像をタップして、転職求人サイトの公式HPに飛び、必要な情報を入力します。(3分もかからずに終わります。)

②職務経歴書や経歴データなどを入力、アップロード(※事前に、職務経歴書があれば、5分で完了)

③スカウトメールの受信

スカウトメールは、職務経歴書をアップロードしたり、経歴データを入力しないと、企業側がスカウトメールを送信しません。

求人サイトは、必要情報や履歴書など登録して、自ら気になる企業へ応募することもできますが、企業から、あなたにスカウトがやって来るため、自分がどの会社から評価されるのかなども知ることができます。

まとめ

ベンチャー・スタートアップの転職求人案件が多い転職求人サイトについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

転職など自分から環境を変えることは、「面倒臭い」、「気が乗らない」という気持ちはあると思います。

しかし、悶々とした気持ちで働き続けることは、圧倒的に人生の時間を無駄にしているのと、人生のリスクを増やしている行為になるので

やらない後悔よりは、まず行動してみて、行動しながら考える方が生産的になると思います。

ITベンチャー転職ノウハウカテゴリの最新記事