>
転職で失敗・後悔はNG!転職で失敗する人と成功する人のたった3つの違い
悩んでいる人
悩んでいる人
これから転職を考えていて、転職で失敗したくないので、転職活動で失敗する人と成功する人の違いについて知りたい。

困っていること、知りたいこと

これから転職活動を始めようと思っているが、失敗や後悔をしたくない!

後悔や失敗をしないために具体的に何をしたら良いのかわからない!

転職活動を失敗する人と成功する人の違いを知りたい!

こんな疑問を持っている人のお悩みにお答えします!

筆者の私は、転職3回、計50社ほどの大手企業からベンチャー企業までの選考の受けた経験、約10社以上の転職エージェントと面談をした経験や自身もベンチャーでCOOとして、採用業務に携わっていた経験などを元に記事を製作しております。
CareerBiz編集長
CareerBiz編集長

今回は転職で失敗しないために、転職活動で失敗してしまう人の特徴を知りたいと思っているあなたに、

■本記事の内容

・転職活動で失敗、後悔してしまう人の特徴

・転職活動で失敗、後悔しないようするために、転職を成功する人の特徴

を、わかりやすく解説していきたいと思います。

転職で失敗・後悔してしまう人の特徴

転職で失敗する人の特徴

まず、転職で失敗や後悔をしてしまう人の行動の特徴について紹介したいと思います。

転職で失敗や後悔をしてしまう人の行動の特徴は以下の3つです。

■転職で失敗や後悔をしてしまう人の3つの行動の特徴

・自己分析や転職の軸や目的の深掘り不足

・転職候補先の企業リサーチ・ヒアリング不足

・面接などの場慣れ不足

転職で失敗や後悔をしてしまう人の行動の特徴①:自己分析や転職の軸や目的の深掘り不足

1つ目の失敗してしまうポイントは、自己分析や転職の軸、目的の深掘り不足です。

自己分析や転職の軸、目的の深掘りができていないと、自分の中での覚悟や確固たる信念が形成できず、外部環境の変化などによって、すぐに迷いや不安が生まれてしまい、具体的には以下のような失敗をしてしまう可能性があります。

・転職時に給与や勤務地、福利厚生などの外部条件だけを重視し過ぎた意思決定をしてしまい、転職後に仕事の内容などが合わず、仕事のモチベーションの低下。

・仕事で困難な状況になった時に頑張って乗り越えるモチベーションが湧かない。

・仕事を続けていく中で「今やっていること」に迷いが生じ、仕事のモチベーションの低下。

こういったような仕事のモチベーションが低下するような事態になってしまうと、当然、仕事のパフォーマンスに直結するため、結果が出せない場合は周りや上司からの評価も低下してしまい、年収が上がらない、ポジションの降格などが起こってしまうかもしれません。

さらに、その状態は次に転職する際にも響いてしまう可能性もあり、完全に不のスパイラルに陥ってしまう可能性が高いです。

転職で成功する人:自分の意思決定に高い納得感を作るために、自分の転職の軸や目的を徹底的に深掘り・内省を行う

このような負のスパイラルに陥らないためには、しっかりと自分の転職の軸や目的を深掘りすることで自己分析を行うことが非常に重要です。

しっかりと自分の転職の軸や目的を深掘りすることで自己分析を行うことで、自分の意思決定の納得感を高めて、以下の正スパイラルに入ることをオススメします。

①自分の転職の軸や目的を深掘り(自己分析)

②自分の意思決定の納得感を高め、仕事への推進力を高める

※仕事の推進力 = 仕事への思考量×行動力

③仕事の推進力を最大化させることで、周りからの評価を高めたり、信頼を得たり、結果を出す。

④結果を出すことで、より難易度の高い仕事や自分のやりたい仕事に繋げる、年収アップなど。

では、具体的にどのように自己分析や転職の軸、目的の深掘りしたら良いのかは、こちらの記事 転職活動で失敗しない戦略的な転職の軸の考え方・決め方【例文付】 を参考にして、実際に自己分析や転職の軸、目的の深掘りをしてみてください。

転職で失敗や後悔をしてしまう人の行動の特徴②:転職候補先の企業リサーチ不足

2つ目の失敗してしまうポイントは、転職候補先の企業リサーチ不足です。

面接などを受ける前も当然ですが、内定を獲得して承諾する直前まで、その企業のことをリサーチしたり、持っている疑問を解消することは非常に重要で、それができていないと具体的には以下のような失敗をしてしまう可能性があります。

・転職時に聞いていた職務内容と違うことをやることになり、さらにそれが楽しくなく、仕事のモチベーションの低下。

・配属された部署の事業が入社数ヶ月後に方針転換や投資判断で無くなってしまった。

・部署で一緒に働く人で自分と合わない人がいた。(人間関係の問題があった)

・思っていたよりも任されている仕事の内容にやりがいがなかった。

・聞いていた事業の運営実態とギャップがあった。

先ほどと同じように、こういったような仕事のモチベーションが低下するような事態になってしまうと、当然、仕事のパフォーマンスに直結するため、結果が出せない場合は周りや上司からの評価も低下してしまい、年収が上がらない、ポジションの降格などが起こってしまうかもしれません。

さらに、その状態は次に転職する際にも響いてしまう可能性もあり、先ほどと同様に完全に不のスパイラルに陥ってしまう可能性が高いです。

転職で成功する人:転職後に後悔しないために、内定後も徹底的に企業のリサーチ・ヒアリングを行う

このように転職後に後悔をしないためには、面接前は当然のことですが、内定後も気を抜かずにしっかりと内定承諾前に徹底的に企業のリサーチを行うことが非常に重要です。

具体的には以下のような観点を人事や社長などに面接やオファー面談の機会などで質問を行うことがオススメです。

・想定業務内容

・自分の配属ポジションやキャリアプラン

・年収などの経済条件

・報酬制度や評価制度

・福利厚生

・労働条件

・入社日

・会社の雰囲気

・会社の業績

オファー面談で失敗しないために、詳細に聞くべきポイントなどを知りたい方はこちらの記事を オファー面談で失敗しないために確認すべき質問事項【年収や福利厚生も大事】 参考にして、オファー面談で必ず確認すべき質問事項を確認してみてください。

(番外編)面接前に徹底的に企業のリサーチを行う方法

面接前などにその企業についてどのようにリサーチを行えば良いのか知りたい方はこちらの記事、転職活動は面接前の準備で9割決まる!面接で合格率を上げる準備方法  を参考にして企業のリサーチを行なってみてください。

転職で失敗や後悔をしてしまう人の行動の特徴③:面接などの場慣れ不足

3つ目の失敗してしまうポイントは、面接などの場慣れ不足です。

いくら自己分析や転職の軸、目的の深掘りを行なって、企業に対するリサーチができていたとしても、それをきちんとアウトプットすることができなければ意味がありません。

いきなり面接などを行うのも良いですが、擬似面接として、転職エージェントの人に自分のことを説明することも非常にオススメです。

自分で考えていることを実際に言葉に出してアウトプットをしてみると、自分の説明に論理性や話としての整合性取れているのか、具体性に欠けていないのかなどがわかってみたりします。

また、同時に転職エージェントの方の話を聞いている様子や反応から自分の説明が納得いくようなものなのか、共感してもらえるのかなどチェックすることができます。

転職で成功する人は転職エージェントに対して擬似面接を行い、場慣れをする

いきなり面接などをして、伝えたいことを伝えきれなかったなどとならないように、しっかりと自分の転職の軸や目的を深掘りができたら、一度転職エージェントと面談を行い、場慣れをしておくことは非常に重要です。

転職エージェントの使い方については、こちらの記事 転職経験3回でわかった失敗しない転職エージェントの使い方・選び方 に詳しく書いてますので、参考にしてみてください。

転職で失敗する人と成功する人のまとめ

今回、転職で失敗する人と成功する人のたった3つの違いについて紹介してみました。

転職など自分から環境を変えることは、「面倒臭い」、「気が乗らない」という気持ちはあると思います。

しかし、悶々とした気持ちで働き続けることは、圧倒的に人生の時間を無駄にしているのと、人生のリスクを増やしている行為になるので

やらない後悔よりは、まず行動してみて、行動しながら考える方が生産的になると思います。

もし、少しでも迷っているようなら、完全無料なのでまずは登録して気軽に転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは様々な会社がありますが、結論から申し上げると、下に紹介している6社がおすすめです。

ビジネス職と、エンジニア職にそれぞれにオススメな3社を紹介します。

ビジネス職向けエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

ビジネス職向けエージェントはこの3社がおすすめです。試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

ビジネス職向けエージェント3選

リクルートエージェント | 20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け | 転職実績No.1の最大級の転職サイト

JRC Recruiment | 20代~30代で年収600万以上を目指す人向け | 非公開求人の割合が50%

ランスタッド |20代の若手から30代のミドルの人でハイクラスキャリアを目指す人向け |年収1000万円クラス案件多数

リクルートエージェント


・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け

リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1の転職エージェントサービスです。

特徴としては、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しているため、転職が初めての人も安心して転職活動を行うことができます。

また、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が20万件以上があり、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。

JAC Recruitment

・こんな人にオススメ:20代~30代で年収600万以上を目指す人、業界スペシャリストになりたい人(人事、営業、マーケティング、経理など)

JAC Recruitment は東証1部に上場している国内最大級の転職サイトでハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントです。

1988年から累計約43万人の転職実績があり、特徴としては非公開の案件が豊富(約50%の割合)で約25,000社の企業と取引があり、あらゆる業界・職種の企業から多数の求人を保有しています。通常、求人を紹介するコンサルタントと企業コンサルタントは別になっていることが多いですが、JAC Recruitment の場合は求人を紹介するコンサルタントが企業に直接訪問しているため、企業の文化や風土、事業戦略までも把握して、他では得られないリアルな情報を得ることができます。

ランスタッド

・こんな人にオススメ:20代の若手から30代のミドルの人でハイクラスキャリアを目指したい人

ランスタッドは1960年にオランダで生まれ、現在世界39の国と地域に4400以上の拠点を置く、世界最大級の総合人材サービス企業です。

少数精鋭の敏腕コンサルタントが、一人ひとりの専任担当者として、スキルやご経験だけでなく、中・長期的なキャリアプランも見据えた最適な求人を提案してくれ、初回面談から転職の成功まできちんとサポートしてくるため、安心して転職活動を進めることができます。

エンジニア向け特化のエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

エンジニア向けエージェントはこの3社がおすすめです。試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

エンジニア向けエージェント3選

TechClipsエージェント| 年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人 | 利用者の93%が年収アップ実績

レバテックエキスパート| 年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人 | ハイクラスエンジニアの10年以上の支援実績

Tech Stars Agent | WEB・ゲーム事業に携わりたい人 | 700社以上の企業とのリレーション

TechClipsエージェント

・こんな人にオススメ:年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人、高収入&高待遇で転職したい人

 

TechClips(テッククリップス)エージェントは、高年収&将来のキャリアプランを重視したITエンジニアの専門の転職エージェントサービスで、高収入&高待遇に特化しています。

さらに、大手転職会社にはない現職のエンジニアがコンサルティングを行うので安心して相談することができます。

レバテックエキスパート

・こんな人にオススメ:年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人、新規事業に携わってキャリアアップしたい人

レバテックエキスパートは、ハイクラスのエンジニアとクリエイターに特化した転職サービスで、レバテックは10年以上の支援実績があり、保有求人数は業界トップクラスです。

年間累計3,000回以上の企業訪問でCTOやPMと頻繁にミーティングを実施し、深い信頼関係から好条件求人を獲得しており、ハイクラス人材の採用を前提とした新規事業の立ち上げを行うこともあるそうで、そういった新規事業に携わって、キャリアアップを目指したい人にオススメです。

Tech Stars Agent

・こんな人にオススメ:WEB事業に携わりたい人

Tech Stars Agent は、IT業界特化型の転職エージェントでIT・WEB業界に精通したプロのキャリアコンサルタントがきめ細かな面談を行います。

キャリアコンサルタントはメンバー全員がエンジニア経験や転職/独立支援の豊富な実績を持ち、きめ細かく面談をサポートしてくれます。

エンジニア出身のキャリアコンサルタント最適な職場が提案してくれるので、転職後のミスマッチも起こりにくいのが特徴です。

転職エージェントを利用する時の流れ・手順

エージェントを利用する時の流れや手順については一般的にはどこも似たようなものですが、一応、一般的なエージェントの利用の流れについて書いておきます。

①会員登録

基本的に上記の画像をタップして、エージェントの公式HPに飛び、個人情報を入力していけば5分もかからずに終わります。

②担当アドバイザーと面談

登録が終了すると、面談がありますが、キャリアの棚卸しや今、どんな会社が人気なのかなどの情報収取もできます。

③案件紹介→案件決定

④実際に案件に参画

もう一度、申し上げますが、転職など自分から環境を変えることは、「面倒臭い」、「気が乗らない」という気持ちはあると思います。

しかし、悶々とした気持ちで働き続けることは、圧倒的に人生の時間を無駄にしているのと、人生のリスクを増やしている行為になるので

やらない後悔よりは、まず行動してみて、行動しながら考える方が生産的になると思います。

もし、少しでも迷っているようなら、完全無料なのでまずは登録して気軽に転職エージェントに相談してみましょう。

転職初心者カテゴリの最新記事