転職前にキャリア(転職)コーチングは有効?キャリア(転職)コーチングのメリットとデメリット

転職前にキャリア(転職)コーチングは有効?キャリア(転職)コーチングのメリットとデメリット
悩んでいる人
悩んでいる人
転職前にキャリア(転職)コーチングを受けるかどうか検討していて、キャリア(転職)コーチングについて知りたいです。

困っていること、知りたいこと

転職前にキャリア(転職)コーチングを受けるかどうか検討している!

キャリア(転職)コーチングがどういったものなのか知りたい!

こんな疑問を持っている人のお悩みにお答えします!

筆者の私は、新卒でITメガベンチャーに就職(転職は3回経験)して、ITスタートアップでCOOを勤めた後、自身がIT系のフリーランスになって体験したことなどを元に記事を製作しております。
CareerBiz編集長
CareerBiz編集長

今回は、転職前にキャリア(転職)コーチングを受けるかどうか検討していて、キャリアコーチングについて知りたいと思っているあなたに、

■本記事の内容

・キャリア(転職)コーチングとは

・キャリア(転職)コーチングと通常のコーチングとの違いについて

・キャリア(転職)コーチングと転職エージェントの違いについて

・キャリア(転職)コーチングのメリットとデメリット

・キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴

を、わかりやすく解説していきたいと思います。

目次

キャリア(転職)コーチングとは

コーチング

そもそも、コーチングとは、対象者の自主性を促し、能力や可能性を最大限に引き出しながら、目標達成に向けてモチベーションを高めるコミュニケーション手法です。

特徴としては、目標達成に向けて、行動を強制するのではなく、対話を重ねることで対象者がポテンシャルを発揮できる状態に導き、自己成長を促します

コーチングは、馬車を意味する英語の「Coach」が語源となっていますおり、コーチングには、大切な人を望む場所へ送り届けるという意味が含まれています。

日本では、ここ2~3年でコーチングをマネジメントに活かそうとする企業なども増えていますが、まだまだ一般には浸透・認知はされていないサービスですが、実はアメリカでは、2019年には市場規模が約1兆6000億円になっており、有名な企業のCEOの多くが個人的にコーチングのコーチを雇っていると言われています。

キャリアコーチングは、上記のコーチングの要素を用いて、コーチがキャリアや人生について悩むクライアントとのコミュニケーションの中で、転職についての悩みやその原因を引き出し、転職活動で達成したいゴール、はたまた人生で達成したい目標などを明確にし、さらにそれを実現するための行動を促す・サポートを行うサービスです。

キャリアコーチングは、2020年頃から、転職を考えている人や将来のキャリアアップを考えている人に向けたサービスが増えてきており、また新型コロナウイルスの影響などもあり、将来に対して不安になる人も増え、こういったサービスを利用する人がどんどん増えています。

キャリア(転職)コーチングと通常のコーチングとの違いについて

キャリア(転職)コーチングと通常のコーチングとの違いについて

キャリアコーチングと通常のコーチングとの違いですが、大きくは以下の点が異なっています。

・キャリアコーチングは、転職やキャリアの話題にフォーカスしている

・キャリアコーチングは転職支援の側面もあり、具体的な転職に関するアドバイスも行ったり、プログラムが用意されている

通常のコーチングでも、キャリアや仕事に関連する話題も扱われますが、基本的にはコーチではなく、コーチングを受けるクライアント自身が話題を決めるため、話題は基本的にはその人に関する話題全般になります。

また、通常のコーチングではコミュニケーションの方法として、アドバイスなどは行わず、クライアントに質問を投げかけて、クライアント自身に内省してもらうことで、クライアント自身が自ら答えを導き出すというやり方を行います。

さらに、通常のコーチングでは、具体的に決まりきった質問やプログラムなどは無いです。

しかし、キャリアコーチングでは、具体的な転職支援が目的になっていることが多いため、質問の投げかけだけではなく、具体的なアドバイスも行いながら、さらにプログラムも用意して、そのプログラムに沿った形で進行していくパターンが多いです。

キャリア(転職)コーチングと転職エージェントの違いについて

ベンチャー・スタートアップへの転職で転職エージェントを使ったほうが良い、たった1つの理由

キャリアコーチングと転職エージェントとの違いですが、大きくは以下の点が異なっています。

・転職エージェントは、転職エージェントが保有している求人を紹介してくるが、キャリアコーチングは求人の紹介がない。

転職エージェントは、無料で面談がありますが、キャリアコーチングは有料でのセッション。

転職エージェントは、転職の話題のみを扱いますが、キャリアコーチングは転職だけではなく、その人の人生そのものから転職までの話題を扱います。

キャリア(転職)コーチングと転職エージェントの違い①:求人の紹介の有無

キャリア(転職)コーチングと転職エージェントの違いの1つ目は、求人の紹介の有無です。

転職エージェントは、転職エージェントが保有している求人の紹介がありますが、キャリアコーチングは求人の紹介はございません。

その理由は、両者のビジネスモデルが異なるからです。

転職エージェントは、企業から求人を預かり、転職候補者に求人を紹介し、入社が決まった段階でその紹介をもらうビジネスに対して、キャリアコーチングは、転職相談・キャリア相談のセッションに対する対価をもらうビジネスになっています。

そのため、転職エージェントは転職相談に乗ってもらえるものの、求人を提案するために必要な情報のヒアリング程度な場合が多く、さらにフラットにアドバイスするのではなく、求人への応募のためにアドバイスもする転職エージェントもいるため、純粋な相談にならない場合もあります。

しかし、キャリアコーチングは相談に乗ることが仕事のため、フラットに相談・アドバイスをしてもらえる可能性が高いです。

キャリア(転職)コーチングと転職エージェントの違い②:転職エージェントは無料、キャリアキャリアコーチングは有料

キャリア(転職)コーチングと転職エージェントの違いの2つ目は、転職エージェントは無料、キャリアキャリアコーチングは有料になっていることです。

こちらも、先ほどご説明したように、両者のビジネスモデルが異なるため、無料か有料かの違いがあります。

確かに、転職エージェントは無料ですが、先ほども申し上げたように、求人を提案するために必要な情報のヒアリング程度な場合が多く、さらにフラットにアドバイスするのではなく、求人への応募のためにアドバイスもする転職エージェントもいるため、純粋な相談にならない場合が多いです。

逆に、キャリアコーチングは相談に乗ることが仕事のため、有料となっています。

一見、近しいサービスと思われがちですが、サービスの充実度が全く異なるため、同じように考えない方が良いかもしれません。

キャリア(転職)コーチングと転職エージェントの違い③:キャリアコーチングは、人生そのものの理想から追求

キャリア(転職)コーチングと転職エージェントの違いの3つ目は、キャリアコーチングは、人生そのものの理想から追求です。

転職エージェントは、基本的には転職活動における、求人の紹介と応募から内定までの調整を行うことが仕事のため、面談では求人を紹介するためのヒアリングや、転職の理由などしか聞かれないため、相談に乗るような形ではないと先程から申し上げている通りです。

しかし、キャリアコーチングの場合は、その人が人生で何を大事にしていて、どういう人生が理想なのか、深堀りを行い、そういった観点でどういう仕事や会社がその人にとって、幸せなのかを一緒に考えてくれるサービスとなっており、扱う相談の範囲が大きく異なります。

キャリア(転職)コーチングのメリットとデメリット

フリーランス(個人事業主)と会社員の違い(メリットとデメリット)

キャリア(転職)コーチングのメリットとデメリットですが、大きくは以下の点があります。

■キャリア(転職)コーチングのメリット

①コーチと一緒に徹底的に自己分析ができる

②自己分析を元に、フラットに転職活動の戦略が立てられる

③転職をしない決断もしやすい

■キャリア(転職)コーチングのデメリット

①自己分析によって、考えすぎて決断が難しくなる場合がある

②コーチングの課題を行うため、時間が忙しくなる

キャリア(転職)コーチングのメリット①:コーチと一緒に徹底的に自己分析ができる

キャリア(転職)コーチングのメリットの1つ目は、コーチと一緒に徹底的に自己分析ができるです。

キャリアコーチングでは、プログラムで用意されている自己分析の設問を使いながら、事前ワークやコーチとのセッションの中で自己分析を行うことができます。

事前ワーク、事後ワークなども含めると、約10~15時間程度は考えることができるでしょう。

実際に社会で働いた経験もあるため、学生の就活の頃とは異なり、より深い思考や、理想の自分・キャリアを考えることができます。

また、コーチに第三者の立場から見てもらえるため、自分だけでは気づけない視点を得ることもできるでしょう。

キャリア(転職)コーチングのメリット②:自己分析を元に、フラットに転職活動の戦略が立てられる

キャリア(転職)コーチングのメリットの2つ目は、自己分析を元に、フラットに転職活動の戦略が立てられるです。

キャリアコーチングでは、自己分析をもとに自分の今後のキャリア・転職活動の戦略を立てることもできます。

転職エージェントの場合、どうしても求人を紹介したい・応募してほしいという思惑があるため、特に悪質な転職エージェントほど、大量の求人を紹介してきたりするため、フラットな視点での転職活動の戦略を立てることは、難しい場合があります。

キャリア(転職)コーチングのメリット③:転職をしない決断もしやすい

キャリア(転職)コーチングのメリットの3つ目は、転職をしない決断もしやすいです。

転職活動では、現職に残ることも1つの大きな選択肢としてあります。

いざ、転職活動をやってみて、内定を獲得したとしても、現職と比較した時に実は現職の方がやりたいことができる、給与や待遇が良いなどの場合も多くあり、特段現職に対して大きな不満などがない場合は、留まることも良い選択です。

しかし、転職エージェント経由で内定を獲得した場合、内定承諾の期限などでプレッシャーを感じたり、内定獲得したのに断ることが「もったいない」と感じたりして、冷静な判断を保つのが難しくなる場合があります。

転職エージェントは、ある意味利害関係がありますが、キャリアコーチングのコーチは利害関係はなく、フラットに自分がどのような決断をするべきか、相談することができるため、ある意味、転職をしない決断もしやすいことはメリットになります。

キャリア(転職)コーチングのデメリット①:自己分析によって、考えすぎて決断が難しくなる場合がある

キャリア(転職)コーチングのデメリットの1つ目は、自己分析によって、考えすぎて決断が難しくなる場合があるです。

自己分析自体は悪くはないのですが、自己分析だけをずっとやってしまうと、様々な観点で考えすぎて、自分がよくわからなくなってしまったり、別の観点でも考える必要性なども感じてしまい、結局終わらない分析を繰り返してしまう可能性があります。

そのように考えすぎて、頭でっかちになってしまうと、決断したり、行動することが怖くなってしまい、決断や行動が難しくなってしまう場合があります。

キャリアコーチングのプログラムにもよりますが、そういったデメリットを回避するためにも、きちんと決断や行動までもサポートしてくれるプログラムが良いでしょう。

キャリア(転職)コーチングのデメリット②:コーチングの課題を行うため、時間が忙しくなる

キャリア(転職)コーチングのデメリットの2つ目は、コーチングの課題を行うため、時間が忙しくなるです。

キャリアコーチングでは、セッションの合間の事前ワークや事後ワークがそれなりに多いため、働きながら、転職活動しながらだと、かなり時間的に忙しくなってしまいます。

そのため、できるだけ、転職活動を本格的に始める前、具体的には転職エージェントなどを使う前に、自己分析を行ってから、始めることが良いでしょう。

キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴

転職で失敗する人の特徴

キャリアコーチングを利用したほうがいい人は、以下ののような特徴を持つ人が良いでしょう。

■キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴

自分のやりたい仕事、今後のキャリアが明確でない人

・徹底的な自己分析を通して、キャリア設計をしたい人

転職でミスマッチ・失敗・後悔をしたくない、納得した転職活動をしたい人

キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴①:自分のやりたい仕事、今後のキャリアが明確でない人

キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴の1つ目は、自分のやりたい仕事、今後のキャリアが明確でない人です。

キャリアコーチングでは、徹底的に自己分析を行い、自分の理想の姿、理想のキャリア、やりたい仕事などを明確にすることができます。

自分の過去の経験からしっかり整理をすることで、何に興味があり、何に関心がないのかが明確になり、あなたのやりたいこと、仕事のヒントを得ることができます。

キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴②徹底的な自己分析を通して、キャリア設計をしたい人

キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴の2つ目は、徹底的な自己分析を通して、キャリア設計をしたい人です。

キャリアコーチングでは、自己分析を通して、自己理解をすることで、キャリアであなたが何を目標設定にするべきかが明確になります。

また、キャリア設計をすることで、あなた自身が、今なにをするべきかの行動計画にまで落とし込むことができ、その行動の実行のところまでキャリアコーチングではサポートも行ってくれるため、設計や計画だけでなく、きちんと実行まで成し遂げることができるでしょう。

キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴③転職でミスマッチ・失敗・後悔をしたくない、納得した転職活動をしたい人

キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴の3つ目は、転職でミスマッチ・失敗・後悔をしたくない、納得した転職活動をしたい人です。

転職活動で失敗してしまう多くの原因は、ハーバードビジネスレビューの研究によると、【視野狭窄】と呼ばれる、物事の一面しか見ることができず、色んな要素を総合的に検討せずに、決めてしまうことにあると研究で発表されています。

つまり、意思決定(決断)を間違えてしまうことにあります。

よりよい意思決定を行うためには、自己分析や実際の内定先の評価分析などが欠かせません。

そのため、キャリアコーチングを利用することで、常にコーチという第三者に見てもらうことで、分析自体も間違えず、最終的な意思決定のミスも防ぐ可能性が高くなります。

よって、転職で転職でミスマッチ・失敗・後悔をしたくない、納得した転職活動をしたい方には、キャリアコーチングはおすすめかも知れません。

まとめ

最近、話題になってきているキャリアコーチングについて、紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

転職など自分から環境を変えることは、「面倒臭い」、「気が乗らない」という気持ちはあると思います。

しかし、悶々とした気持ちで働き続けることは、圧倒的に人生の時間を無駄にしているのと、人生のリスクを増やしている行為になるので

やらない後悔よりは、まず行動してみて、行動しながら考える方が生産的になると思います。

もし、少しでも迷っているようなら、この記事を参考に、キャリアコーチングのサービスを使ってみることも良いかもしれません。

おすすめのキャリアコーチングサービス【無料面談だけでも有益】

キャリアアップコーチング | 理想のキャリアを創りたい人を応援!

キャリアアップコーチングバナー

・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始めようと考えているが、転職活動に失敗したくない人向け

キャリアアップコーチングは、転職を前提としない相談が可能で、「今の自分からは想像できない未来を創る」ことをミッションにサービスをやっています。

サービス中はいつでもコーチにLINEで相談も可能で、無料面談もあり、全額返金保証制度もあり、気軽に始めるができます。

また、フルオンラインで実施し、平日の夜や土日祝日もやっているため、忙しい方でもスケジュールが調整しやすいことも特徴です。

キャリアアップコーチングに興味のある方は、こちら

キャリアアップコーチングの利用する時の流れ・手順

キャリアアップコーチングを利用する時の流れや手順については、こちらになります。

①HPで内容の確認(HPは、こちら

②HPでLINEの友達登録を行い、無料面談のスケジュール調整

友達登録が終了すると、所定の方法に従って、スケジュール調整を行います(3分で完了できます。)

③無料面談

 

ビジネス職向けエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

※登録もエージェントとの面談も全て無料です。

エージェントの利用する時の流れ・手順

エージェントを利用する時の流れや手順については、こちらになります。

①会員登録(※登録は無料です)

基本的に下記の画像をタップして、エージェントの公式HPに飛び、必要な情報を入力します。(5分もかからずに終わります。)

②担当アドバイザーと面談(※面談は無料です)

登録が終了すると、面談がありますが、キャリアの棚卸しや今、どんな会社が人気なのかなどの情報収取もできます。

③案件紹介→案件決定(※案件紹介も無料です)

④実際に案件の面接等に参加

ビジネス職向けエージェントはこの3社がおすすめです。

試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

しかし、転職エージェント選びで成功するためには担当との相性も大事なので、下記のまとめて登録することをおすすめします。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

ビジネス職向けエージェント3選

リクルートエージェント | 20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け | 転職実績No.1の最大級の転職サイト

JRC Recruiment | 20代~30代で年収600万以上を目指す人向け | 非公開求人の割合が50%

doda |20代の若手から30代のミドルの人で非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介

リクルートエージェント


・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け

リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1の転職エージェントサービスです。

特徴としては、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しているため、転職が初めての人も安心して転職活動を行うことができます。

また、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が20万件以上があり、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。

JAC Recruitment

・こんな人にオススメ:20代~30代で年収600万以上を目指す人、業界スペシャリストになりたい人(人事、営業、マーケティング、経理など)

JAC Recruitment は東証1部に上場している国内最大級の転職サイトでハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントです。

1988年から累計約43万人の転職実績があり、特徴としては非公開の案件が豊富(約50%の割合)で約25,000社の企業と取引があり、あらゆる業界・職種の企業から多数の求人を保有しています。通常、求人を紹介するコンサルタントと企業コンサルタントは別になっていることが多いですが、JAC Recruitment の場合は求人を紹介するコンサルタントが企業に直接訪問しているため、企業の文化や風土、事業戦略までも把握して、他では得られないリアルな情報を得ることができます。

doda

・こんな人にオススメ:20代の若手から30代のミドルの人で非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介

dodaはパーソルキャリアの求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトで、エージェント業界No.2のサービスです。

まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができ、自分に合わせた転職活動を行うことができます。

特に案件の量には定評があり、大手・優良企業からベンチャー企業まで、常時豊富な求人情報を掲載しており、非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介してくれます。

転職求人サイトまとめ【エージェントとの面談が面倒な人向け】

転職活動は何となく考えているけど、実際にエージェントとの面談とかまでは、面倒くさいと考えてしまう人には、転職求人サイトの活用をおすすめします。

転職求人サイトの利用する時の流れ・手順

転職求人サイトを利用する時の流れや手順については、こちらになります。

①会員登録(※登録は無料です)

下記の画像をタップして、転職求人サイトの公式HPに飛び、必要な情報を入力します。(3分もかからずに終わります。)

②職務経歴書や経歴データなどを入力、アップロード(※事前に、職務経歴書があれば、5分で完了)

③スカウトメールの受信

スカウトメールは、職務経歴書をアップロードしたり、経歴データを入力しないと、企業側がスカウトメールを送信しません。

求人サイトは、必要情報や履歴書など登録して、自ら気になる企業へ応募することもできますが、企業から、あなたにスカウトがやって来るため、自分がどの会社から評価されるのかなども知ることができます。

全て無料で、たくさんのスカウトを受け取るために、職務経歴書のアップロードと、経歴データの入力は必ず充実させましょう!

おすすめの転職求人サイト3選

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』| 年収600万円以上を目指す全ての方におすすめ!

挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」| 20代~30代の人で初めて転職活動で不安な人向け(自分の好みにマッチした求人が自動的にレコメンドされます)

リクナビNEXT  | 20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け(掲載求人数がNo.1サービスで、企業とのマッチング度合いも診断できる「グッドポイント診断」もオススメ)

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

・こんな人にオススメ:年収600万円以上を目指す全ての方におすすめ!

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』は、会員数8万名以上、日本最大級の転職サイトです。

即戦力採用ならビズリーチ」というTVCMでおなじみの人も多いかもしれないです。)

現在会員数80,000名以上が利用しており、11万件以上の求人が検索ができる求人検索機能に加えて、ヘッドハンターの検索やスカウト機能もあるサービスとなっています。

挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」

・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動で不安な人向け(自分の好みにマッチした求人が自動的にレコメンドされます)

「キャリトレ」は、1日5分、レコメンドされる求人に対して「興味がある」を選択することで、自分の本当の価値や新しい可能性を発見できる転職サイトです。

「キャリトレ」がすごいのは、1日ずつレコメンドされる求人のなかから「興味がある」求人を選択するだけで、AIがより自分にマッチした志向性に合う求人がレコメンドされたり、企業からスカウトが届くようになります。

そのため、使えば使うほど、AIがあなたの好みを学習してくれて、自分のキャリアの可能性を発見することができます。

リクナビNEXT

・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け(掲載求人数がNo.1サービスで、企業とのマッチング度合いも診断できる「グッドポイント診断」もオススメ)

リクナビNEXTは、20代の約200件の口コミ調査の結果、どの指標においてもNo.1で、全ての人におすすめできる転職サイトです。

機能面では、「サイトの操作性」「求人情報の見やすさ」「スカウト機能」の3つが優れているため、非常に使いやすいです。

さらに、リクナビNEXTには、『グッドポイント診断』と呼ばれる評判のサービスがあり、これは、会員登録すると、無料で使えるサービスで、質問に答えていくと自己分析と自分の強みが知ることができます。

転職初心者カテゴリの最新記事