>

退職後も人間関係は大事!失敗せずに円満退社ができる退職の言い方

退職後も人間関係は大事!失敗せずに円満退社ができる退職の言い方
悩んでいる人
悩んでいる人
転職と退職を考えていて、失敗せずに円満退社ができる退職の言い方について色々知りたいです。

困っていること、知りたいこと

退職を伝えたいけど、どのように退職の意向を伝えたら良いのかわからない

出来るだけ円満に退職をしたい

こんな疑問や不安を持っている人のお悩みにお答えします!

筆者の私は、転職3回、計50社ほどの大手企業からベンチャー企業までの選考の受けた経験や、自身もベンチャーでCOOとして採用業務に従事していた経験などを元に記事を製作しております。
CareerBiz編集長
CareerBiz編集長

そこで、今回は転職と退職を考えていて、失敗せずに円満退社をできる退職の言い方について知りたいあなたに、

・本当に「今」退職するべきか、改めて考える検討軸

・円満に会社を退職(退社)するメリット

・退職(退社)を伝える前に事前に準備や整理すべきこと

・円満退社に導く、退職(退社)を伝える面談での言い方のポイント

を、わかりやすく解説していきたいと思います。

目次

本当に「今」退職するべきか、改めて考える検討軸

逃げる

結論から申し上げると、以下の状態の場合は、すぐに辞めた方が良いです。

ましてや、ブラック企業で働いている人は、有無を言わさず辞めた方が良いです。

・仕事が楽しくない

・仕事に対してワクワクしない

・仕事に興味が湧かない

・職場環境、人間関係など含めて、仕事が苦しい

理由はシンプルに「時間の無駄」だからです。

実は人間の脳には「RAS(Reticular Activating System)※読み方:ラス」というシステムがあります。

このシステムは簡単に説明すると、情報のフィルター機能のことで、このフィルター機能は、自分の好きな情報や快楽の情報しか情報処理をしたがりません。

「好きこそモノの上手なれ」という言葉がありますが、まさにこの言葉を体現している脳の仕組みが、RAS(ラス)になります。

つまり、合理的に考えると、先ほど挙げた上記のような状態の場合は、脳が情報処理を適切に行ってくれていないため、筋肉が付かない筋トレをひたすら続けているようなものです。

どうせ同じ時間を使って、仕事をするのではあれば、自分が楽しい仕事をして、積極的に知識、スキル、経験を脳が吸収できるようにして、スキルアップを通じて年収アップした方が人生が得になるとは思いませんか?

もし、退職や転職を検討している人は、こちらの記事を 転職した方が良い?転職しない方が良い?転職を検討するための10個の診断項目 を読んでみて、退職・転職するべきか診断してみることをおすすめします。

円満に会社を退職(退社)するメリット

退職・退社

当たり前のように思うかもしれませんが、会社を退職する際には、円満に会社を退職・退社をしておいた方が将来的に得策です。

具体的には、円満に会社を退職・退社するメリットは以下の3つのことがあります。

・将来の取引先になる可能性もある

・出戻りしやすくなる

・自分の信用を高く保つことができる

円満に会社を退職(退社)するメリット①:将来の取引先になる可能性もある

円満に会社を退職・退社するメリットの1つ目は、将来の取引先になる可能性もあることです。

よほど、全く違う業界に転職しない限りはビジネスでは色んな企業と取引先になる可能性があります。

その際に、気まづい気持ちもなく、在籍していた企業に営業をかけることができたりすることは大きな財産になる可能性があります。

実際に私もフリーランスになってから、今まで在籍していた会社の元上司や同僚などから仕事を発注して頂く機会も何回もあったりしました。

円満に会社を退職(退社)するメリット②:出戻りしやすくなる

円満に会社を退職・退社するメリットの2つ目は、出戻りしやすくなることです。

残念ながら、転職しても必ずしも成功するとは限りません。

色んな要因で思っていた現実とは違うことがたくさん起こる場合の方が多く、外に出てみた結果、なんだかんだ前職が実は自分に合っていたと感じる場合もあるかもしれません。

実際に私も外の会社に出たことで、前職の良さを改めて知ることも多く、特に初めての転職の場合はそう感じる場合が多いです。

さらに、私は前職の上司から出戻りの話も頂いたこともあり、もし出戻りしようと思えば、いつでもできる可能性があり、そういった最終手段のようなものがあると安心することができます。

そのため、そういった安心できる最終手段を作る意味でも、円満に会社を退職・退社しておいた方が良いでしょう。

円満に会社を退職(退社)するメリット③:自分の信用を高く保つことができる

円満に会社を退職・退社するメリットの3つ目は、自分の信用を高く保つことができることです。

最近だと、リファレンスチェックというものを利用する企業が増えてきました。

リファレンスチェックとは、以前勤めていた会社の同僚や上司、後輩などから、その人がどんな人なのか評価を聞いて、採用の参考にするサービスのことです。

つまり、上司や同僚などからの信用がなかった人は転職の際にマイナス評価を受ける可能性があるということです。

人間は最後の印象がかなりのウエイトを占めるため、最後に退職・退社をする際には円満に行い、自分の信用を高く保つことは非常に大事になってきます。

退職(退社)を伝える前に事前に準備や整理すべきこと

退職準備

それでは、退職(退社)の意思を伝える前に、円滑かつ円満に退職(退社)ができるように以下のことを準備・整理することがおすすめです。

・退職したい理由を言語化して、説明できるようにする

・自分の業務を整理して、引継ぎのプランのイメージを持つ

・次の転職先の内定を確保しておくこと

退職(退社)を伝える前に事前に準備や整理すべきこと①:退職したい理由を言語化して、説明できるようにする

退職(退社)を伝える前に事前に準備や整理すべきことの1つ目は、退職したい理由を言語化して、説明できるようにすることです。

退職や退社を伝える際に、よほど出て行って欲しいと思われていない限りは、ある程度の引き止めにあいます。

その際に、退社したい理由などを聞かれますが、この理由がフワッとしていたり、不明確だったりすると以下のように思われて、あまり印象が良くならない可能性があります。

・自分のキャリアをきちんと考えていない人

・会社の不満等で辞める人

そのため、しっかりと自分が辞めたい理由や今後やりたいことなどの理由を明確に言語化して、どのように説明すれば、上司や人事に突っ込まれたりしないか準備をしておくことをおすすめします。

退職(退社)を伝える前に事前に準備や整理すべきこと②:自分の業務を整理して、引継ぎのプランのイメージを持つ

退職(退社)を伝える前に事前に準備や整理すべきことの2つ目は、自分の業務を整理して、引継ぎのプランのイメージを持つです。

退職や退社を伝える際に、必ず業務の引継ぎの話になります。

その際に、引継ぎの担当者や、引継ぎ業務内容、引継ぎまでの期間など、ある程度ざっくりでも良いので、引継ぎプランを伝えると上司もあなたのことを協力的に考えている人であったり、退社の意思がもう既に固いというような印象になり、退職の話もトントン拍子に進むでしょう。

退職(退社)を伝える前に事前に準備や整理すべきこと③:次の転職先の内定を確保しておくこと

退職(退社)を伝える前に事前に準備や整理すべきことの3つ目は、次の転職先の内定を確保しておくことです。

次の転職先も決まらない状態で、見切り発車の退職はよほどの事情がない限りは行わないほうが良いでしょう。

失業保険なども選択肢としてありますが、自己都合の退社の場合は給付金がもらえるまでに3~4ヵ月かかる場合が多く、特にお金の心配のある人はしっかりと内定先を確保した上で、退職を進めた方がおすすめです。

円満退社に導く、退職(退社)を伝える面談での言い方のポイント

面談

大前提として、仮に本音が会社の不満や人間関係のトラブルなどのネガティブな理由であっても、言わないようにする方がおすすめです。

理由はあなた自身への印象が悪くなってしまうからです。

そのため、以下の3つのポイントに沿って、退職・退社の意向を伝えることをおすすめします。

・スキルアップの観点で転職したい目的を伝える

・会社や特定の人物への批判や不満は言わない

・嘘や作り話は言わない

面談での言い方のポイント①:スキルアップの観点で転職したい目的を伝える

面談での言い方のポイントの1つ目は、スキルアップの転職したい目的を伝えることです。

よくポジティブな理由を言いましょうと言われたりしますが、ポジティブな理由は人によっては思いつかない場合もあると思います。

しかし、スキルアップの観点で転職したい目的と捉えると伝えやすい人も多いのではないでしょうか?

スキルアップの観点で転職の目的を伝えることができれば、その会社では提供できない場合もあったりすることが多いため、上司の納得感は強くなり、スムーズに退職の方向へと進めることができます。

面談での言い方のポイント②:会社や特定の人物への批判や不満は言わない

面談での言い方のポイントの2つ目は、会社や特定の人物への批判や不満は言わないことです。

これは、先ほども申し上げたように、あなたの印象を悪くしないようにするためです。

印象が悪くなってしまうと、冒頭に申し上げた円満に退社することのメリットが何も使えなくなってしまうため、非常にもったいないです。

仮にセクハラやパワハラのようなトピック以外の会社や特定の人物への批判や不満は言わないでおいた方が良いです。

※仮にセクハラやパワハラのような、誰が見ても問題のあるようなことは人事部など然るべきところに相談しましょう。

面談での言い方のポイント③:嘘や作り話は言わない

面談での言い方のポイントの3つ目は、嘘や作り話しは言わないことです。

嘘や作り話はバレるとか以前に、相手に違和感を持たれやすい可能性のあるコミュニケーションになります。

相手に違和感を持たれてしまうと、それは不審に繋がります。

そして、不審感を持たれてしまうということは、あなたの印象を悪くしてしまう可能性が高まります。

そのため、あなたの印象を悪くしないためにも、嘘や作り話しは言わないことがおすすめです。

失敗せずに円満退社ができる退職の言い方についてのまとめ

いかがでしたしょうか?

今回、失敗せずに円満退社ができる退職の言い方について紹介してみました。

転職など自分から環境を変えることは、「面倒臭い」、「気が乗らない」という気持ちはあると思います。

しかし、悶々とした気持ちで働き続けることは、圧倒的に人生の時間を無駄にしているのと、人生のリスクを増やしている行為になるので

やらない後悔よりは、まず行動してみて、行動しながら考える方が生産的になると思います。

もし、少しでも迷っているようなら、完全無料なのでまずは登録して気軽に転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは様々な会社がありますが、結論から申し上げると、下に紹介している6社がおすすめです。

ビジネス職と、エンジニア職にそれぞれにオススメな3社を紹介します。

ビジネス職向けエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

ビジネス職向けエージェントはこの3社がおすすめです。試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

ビジネス職向けエージェント3選

リクルートエージェント | 20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け | 転職実績No.1の最大級の転職サイト

ランスタッド |20代の若手から30代のミドルの人でハイクラスキャリアを目指す人向け |年収1000万円クラス案件多数

リクルートエージェント


・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け

リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1の転職エージェントサービスです。

特徴としては、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しているため、転職が初めての人も安心して転職活動を行うことができます。

また、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が20万件以上があり、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。

・こんな人にオススメ:20代~30代で年収600万以上を目指す人、業界スペシャリストになりたい人(人事、営業、マーケティング、経理など)

“>JAC Recruitment の場合は求人を紹介するコンサルタントが企業に直接訪問しているため、企業の文化や風土、事業戦略までも把握して、他では得られないリアルな情報を得ることができます。

ランスタッド

・こんな人にオススメ:20代の若手から30代のミドルの人でハイクラスキャリアを目指したい人

ランスタッドは1960年にオランダで生まれ、現在世界39の国と地域に4400以上の拠点を置く、世界最大級の総合人材サービス企業です。

少数精鋭の敏腕コンサルタントが、一人ひとりの専任担当者として、スキルやご経験だけでなく、中・長期的なキャリアプランも見据えた最適な求人を提案してくれ、初回面談から転職の成功まできちんとサポートしてくるため、安心して転職活動を進めることができます。

エンジニア向け特化のエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

IT×医療・ヘルスケア系のエンジニア向けエージェントはこの3社がおすすめです。試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

エンジニア向けエージェント3選

TechClipsエージェント| 年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人 | 利用者の93%が年収アップ実績

レバテックエキスパート| 年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人 | ハイクラスエンジニアの10年以上の支援実績

Tech Stars Agent | WEB・ゲーム事業に携わりたい人 | 700社以上の企業とのリレーション

TechClipsエージェント

・こんな人にオススメ:年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人、高収入&高待遇で転職したい人

 

TechClips(テッククリップス)エージェントは、高年収&将来のキャリアプランを重視したITエンジニアの専門の転職エージェントサービスで、高収入&高待遇に特化しています。

さらに、大手転職会社にはない現職のエンジニアがコンサルティングを行うので安心して相談することができます。

レバテックエキスパート

・こんな人にオススメ:年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人、新規事業に携わってキャリアアップしたい人

レバテックエキスパートは、ハイクラスのエンジニアとクリエイターに特化した転職サービスで、レバテックは10年以上の支援実績があり、保有求人数は業界トップクラスです。

年間累計3,000回以上の企業訪問でCTOやPMと頻繁にミーティングを実施し、深い信頼関係から好条件求人を獲得しており、ハイクラス人材の採用を前提とした新規事業の立ち上げを行うこともあるそうで、そういった新規事業に携わって、キャリアアップを目指したい人にオススメです。

Tech Stars Agent

・こんな人にオススメ:WEB事業に携わりたい人

Tech Stars Agent は、IT業界特化型の転職エージェントでIT・WEB業界に精通したプロのキャリアコンサルタントがきめ細かな面談を行います。

キャリアコンサルタントはメンバー全員がエンジニア経験や転職/独立支援の豊富な実績を持ち、きめ細かく面談をサポートしてくれます。

エンジニア出身のキャリアコンサルタント最適な職場が提案してくれるので、転職後のミスマッチも起こりにくいのが特徴です。

エージェントの利用する時の流れ・手順

エージェントを利用する時の流れや手順については一般的にはどこも似たようなものですが、一応、一般的なエージェントの利用の流れについて書いておきます。

①会員登録

基本的に上記の画像をタップして、エージェントの公式HPに飛び、個人情報を入力していけば5分もかからずに終わります。

②担当アドバイザーと面談

登録が終了すると、面談がありますが、キャリアの棚卸しや今、どんな会社が人気なのかなどの情報収取もできます。

③案件紹介→案件決定

④実際に案件に参画

転職初心者カテゴリの最新記事