転職おすすめ!マーケティング×SaaSベンチャーのPLAIDの決算、年収、福利厚生、入社難易度まで解説
悩んでいる人
悩んでいる人
ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を提供する、マーケティング×SaaSベンチャーのPLAID(プレイド)への転職を考えていて、PLAID(プレイド)について色々知りたいです。

困っていること、知りたいこと

転職エージェントから、PLAID(プレイド)をおすすめされたけど、あまりよく知らない!

ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を提供する、マーケティング×SaaSベンチャーのPLAID(プレイド)への転職を考えている、興味があるけど、もっと詳しいことを知りたい!

こんな疑問を持っている人のお悩みにお答えします!

筆者の私は、転職3回、計50社ほどの大手企業からベンチャー企業までの選考の受けた経験や、自身も新卒でメガベンチャー に就職した経験などを元に記事を製作しております。
CareerBiz編集長
CareerBiz編集長

今回は、転職市場で人気の高まっているウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を提供する、マーケティング×SaaSベンチャーのPLAID(プレイド)について知りたい、転職を考えているあなたに、

■本記事の内容

・ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を提供する、マーケティング×SaaSベンチャーのPLAID(プレイド)の概要

・PLAID(プレイド)の2021年度第1四半期の決算情報について(2021年2月)

・PLAID(プレイド)の2021年度第2半期の決算情報について(2021年5月)

・PLAID(プレイド)の2021年度第3半期の決算情報について(2021年8月)

・PLAID(プレイド)の2021年度第4半期の決算情報について(2021年11月)

・最近の決算情報から読み取れるPLAID(プレイド)の戦略についての考察

・マーケティング×SaaSベンチャーのPLAID(プレイド)の入社難易度

・PLAID(プレイド)の平均年収推移

・PLAID(プレイド)の福利厚生や働く環境

を、わかりやすく解説していきたいと思います。

転職活動において、以下のことを把握・理解することは、入社後の活躍だけではなく、面接での印象などを左右する要素でもあるため、非常に重要な要素です。

①会社の現在の業績

②会社の今後の戦略・方針

③会社の事業のビジネスモデル

本記事は、PLAID(プレイド)の業績の要点を抜粋して、時系列で決算情報を簡単に確認することができ、今後の戦略も解説しています。

目次

マーケティング×SaaSベンチャー:PLAID(プレイド)の概要

PLAID(プレイド)概要

KARTE:ロゴ

PLAID(プレイド)は、2011年10月に楽天出身の倉橋 健太氏によって設立され、2020年12月に約9年で上場を果たした企業です。

PLAID(プレイド)の沿革

PLAID(プレイド)の主な会社の沿革は以下のようになっています。

・2011年10月:ECに関するコンサルティングやアプリ開発を主な事業目的として設立

・2013年11月:EC特化型メディア「Shopping Tribe」の提供開始

・2014年1月:中古不動産売却におけるマッチングサービス「イエウール」事業を開始

・2015年3月:ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」の提供開始

・2018年3月:CX (顧客体験)に特化したメディア「XD」を提供開始

・2018年12月:分断されているデータベースを統合しワンストップにCX(顧客体験)の向上を実現する「KARTE Datehub」の提供開始

・2020年12月:東京証券取引所マザーズ市場に上場

PLAID(プレイド)の事業領域やビジネスモデル

PLAID:ビジネスモデル

PLAID(プレイド)では、「データの価値によって人の価値を最大化する」をミッションとして、以下の事業を中心に展開しています。

また、PLAIDが展開する以下の事業は基本的に、導入対象となるウェブサイトやスマートフォンアプリの規模に応じて、課金するサブスクリプションモデル(SaaS)型のビジネスモデルとなっています。

PLAID:サービスラインナップ

・KARTE:ウェブサイト上でサイト訪問顧客のリアルタイム解析・セグメンテーションを行い、それに応じたアクションやコミュニケーションを実現するためのSaaS

・KARTE for App:KARTEと同等の機能で、リリース作業なしで施策を実装できるなどアプリ事業者が欲しい機能をプラスで実現

・KARTE Datehub:事業者が持つデータをKARTEにつなげ、より高度なセグメンテーションやアクションを行うための追加オプション

・TEAM:KARTEの活用支援や CXに関するコンサル ティングを始めとした プロフェッショナル サービス

PLAID(プレイド)の2021年度第1四半期の決算情報

それでは、PLAID(プレイド)の2021年度第1四半期の決算情報から見てみたいと思います。

PLAID(プレイド)の2021年度第1四半期の全体業績

PLAID:売上高及びARR

業績ですが、売上高は約12億円で、YoYで36.6%となっており、ARRは47.7億円となっており、YoYで37.1%で成長しています。

また、営業利益はサブスクリプション売上高の積み上がりにより、約0.1億円となっており、黒字となっています。

PLAID:契約件数及び契約単価 


重要KPIである、契約件数及び契約単価ですが、以下のような結果となっています。

■契約件数

・契約件数は順調な新規獲得と既存契約維持により前期末比34件増加し744件。(YoYで17.7%成長)

■契約単価

・契約単価(月次)はクロス・アップセル進捗により前期末比19千円増加し534千円(YoYで16.5%成長)

PLAID:顧客社数及び顧客単価

重要KPIである、顧客社数及び顧客単価ですが、以下のような結果となっています。

■顧客社数

・顧客社数は前期末比26社増加し500社(YoYで21.4%成長)

■顧客単価

・● 顧客単価(月次)は前期末比24千円増加し795千円(YoYで13.0%成長)

PLAID(プレイド)の2021年第1四半期の事業トピック

PLAID:㻷A㻾㼀E Datahubのメジャーアップデート

PLAIDの事業トピックの1つ目は、KARTE Datahubのメジャーアップデートです。

KARTE Datahubが BI(ビジネスインテリジェンス)とクローズドβ版の機械学習の機能を追加するメジャーアップデートを実施しており、マーケティング用途だけではなく、さまざまな業務で横断的にデータ活用が可能になっています。

PLAID:PLAID Blocksのオープンβ化 


PLAIDの事業トピックの2つ目は、KARTE Blocksのオープンβ化 
です。

サイトをBlockの集合体として捉え直し、Blockごとに管理・更新・評価できる世界を実現するKARTE Blocksのオープンβ版を2020年11 月18日より一般提供を開始しています。

これにより、タグを1行貼るだけで、サイトの構成要素をノーコードで管理することが可能になります。

PLAID(プレイド)の2021年度第2四半期の決算情報

それでは、上記の前回の決算情報を踏まえて、PLAID(プレイド)の2021年度第2四半期の決算情報を見てみたいと思います。

PLAID(プレイド)の2021年度第2四半期の全体業績

PLAID:売上高及びARR

業績ですが、売上高は約13.2億円で、YoYで38.4%となっており、ARRは51.6億円となっており、YoYで39.2%で成長しています。

また、営業利益はサブスクリプション売上高の積み上がりにより、約1.2億円となっており、黒字となっています。

PLAID:契約件数及び契約単価

重要KPIである、契約件数及び契約単価ですが、以下のような結果となっています。

■契約件数

・契約件数はは当四半期で8件増加し752件。(YoYで12.7%成長)

・前年同期比で新規件数が減少、解約件数が増加しています。

■契約単価

・契約単価(月次)は前四半期末比38千円増加し572千円(YoYで23.4%成長)

PLAID:顧客社数及び顧客単価

重要KPIである、顧客社数及び顧客単価ですが、以下のような結果となっています。

■顧客社数

・顧客社数は前期末比2社増加し502社(YoYで15.1%成長)

・前年同期比では新規社数が減少、解約社数が増加しています

■顧客単価

・ 顧客単価(月次)は前期末比62千円増加し858千円(YoYで20.9%成長)

PLAID:販売費及び一般管理費の対売上高比率

重要KPIである、販売費及び一般管理費の対売上高比率ですが、以下のような結果となっています。

・S&M比率:36.9%

※S&M比率とは、主に営業・マーケティングに従事する従業員の人件費及び広告費、従業員数等により配賦される間接費と償却費等の営業活動に係る費用。

・R&D比率:17.9%

※R&D比率とは、主にエンジニア、プロダク ト・デザインチームの従業員の人件費、従業員数等により配賦される間接費及び償却費

・G&A比率:10.3%

※G&A比率とは、主に法務・財務・人事オペレーションに従事する従業員の人件費、従業員数等により配賦され る間接費及び償却費

PLAID(プレイド)の2021年第2四半期の事業トピック

PLAID:TEAMの提供開始

PLAIDの事業トピックの1つ目は、TEAMの提供開始です。

TEAMは、KARTEの活用支援やCXに関するコンサルティングを始めとしたプロフェッショナルサービスで、て、顧客企業が抱えるリソースやケイパビリティにおける課題を解決し、顧客企業の価値創造を支援 しています。

PLAID:KARTE GATHERの活用

PLAIDの事業トピックの2つ目は、KARTE GATHERの活用の開始
です。

家にいながら、オフラインの店舗スタッフから接客を受けられるサービス「KARTE GATHER」を開発しており、ザ・ノース・フェイス キッズ原宿など、ゴールドウインが展開する全国13店舗で活用開始しています。

PLAID(プレイド)の2021年度第3四半期の決算情報

それでは、上記の前回の決算情報を踏まえて、PLAID(プレイド)の2021年度第3四半期の決算情報を見てみたいと思います。

PLAID(プレイド)の2021年度第3四半期の全体業績

PLAID:売上高及びARR

業績ですが、売上高は約14.0億円で、YoYで33.5%となっており、ARRは54.2億円となっており、YoYで32.6%で成長しています。

コロナ禍における、新規顧客獲得から既存顧客への戦略的シフトによりアップセル・クロスセルが拡大し、継続率も良好に推移しています。

売上高の増加及び売上総利益率の上昇が主に寄与し、営業利益は0.8億円となっています。

PLAID:契約件数及び契約単価

重要KPIである、契約件数及び契約単価ですが、以下のような結果となっています。

■契約件数

・契約件数:777件。(YoYで14.6%成長)

■契約単価

・契約単価:56.2万円(YoYで15.7%成長)

PLAID:顧客社数及び顧客単価

重要KPIである、顧客社数及び顧客単価ですが、以下のような結果となっています。

■顧客社数

・顧客社数:517社(YoYで14.1%成長)

■顧客単価

・ 顧客単価:87.4万円(YoYで16.2%成長)

PLAID:販売費及び一般管理費内訳

重要KPIである、販売費及び一般管理費の対売上高比率ですが、以下のような結果となっています。

・S&M比率:38.9%

※S&M比率とは、主に営業・マーケティングに従事する従業員の人件費及び広告費、従業員数等により配賦される間接費と償却費等の営業活動に係る費用。

・R&D比率:18.7%

※R&D比率とは、主にエンジニア、プロダク ト・デザインチームの従業員の人件費、従業員数等により配賦される間接費及び償却費

・G&A比率:10.2%

※G&A比率とは、主に法務・財務・人事オペレーションに従事する従業員の人件費、従業員数等により配賦され る間接費及び償却費

PLAID(プレイド)の2021年第3四半期の事業トピック

PLAID:STUDIO ZERO

PLAIDの事業トピックの1つ目は、事業開発組織「STUDIO ZERO」の立ち上げです。

事業開発組織「STUDIO ZERO」は、日本を代表する大企業や地域経済を支える中小企業、新進気鋭のスタートアップ・ベンチャー、行政・公的機関などのパートナーとともに、デ ータを活用した顧客視点での新規事業の立ち上げや、既存事業の変革を実現していくための組織です。

PLAID:「簡易版KARTE」の検証を開始

PLAIDの事業トピックの2つ目は、「簡易版KARTE」の検証の開始
です。

「簡易版KARTE」は、KARTEの提供を通じて得られたユースケースから、共通のニーズを抽出し型化し、顧客における施策展開をゼロコスト化する取り組みです。

まずは、多くの事業者に共通するECのカート領域から検証を開始し、活用範囲を限定した契約プランを設計しており、Mid/Small領域を中心とする新規顧客獲得、解約減少、サポート効率化等に期待がされています。

PLAID(プレイド)の2021年度第4四半期の決算情報

それでは、上記の前回の決算情報を踏まえて、PLAID(プレイド)の2021年度第4四半期の決算情報を見てみたいと思います。

PLAID(プレイド)の2021年度第4四半期の全体業績

PLAID:売上高・ARR

業績ですが、通期売上高は約54.5億円で、YoYで35.9%となっており、ARRは58.0億円となっており、YoYで32.3%で成長しています。

コロナ禍を踏まえた新規顧客獲得から既存取引拡大へのシフトが奏功しています。

コロナ禍を踏まえた各種投資抑制もあり、営業利益は1.7億円となっています。

PLAID:契約件数及び契約単価

重要KPIである、契約件数及び契約単価ですが、以下のような結果となっています。

■契約件数

・契約件数:806件。(YoYで13.5%成長)

■契約単価

・契約単価:60.0万円(YoYで16.6%成長)

PLAID:顧客社数及び顧客単価

重要KPIである、顧客社数及び顧客単価ですが、以下のような結果となっています。

■顧客社数

・顧客社数:538社(YoYで13.5%成長)

■顧客単価

・ 顧客単価:89.9万円(YoYで16.5%成長)

PLAID:販売費及び一般管理費内訳

重要KPIである、販売費及び一般管理費の対売上高比率ですが、以下のような結果となっています。

・S&M比率:41.6%

※S&M比率とは、主に営業・マーケティングに従事する従業員の人件費及び広告費、従業員数等により配賦される間接費と償却費等の営業活動に係る費用。

・R&D比率:18.7%

※R&D比率とは、主にエンジニア、プロダク ト・デザインチームの従業員の人件費、従業員数等により配賦される間接費及び償却費

・G&A比率:9.8%

※G&A比率とは、主に法務・財務・人事オペレーションに従事する従業員の人件費、従業員数等により配賦され る間接費及び償却費

PLAID(プレイド)の2021年第4四半期の事業トピック

PLAID:KARTE Blocks正式版を提供開始

PLAIDの事業トピックの1つ目は、KARTE Blocks正式版の提供開始です。

β版で提供していたKARTE Blocksを2021年9月14日から正式版として提供を開始しており、企業規模に関わらずWebサイトの更新・改善に携わる人であれば誰でも利用できる無料プランの提供を開始し、フリーミアムモデル化しています。

PLAID:KARTE Entry Series for ECの提供開始

PLAIDの事業トピックの2つ目は、KARTE Entry Series for ECの提供開始
です。

KARTEの提供を通じて蓄積されたユースケースとナレッジをもとに業界の共通課題を抽出し、「明確な成果を素早く得ること」を目的とする各種のパッケージソリューション開発を推進しており、• 第一弾として、EC向けにカゴ落ちなどの“鉄板”シナリオと運用代行をセットにしたCart Packageを提供開始しています。

最近の決算情報から読み取れるPLAID(プレイド)の戦略についての考察

PLAID:成長戦略

直近の決算から、PLAID(プレイド)では上記のように今後の戦略が発表されていますが、さらに深読みをして以下のことが戦略のポイントになると考えられます。

■戦略考察

・全体戦略:導入企業数のシェアを伸ばしつつ、マーケティング領域以外での関連領域に進出することで、アップセルを行い、収益を最大化させる。

PLAID:潜在的な市場規模

現在、PLAID(プレイド)が参集しているクラウドCRM領域の市場は、日本では2270億円となっており、デジタルマーケティングやオンライン広告の市場も換算すると、約2.8億円ほどの規模になっています。

しかし、その一方で国内企業における、CRM Softwewに対する投資額比率はまだ米国の1/5以下となっており、シェアを拡大していく余地も大幅に残っています。

そして、PLAID(プレイド)を始め、日本のSaaSサービスを展開する企業は今後、自社のメインの領域を軸に近しい事業領域に展開して、1社あたり契約サービス数を拡大させることで、解約されない状態を作ることを目指していく流れになります。

これはかつて大手企業向けERPパッケージソフトでシェアを拡大していったワークスアプリケーションの戦略に近しいものがあります。

その大きな流れの中で、受注率を高め、シェアを拡大するためにはプロダクトの品質を高める方向性として、1つのプロダクトだけで様々な会社の課題を解決できるサービスを展開する方法があります。

さらに、自社のメインの事業領域と近しい領域に進出していくことで、新規の顧客を契約できたり、既存のお客さんに対して、オプション機能として、ひたすらクロスセル提案をして、1社あたりの単価(ARPU)を高めることで、売上を拡大することができるという流れになります。

PLAID(プレイド)の場合は、webでのCRMから、アプリへのCRMを切り口に、上記の図に記載されているデジタルマーケティングや、オンライン広告の領域、ECの領域を横断的に展開するしていくと予想されます。

マーケティング×SaaSベンチャーのPLAID(プレイド)の入社難易度

PLAID(プレイド)の転職難易度は現在進行系で高まってきています。

現在、SaaSの領域は非常に伸びており、今後も積極的に社員の採用は増えていくと予想されます。

その中で、採用数は拡大されていく一方で、求める人材のレベルも上がってくると予想されます。

PLAID(プレイド)の平均年収推移

転職を検討するにあたって、年収は非常に気になるポイントですよね?

PLAID(プレイド)の最新版の平均年収は、887万円となっており、新規上場のITベンチャーとしては、平均給与はかなり高いですが、まだ上場してから1年ほどしか経過していないため、今後も伸びてくるでしょう。

PLAID(プレイド)の福利厚生や働く環境

PLAID(プレイド)では、以下のような福利厚生があります。

・健康保険

・厚生年金

・雇用保険

・労災保険

・通勤手当

・慶弔休暇

・年末年始/有給休暇

・PLAY-AID休暇(独自制度)

・交通費全額支給(月2.5万円を上限)

PLAID(プレイド)では、様々な福利厚生が整えられていますが、その一方で福利厚生ではないかもしれませんが、ITツールは様々導入されており、非常に生産性の高い組織になっています。

なんと、社内で使われているツールの合計数を計算したところ、120にもなったそうです。

まとめ

マーケティング×SaaSベンチャー企業のPLAID(プレイド)の業績・決算についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

転職など自分から環境を変えることは、「面倒臭い」、「気が乗らない」という気持ちはあると思います。

しかし、悶々とした気持ちで働き続けることは、圧倒的に人生の時間を無駄にしているのと、人生のリスクを増やしている行為になるので

やらない後悔よりは、まず行動してみて、行動しながら考える方が生産的になると思います。

もし、少しでも迷っているようなら、完全無料なのでまずは登録して気軽に転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは様々な会社がありますが、結論から申し上げると、下に紹介している6社がおすすめです。

ビジネス職と、エンジニア職にそれぞれにオススメな3社を紹介します

ビジネス職向けエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

※登録もエージェントとの面談も全て無料です。

エージェントの利用する時の流れ・手順

エージェントを利用する時の流れや手順については、こちらになります。

①会員登録(※登録は無料です)

基本的に下記の画像をタップして、エージェントの公式HPに飛び、必要な情報を入力します。(5分もかからずに終わります。)

②担当アドバイザーと面談(※面談は無料です)

登録が終了すると、面談がありますが、キャリアの棚卸しや今、どんな会社が人気なのかなどの情報収取もできます。

③案件紹介→案件決定(※案件紹介も無料です)

④実際に案件の面接等に参加

SaaSベンチャーのビジネス職向けエージェントはこの3社がおすすめです。

試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

SaaSベンチャーのビジネス職向けエージェント3選

リクルートエージェント | 20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け | 転職実績No.1の最大級の転職サイト

JRC Recruiment | 20代~30代で年収600万以上を目指す人向け | 非公開求人の割合が50%

doda |20代の若手から30代のミドルの人で非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介

リクルートエージェント


・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け

リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1の転職エージェントサービスです。

特徴としては、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しているため、転職が初めての人も安心して転職活動を行うことができます。

また、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が20万件以上があり、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。

JAC Recruitment

・こんな人にオススメ:20代~30代で年収600万以上を目指す人、業界スペシャリストになりたい人(人事、営業、マーケティング、経理など)

JAC Recruitment は東証1部に上場している国内最大級の転職サイトでハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントです。

1988年から累計約43万人の転職実績があり、特徴としては非公開の案件が豊富(約50%の割合)で約25,000社の企業と取引があり、あらゆる業界・職種の企業から多数の求人を保有しています。通常、求人を紹介するコンサルタントと企業コンサルタントは別になっていることが多いですが、JAC Recruitment の場合は求人を紹介するコンサルタントが企業に直接訪問しているため、企業の文化や風土、事業戦略までも把握して、他では得られないリアルな情報を得ることができます。

doda

・こんな人にオススメ:20代の若手から30代のミドルの人で非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介

dodaはパーソルキャリアの求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトで、エージェント業界No.2のサービスです。

まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができ、自分に合わせた転職活動を行うことができます。

特に案件の量には定評があり、大手・優良企業からベンチャー企業まで、常時豊富な求人情報を掲載しており、非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介してくれます。

エンジニア向け特化のエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

SaaSベンチャーのエンジニア向けエージェントはこの3社がおすすめです。試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

SaaSベンチャーのエンジニア向けエージェント3選

TechClipsエージェント| 年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人 | 利用者の93%が年収アップ実績

レバテックエキスパート| 年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人 | ハイクラスエンジニアの10年以上の支援実績

Tech Stars Agent | WEB・ゲーム事業に携わりたい人 | 700社以上の企業とのリレーション

TechClipsエージェント

・こんな人にオススメ:年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人、高収入&高待遇で転職したい人

 

TechClips(テッククリップス)エージェントは、高年収&将来のキャリアプランを重視したITエンジニアの専門の転職エージェントサービスで、高収入&高待遇に特化しています。

さらに、大手転職会社にはない現職のエンジニアがコンサルティングを行うので安心して相談することができます。

レバテックエキスパート

・こんな人にオススメ:年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人、新規事業に携わってキャリアアップしたい人

レバテックエキスパートは、ハイクラスのエンジニアとクリエイターに特化した転職サービスで、レバテックは10年以上の支援実績があり、保有求人数は業界トップクラスです。

年間累計3,000回以上の企業訪問でCTOやPMと頻繁にミーティングを実施し、深い信頼関係から好条件求人を獲得しており、ハイクラス人材の採用を前提とした新規事業の立ち上げを行うこともあるそうで、そういった新規事業に携わって、キャリアアップを目指したい人にオススメです。

Tech Stars Agent

・こんな人にオススメ:WEB・ゲーム事業に携わりたい人

Tech Stars Agent は、IT・ゲーム業界特化型の転職エージェントでIT・WEB・ゲーム業界に精通したプロのキャリアコンサルタントがきめ細かな面談を行います。

キャリアコンサルタントはメンバー全員がエンジニア経験や転職/独立支援の豊富な実績を持ち、きめ細かく面談をサポートしてくれます。

エンジニア出身のキャリアコンサルタント最適な職場が提案してくれるので、転職後のミスマッチも起こりにくいのが特徴です。

転職求人サイトまとめ【エージェントとの面談が面倒な人向け】

転職活動は何となく考えているけど、実際にエージェントとの面談とかまでは、面倒くさいと考えてしまう人には、転職求人サイトの活用をおすすめします。

転職求人サイトの利用する時の流れ・手順

転職求人サイトを利用する時の流れや手順については、こちらになります。

①会員登録(※登録は無料です)

下記の画像をタップして、転職求人サイトの公式HPに飛び、必要な情報を入力します。(3分もかからずに終わります。)

②職務経歴書や経歴データなどを入力、アップロード(※事前に、職務経歴書があれば、5分で完了)

③スカウトメールの受信

スカウトメールは、職務経歴書をアップロードしたり、経歴データを入力しないと、企業側がスカウトメールを送信しません。

求人サイトは、必要情報や履歴書など登録して、自ら気になる企業へ応募することもできますが、企業から、あなたにスカウトがやって来るため、自分がどの会社から評価されるのかなども知ることができます。

全て無料で、たくさんのスカウトを受け取るために、できるだけ多くの情報を入力しましょう!

おすすめの転職求人サイト3選

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』| 年収600万円以上を目指す全ての方におすすめ!

挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」| 20代~30代の人で初めて転職活動で不安な人向け(自分の好みにマッチした求人が自動的にレコメンドされます)

リクナビNEXT  | 20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け(掲載求人数がNo.1サービスで、企業とのマッチング度合いも診断できる「グッドポイント診断」もオススメ)

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

・こんな人にオススメ:年収600万円以上を目指す全ての方におすすめ!

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』は、会員数8万名以上、日本最大級の転職サイトです。

即戦力採用ならビズリーチ」というTVCMでおなじみの人も多いかもしれないです。)

現在会員数80,000名以上が利用しており、11万件以上の求人が検索ができる求人検索機能に加えて、ヘッドハンターの検索やスカウト機能もあるサービスとなっています。

挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」

・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動で不安な人向け(自分の好みにマッチした求人が自動的にレコメンドされます)

「キャリトレ」は、1日5分、レコメンドされる求人に対して「興味がある」を選択することで、自分の本当の価値や新しい可能性を発見できる転職サイトです。

「キャリトレ」がすごいのは、1日ずつレコメンドされる求人のなかから「興味がある」求人を選択するだけで、AIがより自分にマッチした志向性に合う求人がレコメンドされたり、企業からスカウトが届くようになります。

そのため、使えば使うほど、AIがあなたの好みを学習してくれて、自分のキャリアの可能性を発見することができます。

リクナビNEXT

・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け(掲載求人数がNo.1サービスで、企業とのマッチング度合いも診断できる「グッドポイント診断」もオススメ)

リクナビNEXT は、20代の約200件の口コミ調査の結果、どの指標においてもNo.1で、全ての人におすすめできる転職サイトです。

機能面では、「サイトの操作性」「求人情報の見やすさ」「スカウト機能」の3つが優れているため、非常に使いやすいです。

さらに、リクナビNEXTには、『グッドポイント診断』と呼ばれる評判のサービスがあり、これは、会員登録すると、無料で使えるサービスで、質問に答えていくと自己分析と自分の強みが知ることができます。

ITベンチャー企業研究カテゴリの最新記事