>
オファー面談で失敗しない年収(給与)交渉の秘技!知らないと確実に損
悩んでいる人
悩んでいる人
内定(オファー)をもらえたけど、オファー面談で失敗しないために、1番大事な質問・確認事項の年収交渉ついて色々知りたいです。

困っていること、知りたいこと

転職活動で内定を獲得して、オファー面談でどうしたら良いのかわからない

こらからオファー面談を行うが、きちんと年収について交渉したいと考えている

お金の話は、他人とは正直しづらいし、交渉なんてできる自信がない

他の人は年収(給与)交渉はどれくらいしているのか気になる

こんな疑問や不安を持っている人のお悩みにお答えします!

筆者の私は、転職3回、計50社ほどの大手企業からベンチャー企業までの選考の受けた経験や、自身もベンチャーでCOOとして採用業務に従事していた経験などを元に記事を製作しております。
CareerBiz編集長
CareerBiz編集長

そこで、今回はオファーの1番大事な質問・確認事項の年収交渉について知りたいあなたに、

・オファー面談とオファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)

・オファー面談での年収(給与)交渉の実情

・オファー面談での年収交渉を行う具体的な方法

を、わかりやすく解説していきたいと思います。

オファー面談とは何か?

「オファー面談」とは、企業が内定者と入社にあたっての契約をするために、入社意志や雇用条件などを事前に確認する面談です。

かつては、「処遇面談」とか「条件提示面談」、「内定者面談」、「入社確認面談」ともいわれたりもしてました。

「オファー面談」は選考ではなく、お互いの最終的な確認の場であるため、基本的には変に緊張などしなくても大丈夫ですが、ごく稀にオファー面談で内定を取り消させるというようなことも0ではない場合もあるため、きちんとした準備は必ず行いましょう。

また、オファー面談は人事がすごくいい人で、なんでも質問してくれて大丈夫というようなスタンスでもないと、基本的には1回しか行わない場合がほとんどです。

そのため、事前に確認すべきことを洗い出し、自分なりの回答などを用意するなどの準備して行うことをおすすめします。

オファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)

それでは、実際にオファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)を解説していきたいと思います。

基本的にはオファー面談は以下のように考えて

①より条件を引き出す交渉の場ではなく、入社後のミスマッチを防ぐためのリスクヘッジをする場

②企業と自分のお互いの期待値をすり合わせる場

と捉えて、少しでも自分の入社後のリスクやミスマッチを下げるつもりで臨むことをおすすめします。

具体的には最低、以下の10個の質問事項を用意することをおすすめします。

①面接で評価された理由やポイント

②入社後の想定業務内容

③配属ポジションやキャリアプラン

④年収などの経済条件

⑤報酬制度や評価制度

⑥福利厚生

⑦労働条件

⑧入社日

⑨会社の雰囲気

⑩会社の業績

それぞれの詳しい内容に関しては、こちらの記事 ▶︎  オファー面談で失敗しないために確認すべき質問事項【年収や福利厚生も大事】

で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

オファー面談での年収(給与)交渉の実情

それでは、具体的なオファー面談での年収(給与)交渉方法の前に、世の中のビジネスパーソンは年収(給与)交渉についてどのように考えているのか、どのようにアクションをしているのかご紹介したいと思います。

正直なところ、このように思っている人は比較的多いのではないのでしょうか?

・お金の話は、他人とは正直しづらいし、交渉なんてできる自信がない

・お金にガメツイと思われるのは、少し嫌だ

・他の人は年収(給与)交渉はどれくらいしているのか気になる

実はこのように考えている人は、他の人の動向を知れば、思ったよりも悩まなくて済むかも知れないです。

求人企業側と年収交渉をしたことはありますか?

55「ミドルの転職における年収交渉」について(アンケート実施期間 : 201873日 ~ 2018712日 / 有効回答数 : 132名)

こちらのアンケート結果によると、企業側と年収交渉したことある人は、約95%と実はほとんど人がしていることがわかります。

このようにほとんどの人がしてるため、企業側の人事も慣れていることと予想できるため、変に遠慮せず思い切って、交渉してみる方がお得かもしれません。

年収交渉により、最高でどれほどの年収アップを実現しましたか?

そして、実際に年収交渉で最高でどれほどの年収アップをしたのか実現したのかをみると、50~150万円あたりのところがボリュームゾーンとなっています。

実際に私の経験でも、50~150万円あたりで年収アップを実現した経験があります。

オファー面談で年収(給与)交渉を行う具体的な方法

それでは、具体的にオファー面談でどのように年収交渉を行うべきか解説していきたいと思います。

ちなみに、今から解説するやり方で私は、約50%の確率で当初のオファー 条件から年収アップのオファー提示を頂いた経験があります。

オファー面談の年収(給与)交渉の大前提

オファー面談での交渉ごとにおいて、実は年収(給与)交渉に関しては、実は一番難易度が高いのが実情です。

理由は他の社員との公平性を保とうとするためです。

特にベンチャーやスタートアップなどの小さい会社においては、毎回、新入社員の度に統一した基準もなく、年収交渉に応じてしまうと社員間の給与がバラバラになり、後々に社員同士の飲み会などで、事実が明るみになると、必ず不満を持ってしまう人が出てしまうリスクがあったりします。

その一方で大企業などでは、会社によって違いますが、人事は報酬制度や評価制度、前職の給与などの基準からオファー金額(年収提示)を行います。

交渉行う上で、きちんと相手の企業側の論理や背景なども理解することは非常に大事で、その上で自分が持っている手札を使って交渉を行いましょう。

オファー面談で年収(給与)交渉のポイント①:年収(給与)交渉は内定獲得後に行う

オファー面談で年収(給与)交渉のポイントの1つ目は、年収(給与)交渉は内定獲得後に行うです。

私が人事業務をしていて、まだ内定も出していないときに面接の最後の質問の時に給与交渉をしてくるが何人かいました。

しかし、その面接の合否すら出していないのに、諸々要求をされて、印象は正直あまり良くはありませんでした。

基本的に企業は内定を出した後は、その人に是が非でも入社して欲しいと考えています。

何故なら、会社にもよりますが、人気の企業ほど選考してから内定まで到達する人の割合は、0.5~5%くらいだったりするわけです。

そのため、やはりこちらから年収アップなり交渉する場合は、それに応じてくれる気構えを持っているタイミングで行うほうが、要求を聞こうという心持ちになります。

オファー面談で年収(給与)交渉のポイント②:内定先を複数確保する(できれば2つ以上)

オファー面談で年収(給与)交渉のポイントの2つ目は、内定先を複数確保するです。

当たり前ですが、交渉の大原則は、交渉相手よりも交渉をする材料の手札をどれだけ多く持てるか、強い手札を持てるかが重要です。

そのため、あなたの能力を客観的に一定証明できる「他の内定先の存在」があると、より効果的になります。

先ほども申し上げましたが、基本的に企業は内定を出した後は、その人に是が非でも入社して欲しいと考えており、他に内定先が存在する場合は企業側も他の内定先に条件面で負けないかを気にしたりします。

そのため、少なくとも年収(給与)交渉を行う上では、他の内定先を複数持てた時点である程度、交渉を優位に進めることができると考えて良いです。

もちろん、内定先の企業側の考え方もありますが、あなたが人事の立場の時にAさんとBさんではどちらの方が交渉を進めようと思いますか?

・前提:オファー金額は680万円

・Aさん:「年収は最低700万以上欲しいです」

・Bさん:「私は他に3社からオファーを頂いて、1社は720万、2社目は750万、3社目は730万の金額です」

実際に、皆さんご存知のNetflixは従業員に対し定期的に他社の面接を受けるように奨励しており、市場からの評価を元に給与をどうするのか決めています。

このように、ただお願いするのではなく、なぜその金額なのかの客観的な指標があるのとないのとでは、交渉の材料としての大きな差があります。

オファー面談で年収(給与)交渉のポイント③:お願い・要求の姿勢はNG

オファー面談で年収(給与)交渉のポイントの3つ目は、お願い・要求の姿勢はNGということです。

オファー 面談で年収(給与)のことをきちんと話して、互いの合意形成を行うことは、とても大事ですが、それが全面に出てしまうと、人事の人には「お金ばかり気にする人」というような印象になりやすく、あまり良い印象が残りません。

そのため、大事なのは年収アップをお願いしたり、要求するような姿勢は出さず、相手の考えるきっかけや情報を与えることが非常に重要です。

あくまで、情報を与えて、選択するのはそちらですというような相手に選択を迫るやり方です。

オファー 面談具体的には以下のような話の流れで、年収(給与)交渉の話に持っていくことをおすすめします。

タイミングはできれば、オファー 面談の後半から終盤にかけてが良いです。

オファー 面談で年収(給与)交渉の話に持っていく流れ

①自分の給与の算定根拠を詳細に聞く

※お金絡みの話になると、人事は他の内定先の情報などを聞いてくる場合があります。

②(他の内定先の情報を聞かれたら)他の内定先のオファー条件を伝える

③年収(給与)も他の条件とともに、内定を承諾する大きな1つの検討軸になることを伝える

④上記の情報を伝えた上で、「御社は他の企業と比べて志望度は高い」とさり気なく伝えるコミュニケーションを取る

※これによって、単に条件を引き出そうとしてくる人という印象は薄れ、企業側の真剣にあなたの要望に答えようという姿勢に切り替わる場合があります。

さらに、もし転職エージェントを使っている場合は、転職エージェントにも内定先のオファーされた年収(給与)情報を教えておくことをおすすめします。

理由は、転職エージェント経由から人事にそのような情報が流れるため、人事はその辺りの情報をもとにオファー条件を再考するキッカケになったりするからです。

オファー面談の年収(給与)交渉のまとめ

いかがでしたでしょうか?

オファー 面談は入社後のリスクを下げ、入社後の満足度を最大限にするための大事なイベントです。

内定を頂いたことで油断することなく、入社後の自分のパフォーマンスを最大化するために、こちらの記事を参考に是非納得感の高い転職活動にしてみてください。

もし、これから本格的に転職活動を始めようと考えている人は転職エージェントを使って、転職活動することをおすすめします。

転職エージェントは様々な会社がありますが、結論から申し上げると、下に紹介している6社がおすすめです。

ビジネス職と、エンジニア職にそれぞれにオススメな3社を紹介します。

ビジネス職向けエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

ビジネス職向けエージェントはこの3社がおすすめです。試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

ビジネス職向けエージェント3選

リクルートエージェント | 20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け | 転職実績No.1の最大級の転職サイト

ランスタッド |20代の若手から30代のミドルの人でハイクラスキャリアを目指す人向け |年収1000万円クラス案件多数

リクルートエージェント


・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け

リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1の転職エージェントサービスです。

特徴としては、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しているため、転職が初めての人も安心して転職活動を行うことができます。

また、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が20万件以上があり、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。

・こんな人にオススメ:20代~30代で年収600万以上を目指す人、業界スペシャリストになりたい人(人事、営業、マーケティング、経理など)

“>JAC Recruitment の場合は求人を紹介するコンサルタントが企業に直接訪問しているため、企業の文化や風土、事業戦略までも把握して、他では得られないリアルな情報を得ることができます。

ランスタッド

・こんな人にオススメ:20代の若手から30代のミドルの人でハイクラスキャリアを目指したい人

ランスタッドは1960年にオランダで生まれ、現在世界39の国と地域に4400以上の拠点を置く、世界最大級の総合人材サービス企業です。

少数精鋭の敏腕コンサルタントが、一人ひとりの専任担当者として、スキルやご経験だけでなく、中・長期的なキャリアプランも見据えた最適な求人を提案してくれ、初回面談から転職の成功まできちんとサポートしてくるため、安心して転職活動を進めることができます。

エンジニア向け特化のエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

エンジニア向けエージェントはこの3社がおすすめです。試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

エンジニア向けエージェント3選

TechClipsエージェント| 年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人 | 利用者の93%が年収アップ実績

レバテックエキスパート| 年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人 | ハイクラスエンジニアの10年以上の支援実績

Tech Stars Agent | WEB・ゲーム事業に携わりたい人 | 700社以上の企業とのリレーション

TechClipsエージェント

・こんな人にオススメ:年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人、高収入&高待遇で転職したい人

 

TechClips(テッククリップス)エージェントは、高年収&将来のキャリアプランを重視したITエンジニアの専門の転職エージェントサービスで、高収入&高待遇に特化しています。

さらに、大手転職会社にはない現職のエンジニアがコンサルティングを行うので安心して相談することができます。

レバテックエキスパート

・こんな人にオススメ:年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人、新規事業に携わってキャリアアップしたい人

レバテックエキスパートは、ハイクラスのエンジニアとクリエイターに特化した転職サービスで、レバテックは10年以上の支援実績があり、保有求人数は業界トップクラスです。

年間累計3,000回以上の企業訪問でCTOやPMと頻繁にミーティングを実施し、深い信頼関係から好条件求人を獲得しており、ハイクラス人材の採用を前提とした新規事業の立ち上げを行うこともあるそうで、そういった新規事業に携わって、キャリアアップを目指したい人にオススメです。

Tech Stars Agent

・こんな人にオススメ:WEB事業に携わりたい人

Tech Stars Agent は、IT業界特化型の転職エージェントでIT・WEB業界に精通したプロのキャリアコンサルタントがきめ細かな面談を行います。

キャリアコンサルタントはメンバー全員がエンジニア経験や転職/独立支援の豊富な実績を持ち、きめ細かく面談をサポートしてくれます。

エンジニア出身のキャリアコンサルタント最適な職場が提案してくれるので、転職後のミスマッチも起こりにくいのが特徴です。

エージェントの利用する時の流れ・手順

エージェントを利用する時の流れや手順については一般的にはどこも似たようなものですが、一応、一般的なエージェントの利用の流れについて書いておきます。

①会員登録

基本的に上記の画像をタップして、エージェントの公式HPに飛び、個人情報を入力していけば5分もかからずに終わります。

②担当アドバイザーと面談

登録が終了すると、面談がありますが、キャリアの棚卸しや今、どんな会社が人気なのかなどの情報収取もできます。

③案件紹介→案件決定

④実際に案件に参画

転職初心者カテゴリの最新記事