>
オファー面談で失敗しないために確認すべき質問事項【年収や福利厚生も大事】
悩んでいる人
悩んでいる人
内定(オファー)をもらえたけど、オファー面談で失敗しないために、オファー面談ついて色々知りたいです。

困っていること、知りたいこと

転職活動で内定を獲得して、オファー面談でどうしたら良いのかわからない

一度、オファー面談を行なったが、条件について交渉したいと考えている

こんな疑問や不安を持っている人のお悩みにお答えします!

筆者の私は、転職3回、計50社ほどの大手企業からベンチャー企業までの選考の受けた経験や、自身もベンチャーでCOOとして採用業務に従事していた経験などを元に記事を製作しております。
CareerBiz編集長
CareerBiz編集長

そこで、今回はオファー面談について知りたい、オファー面談で確認すべきポイントについて知りたいあなたに、

・オファー面談とは何か

・オファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)

・オファー面談の注意点

を、わかりやすく解説していきたいと思います。

目次

オファー面談とは何か?

「オファー面談」とは、企業が内定者と入社にあたっての契約をするために、入社意志や雇用条件などを事前に確認する面談です。

かつては、「処遇面談」とか「条件提示面談」、「内定者面談」、「入社確認面談」ともいわれたりもしてました。

「オファー面談」は選考ではなく、お互いの最終的な確認の場であるため、基本的には変に緊張などしなくても大丈夫ですが、ごく稀にオファー面談で内定を取り消させるというようなことも0ではない場合もあるため、きちんとした準備は必ず行いましょう。

また、オファー面談は人事がすごくいい人で、なんでも質問してくれて大丈夫というようなスタンスでもないと、基本的には1回しか行わない場合がほとんどです。

そのため、事前に確認すべきことを洗い出し、自分なりの回答などを用意するなどの準備して行うことをおすすめします。

オファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)

それでは、実際にオファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)を解説していきたいと思います。

基本的にはオファー面談は以下のように考えて

①より条件を引き出す交渉の場ではなく、入社後のミスマッチを防ぐためのリスクヘッジをする場

②企業と自分のお互いの期待値をすり合わせる場

と捉えて、少しでも自分の入社後のリスクやミスマッチを下げるつもりで臨むことをおすすめします。

具体的には最低、以下の10個の質問事項を用意することをおすすめします。

①面接で評価された理由やポイント

②入社後の想定業務内容

③配属ポジションやキャリアプラン

④年収などの経済条件

⑤報酬制度や評価制度

⑥福利厚生

⑦労働条件

⑧入社日

⑨会社の雰囲気

⑩会社の業績

オファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)①:面接で評価された理由やポイント

まず、自分がなぜ内定を貰えたのか、面接で何を評価してくれたのか理由をポイントを聞くことがおすすめです。

理由としては、以下の2つがあります。

①何が評価されたのか知ることで、企業側の自分に対する期待値を知ることができ、自分の入社への期待値とずれたりしていないかなどすり合わせることができる。

②自分が評価されたポイント(自分の市場価値)を把握することできる。 

まず、企業側の自分に対する期待値を把握することは非常に重要です。

そして、それが自分の温度感や期待値などとズレて過ぎていないかどうかは確認するべきです。

ズレていて修正できなかった場合、入社後にミスマッチが起きて評価が下がってしまったりして、不幸になる場合があります。

確かに、内定を取り消されてしまうのではないかと心配になってしまう気持ちもわかりますが、入社後にミスマッチしてしまうリスクの方が後々、大きい損失になるため、勇気を持って感じたことは企業側に伝えることをおすすめします。

2つ目の自分が評価されたポイント、自分の市場価値を知ることも非常に大事です。

なぜなら、自分の市場価値とは転職活動などくらいしかある程度客観的に評価されることはないからです。

自分の市場価値を知り、長期的な自分のキャリアプランの参考にしたり、後述しますが、給与交渉などの時にも使える武器にもなります。

オファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)②:想定業務内容

次に確認するべきことは、自分の入社後の想定業務内容です。

具体的には向こう先1年くらいのスパンで、自分はどのようなミッションで業務を行うのか確認することをおすすめします。

また、携わる可能性のある事業やプロジェクトの状態も一緒に確認しましょう。

具体的には以下の観点で質問するとおすすめです。

・入社後から本格的な業務開始までの大まかな時間軸と流れ

・入社後のメンターの存在の有無や上司になる人との関わり方

・携わる事業のプロジェクトの収益状況

・携わる事業のプロジェクトの予算感と予算ジャッジのタイミングと判断基準

特に新規事業系や会社がまだ小さかったりする場合、入社後に事業が無くなったり、突然の方針転換などにより、社内ニート状態になったりするようなことも実際あったりします。

私が大きい会社に在籍していた時も、少なくとも転職して1年も経たず、10人くらいがそのような状態になっているのを目撃しました。

オファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)③:配属ポジションやキャリアプラン

次に確認するべきことは、自分の配属ポジションやキャリアプランです。

最初、ほとんどの人はいちメンバーとしての入社がほとんどだと思います。

そして、よく企業側が魅力的なオファーに見せるために「Aさんには、将来的にマネージャーや執行役員を担ってもらいたい」、「入社後のパフォーマンスによっては希望の職種に異動も可能」など魅力的な嬉しい言葉をかけてくる場合があります。

当たり前ですが、企業側もバカではないので、入社後にパフォーマンスが低かったことも仮定して、ポジションを確約した状態で条件を出してくることは非常に稀です。

企業側としてはある程度評価してくれたことの現れだったりもしますが、こういった具体性のない将来の話を決め手にすると危険だったりもします。

そのため、入社後のミスマッチが起きないように、以下のようなことを確認してみることがおすすめです。

・自分の配属後のミッションや期待していることは何か。

・(マネージャーなどを提示された場合)なぜそのような提示をしてくれたの理由。

・社内で自分で希望通りの配置換えが達成された人は、どういった条件で配置換えがあったのか。

・入社後にマネージャーに途中から昇格した人はどういった仕事でどの程度の成果を残したのか。

オファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)④:年収などの経済条件

次は年収などの経済条件についてです。

まず、提示された年収がなぜこの金額なのか、どういった理由で判断されたのか根拠を聞いてみましょう。

これは先ほどの市場価値を知ることにもなりますが、市場価値の算定根拠としても考えることができます。

自分がどういったビジネスモデルの会社でどういった評価軸の中で価値が算出されるのか知ることができるため、他に内定先がある場合には比較する軸にもなったりします。

あとは、後々に「聞いていなかった!!」と驚かないように以下のようなこともきちんと確認することがおすすめです。

・交通費などの諸々の手当の存在と支払い条件と金額

・固定残業代の条件や固定残業時間を超えた場合の手当と金額

※固定残業時間は会社によって設定されている時間等が異なります。

もし、IT系の有名企業の年収の実態が気になった方は、これらの記事を参考にしてみてください。
▶︎ ベンチャー元COOが選ぶ転職おすすめ新興ITメガベンチャー平均年収ランキング10選
▶︎ ベンチャー元COOが選ぶ転職おすすめITメガベンチャー平均年収ランキング10選

オファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)⑤:報酬制度や評価制度

次は、報酬制度や評価制度についてです。

最初の提示されたオファー金額(年収提示)も大事ですが、中長期的なことも考えて、自分の年収が伸びていく余地があるのかも考えるべきです。

当然、入社後にきちんと結果(パフォーマンス)を出していくということは大前提ですが、会社がどういった考えで人を評価するのか、そして昇給をするとしたら、どれくらいの見込みがあるのか考えることは重要です。

入社後のギャップにつながりやすい部分ですので、詳細に確認するとよいでしょう。

また、年齢が若い方が昇給額の伸び率が高い確率は高いと思いますが、例えば、自分が年収600万で一年間の今までの昇給額の伸び率が5%だったとすると、単純計算ですが、以下のような年収になっていくと考えられます。

・1年後:630万円

・2年後:約660万円

・3年後は:約693万円

こういったように、過去の昇給率を計算してみて、転職先での年収の予測を立てながら考えてみることもおすすめです。

オファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)⑥:福利厚生

次は、福利厚生についてです。

特に一人暮らしの男性だとあまり重要視しない方もいるかもしれませんが、特に家庭を持っている方や女性は結構大事だったりしますよね。

また、面接中の逆質問中にはなかなか聞き辛い話題だと思いますので、オファー面談の際にきちんと確認することをおすすめします。

具体的な項目と内容はもちろんのこと、自分と近い状況の人の有給の使用状況なども聞いてみると良いでしょう。

もし、IT系の会社の福利厚生や有給取得率などの実態が気になった方は、これらの記事を参考にしてみてください。
▶︎ 社員口コミで比較!転職おすすめのITメガベンチャーの福利厚生や働く環境

▶︎ 社員口コミで比較!転職おすすめの新興ITメガベンチャーの福利厚生や働く環境

オファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)⑦:労働条件

次は労働条件や働き方についてです。

求人票や条件通知書には就業時間について明確に記載されていますが、残業については書かれていないことも多くあります。

記載があったとしても、配属予定部署やチームが実際どれくらいの残業時間があるのかを聞くことをおすすめします。

また、有給の取得の条件や実際に付与される日数なども会社によって条件が異なるため、そのあたりも確認しておくことも大事です。

繁忙期や閑散期で大きく異なるケースもありますので、合わせて確認すると良いでしょう。

突然の業務依頼や呼び出しに対応した場合などは休日出勤がどれくらいあるのか、振替休日は取得できるのか、どれくらい取得しているのかなども聞いておきましょう。

オファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)⑧:入社日

次は、入社日についてです。

前職との業務の引き継ぎなどの事情との兼ね合いもあると思うので、ご自身の現状を率直に企業に伝えて、調整することをおすすめします。

オファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)⑨:会社の雰囲気

次は、会社や社員の雰囲気についてです。

転職を考えるきっかけや転職理由の多くに「人間関係」があります。

自分が考えているキャリア像を実現できるか、自分が中長期的に活躍できる環境があるのかを判断するために、配属先の社員と会わせてもらうようにお願いしてみることもおすすめです。

私も実際にお願いをして、10人以上の人に1人30分会わせて頂き、自分が納得できそうかじっくり判断もしました。

職場見学や自分が目指すキャリアアップに近しい社員、同じ部署になりそうな人と話すことで、会社の雰囲気などをよりイメージしやすくなります。

後々に後悔しないようにするためにも、しっかりとリスクを潰すことは大事です。

オファー面談で確認すべき質問事項(ポイント)⑩:会社の業績

最後は、会社の業績についてです。

特にベンチャーやスタートアップに就職する場合、1年後には会社がなくなった、M&Aで他の会社に買収され転籍になった、急に事業が別のものに変わったなど、頻繁にあることではないですが、それなりに起こります。

大企業でも社内の政治などによって、事業自体が撤退になる、M&Aで他の会社に買収され転籍になったなどの似たようなことも起こります。

特にこういったことを会社の経営陣の一部しか知らず、裏で調整など行われているため、現場の社員は全く知らないということがほとんどです。

そのため、事前に会社の業績や事業の収支については可能な限り、自分で調べたり、具体的な質問をしておくことをおすすめします。

そこで少し濁されてしまったり、社内内部情報だからという理由などで全く教えてくれない場合は、少し転職自体を考え直した方が良いかもしれません。

オファー面談の注意点

最後にオファー面談での注意事項をいくつか紹介したいと思います。

まず大原則として、家庭の事情など、どうしても譲れない条件がある場合以外は、オファー面談では基本的に自分から交渉をして、条件変更をお願いしない方が良いです。

よほどのことがない限り、条件変更をしてくれる場合は少ないことも頭に入れておきましょう。

しかし、皆さんの中には以下のことを気にする方も多いと思います。

・もっと給与をあげてほしい

・他社の選考もあるから、回答期限を伸ばしてほしい

・他社の選考状況を聞かれたけど、素直に答えても大丈夫だろうか?内定の取り消しなどないだろうか?

そこで、上記についてそれぞれ解説したいと思います。

オファー面談の注意点①:オファー面談での給与交渉

給与交渉に関しては、一番難易度が高いのが実情です。

理由は他の社員との公平性を保とうとするためです。

毎回、新入社員の度に統一した基準もなく、交渉に応じてしまうと社員間の給与がバラバラになり、後々に社員同士の飲み会でその状況になった時に必ず不満を持ってしまう人が出てしまうリスクがあったりします。

そのため、会社によって違いますが、会社は人事は報酬制度や評価制度、前職の給与などの基準からオファー金額(年収提示)を行います。

しかし、必ずしもうまくいくわけではありませんが、給与交渉を行うことはできます。

そのポイントは、他社の選考状況や他社でもらったオファー金額を伝えることです。要はあなたは他の会社でも評価されていると伝えることです。

ただし、以下のポイントは大事です。

他社の選考状況や他社でもらったオファー金額を伝えた上で、「だから給与を上げてください」というような、こちらからお願いするスタンスはあまり良い印象を与えないです。

あくまで相手が考え直すキッカケの情報として与えるくらいのスタンスが良いでしょう

実際に、約2兆円の売上を誇るNetflixなどでは社員を市場評価とギャップが無いようにして、社員の給与決めたりします。

そのため、複数内定を頂いた場合、各社から提示された金額を伝えて、もしギャップが大きいようであれば、相手の企業も再考してくれる確率は高くなります。

そのような相手が考え直すような交渉術を行ってみることをおすすめします。

オファー面談の注意点②:オファーの回答期限の変更について

こちらは給与交渉に比べると、難易度は高くないですが、必ずしも交渉がうまくいくわけではないです。

まず、回答期限が決められている理由は、内定者の囲い込みという文脈が強いです。

そのため、基本的には交渉に応じないというのが会社のスタンスでもあります。

しかし、会社もせっかく獲得できた内定者を逃したくはないので、しっかりと自分の考えを真摯に伝えれば、回答期限を1週間程度は変更してもらうことは可能です。

以下の理由であれば、比較的変更に応じてくれる場合が多いでしょう。

・他社から内定をもらっており、正直色んな観点で悩んでいるため、時間がほしい。

・他社での選考が残っていて、自分の納得感を大事にしたいため、最後まで転職活動をやりきってから結論を出したい。

オファー面談の注意点③:オファー面談で他社の選考状況を聞かれた場合

先ほども申し上げましたが、他社の選考状況については、積極的に情報を開示した方が企業側も色々と対策を考えるため、交渉という面では有利に働く場合が多いと思います。

ただし、大事なポイントは事実のみを伝えて、主観的な意見は伝えないことが大事です。

主観的な意見とは、A社は優先度が高い低いやその理由、A社は~という印象がありました、などです。

こういった主観的な意見を聞いてしまうと、人事としてもショックを受けたりして、「この人に内定受諾してもらうのは難しかもしれない」などマイナスの印象を頂いてしまい、候補者に対しての積極性が無くなってしまい、最悪、内定を取り消しなどということも起きるかもしれません。

そのため、他社の状況は「最終面接まで進んでいる会社が2社、内定を頂いた会社が2社」など事実だけを伝えて、あとは迷っているくらいの温度感で伝えることをおすすめします。

オファー面談についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

オファー 面談は入社後のリスクを下げ、入社後の満足度を最大限にするための大事なイベントです。

内定を頂いたことで油断することなく、入社後の自分のパフォーマンスを最大化するために、こちらの記事を参考に是非納得感の高い転職活動にしてみてください。

もし、これから本格的に転職活動を始めようと考えている人は転職エージェントを使って、転職活動することをおすすめします。

転職エージェントは様々な会社がありますが、結論から申し上げると、下に紹介している6社がおすすめです。

ビジネス職と、エンジニア職にそれぞれにオススメな3社を紹介します。

ビジネス職向けエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

ビジネス職向けエージェントはこの3社がおすすめです。試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

ビジネス職向けエージェント3選

リクルートエージェント | 20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け | 転職実績No.1の最大級の転職サイト

ランスタッド |20代の若手から30代のミドルの人でハイクラスキャリアを目指す人向け |年収1000万円クラス案件多数

リクルートエージェント


・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け

リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1の転職エージェントサービスです。

特徴としては、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しているため、転職が初めての人も安心して転職活動を行うことができます。

また、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が20万件以上があり、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。

・こんな人にオススメ:20代~30代で年収600万以上を目指す人、業界スペシャリストになりたい人(人事、営業、マーケティング、経理など)

“>JAC Recruitment の場合は求人を紹介するコンサルタントが企業に直接訪問しているため、企業の文化や風土、事業戦略までも把握して、他では得られないリアルな情報を得ることができます。

ランスタッド

・こんな人にオススメ:20代の若手から30代のミドルの人でハイクラスキャリアを目指したい人

ランスタッドは1960年にオランダで生まれ、現在世界39の国と地域に4400以上の拠点を置く、世界最大級の総合人材サービス企業です。

少数精鋭の敏腕コンサルタントが、一人ひとりの専任担当者として、スキルやご経験だけでなく、中・長期的なキャリアプランも見据えた最適な求人を提案してくれ、初回面談から転職の成功まできちんとサポートしてくるため、安心して転職活動を進めることができます。

エンジニア向け特化のエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

IT×医療・ヘルスケア系のエンジニア向けエージェントはこの3社がおすすめです。試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

エンジニア向けエージェント3選

TechClipsエージェント| 年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人 | 利用者の93%が年収アップ実績

レバテックエキスパート| 年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人 | ハイクラスエンジニアの10年以上の支援実績

Tech Stars Agent | WEB・ゲーム事業に携わりたい人 | 700社以上の企業とのリレーション

TechClipsエージェント

・こんな人にオススメ:年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人、高収入&高待遇で転職したい人

 

TechClips(テッククリップス)エージェントは、高年収&将来のキャリアプランを重視したITエンジニアの専門の転職エージェントサービスで、高収入&高待遇に特化しています。

さらに、大手転職会社にはない現職のエンジニアがコンサルティングを行うので安心して相談することができます。

レバテックエキスパート

・こんな人にオススメ:年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人、新規事業に携わってキャリアアップしたい人

レバテックエキスパートは、ハイクラスのエンジニアとクリエイターに特化した転職サービスで、レバテックは10年以上の支援実績があり、保有求人数は業界トップクラスです。

年間累計3,000回以上の企業訪問でCTOやPMと頻繁にミーティングを実施し、深い信頼関係から好条件求人を獲得しており、ハイクラス人材の採用を前提とした新規事業の立ち上げを行うこともあるそうで、そういった新規事業に携わって、キャリアアップを目指したい人にオススメです。

Tech Stars Agent

・こんな人にオススメ:WEB事業に携わりたい人

Tech Stars Agent は、IT業界特化型の転職エージェントでIT・WEB業界に精通したプロのキャリアコンサルタントがきめ細かな面談を行います。

キャリアコンサルタントはメンバー全員がエンジニア経験や転職/独立支援の豊富な実績を持ち、きめ細かく面談をサポートしてくれます。

エンジニア出身のキャリアコンサルタント最適な職場が提案してくれるので、転職後のミスマッチも起こりにくいのが特徴です。

エージェントの利用する時の流れ・手順

エージェントを利用する時の流れや手順については一般的にはどこも似たようなものですが、一応、一般的なエージェントの利用の流れについて書いておきます。

①会員登録

基本的に上記の画像をタップして、エージェントの公式HPに飛び、個人情報を入力していけば5分もかからずに終わります。

②担当アドバイザーと面談

登録が終了すると、面談がありますが、キャリアの棚卸しや今、どんな会社が人気なのかなどの情報収取もできます。

③案件紹介→案件決定

④実際に案件に参画

転職初心者カテゴリの最新記事