>
転職おすすめ!メガベンチャーのLINEの決算や戦略を解説
悩んでいる人
悩んでいる人
メガベンチャーのLINE(ライン)への転職を考えていて、LINE(ライン)について色々知りたいです。

困っていること、知りたいこと

転職エージェントから、LINE(ライン)をおすすめされたけど、あまりよく知らない!

LINE(ライン)への転職を考えている、興味があるけど、もっと詳しいことを知りたい!

こんな疑問を持っている人のお悩みにお答えします!

筆者の私は、転職3回、計50社ほどの大手企業からベンチャー企業までの選考の受けた経験や、自身も新卒でメガベンチャー に就職した経験などを元に記事を製作しております。
CareerBiz編集長
CareerBiz編集長

今回はメガベンチャーの1社であるLINE(ライン)について知りたい、転職を考えているあなたに、

■本記事の内容

・LINE(ライン)の概要

・LINE(ライン)の2019年第4四半期(前前々四半期)の決算情報について(2020年1月)

・LINE(ライン)の2020年第1四半期(前々四半期)の決算情報について(2020年4月)

・LINE(ライン)の2020年第2四半期(前四半期)の決算情報について(2020年7月)

・LINE(ライン)の2020年第3四半期(最新四半期)の決算情報について(2020年10月)

・最近の決算情報から読み取れるLINE(ライン)の戦略についての考察

・他メガベンチャーと比較したLINE(ライン)の平均年収

を、わかりやすく解説していきたいと思います。

目次

メガベンチャー:LINE(ライン)の概要

LINE(ライン)は2000年に韓国のハンゲーム社の日本の子会社のハンゲームジャパン株式会社として設立されました。

2010年にはあの堀江貴文氏が創業した「ライブドア」社の株式を取得し、子会社化を行います。

そして、2011年には「LINE」を提供し、2012年にはNHN Japan株式会社、ネイバージャパン株式会社および株式会社ライブドアの3社が経営統合を行い、2013年にLINE株式会社が誕生しました。

2017年にはニューヨーク証券取引所と東京証券取引所市場第一部に上場を果たします。

2019年11月にYahoo!とLINEの統合発表され、インターネット業界に衝撃が走りました。

合併完了の見込みは2020年10月と発表されており、最終的には新生Zホールディングス(Yahoo!)がソフトバンクとNAVERが50%ずつ出資する共同保有の企業となり、LINEはその傘下企業として統合される形になります。

メガベンチャー:LINE(ライン)の2019年第4四半期(前前々四半期)の決算情報

それでは、LINE(ライン)の1年前の決算情報からおさらいしてみたいと思います。

LINE(ライン)の2019年第4四半期(前前々四半期)の全体業績

LINE売上高推移

LINE売上高・営業利益

前々四半期の業績ですが、売上高は約600億円でトレンドとしてはYoYでは約8.6%の成長ですが、QoQでも約6%と上昇傾向です。

特に、コア事業の広告事業がQoQで10%と大きく成長しています。

LINE営業利益推移

LINE営業利益

全体の営業利益は約-114億円ですが、コア事業の営業利益は約66億円の黒字となっています。

一方で、戦略事業の営業利益は約-141億円の赤字となっており、コア事業の利益以上に新規事業の戦略事業へ投資していることがわかります。

LINE(ライン)の2019年第4四半期(前前々四半期)の広告事業業績

LINE広告事業業績

コア事業の広告事業ですが、前四半期の売上高は約337億円となっており、YoYで約16.5%、QoQでも約10%と上昇傾向で大きく成長しています。

特にディスプレイ広告の伸びはYoYで約65.4%、QoQでも約20%と高い成長率を誇っており、成長要因としては「LINE NEWS」、「スマートチャンネル」の広告インプレッションの増加があるようです。

しかし、その他事業に含まれている、「Livedoor」、「NEVAERまとめ」、「LINEバイト」等の広告収益は減少傾向が続いています。

LINE(ライン)の2019年第4四半期(前前々四半期)のコミュニケーション・コンテンツ事業業績

LINEコンテンツ・コミュニケーション事業業績

コア事業のコミュニケーション・コンテンツ事業ですが、前四半期の売上高は約181億円となっており、YoYで約3.2%、QoQでも約1%成長と横ばい傾向になっています。

その他事業だけは、YoYで約85%、QoQでも約46%成長と大きく成長しており、事業としてはLINEチサーチ等の事業があり、今回の四半期においては、LINEを使って弁護士に法律相談ができる、「LINE弁護士」や、全国の医師にオンラインで健康相談ができる「LINE ヘルスケア」などの新サービスを提供しています。

さらに、コンテンツ事業は、LINEマンガとLINE MUSICが堅調に成長しており、それぞれLINEマンガがYoYで約20%、LINE MUSICはYoYで約41%と大きく成長しています。

LINE(ライン)の2019年第4四半期(前前々四半期)のLINE Pay事業業績

LINEpay取扱高推移

戦略事業のLINE Payですが堅調に取扱高やMAUが増加しており、特に年末のクーポンキャンペーンが増加に寄与したようです。

2019年の11月に発表されたYahoo!とLINEの統合もあり、LINE Payは今度どのようになっていくのか注目です。

LINE(ライン)の2019年第4四半期(前前々四半期)のO2O・コマース事業業績

LINE戦略投資事業業績

新規事業のO2O・コマース事業ですが、特にショッピング領域の取扱高の成長率はYoYで87.6%と非常に高くなっています。

また、グルメ領域のLINEデリマも出前館に300億円の出資を行い、資本業務提携を発表しました。両社の様々な統合施策により、一層シェアの拡大が期待できます。

また、他の戦略事業では以下のような形で事業を成長させているようです。

・キャラクター事業のLINE FRIENDS:売上高約51億円で、YoYで約25%の成長。

・Fintech領域のスコアリングサービス「LINE Score」:サービス開始から5ヶ月でスコア登録ユーザーが300万人を突破。

・AIソリューション事業の「LINE BRAIN」:チャットボット技術、文字認識技術、音声認識技術などを外部企業への提供を開始。

メガベンチャー:LINE(ライン)の2020年第1四半期(前々四半期)の決算情報

それでは、上記の前前々回の決算情報を踏まえて、LINE(ライン)の前々回の四半期決算を見てみたいと思います。

LINE(ライン)の2020年第1四半期(前々四半期)の全体業績

LINE四半期売上推移

LINE業績まとめ

四半期の業績ですが、売上高は約592億円でトレンドとしてはYoYでは約6.8%の上昇トレンドの成長ですが、QoQでは約-3.1%と減少傾向です。

特に、戦略事業の成長が約-20%と落ち込んでいます。

LINEセグメント別売上・営業利益推移

LINE営業利益推移

全体の営業利益は約-43億円となっており、前四半期比較だと、前回の半分ほどの赤字になっており、主にマーケティング費用が抑えたことが原因となっています。

特にコア事業の営業利益は約119億円の黒字となっており、前四半期比較だと約2倍の45%の成長をしています。

一方で、戦略事業の営業利益は約-151億円の赤字となっており、コア事業の利益以上に新規事業の戦略事業へ投資していることがわかります。

LINE(ライン)の2020年第1四半期(前々四半期)の広告事業業績

LINE広告事業業績

コア事業の広告事業ですが、四半期の売上高は約330億円となっており、YoYでは約10.7%の成長をしていますが、QoQでは横ばい傾向となっております。

前回と引き続きディスプレイ広告の伸びはYoYで約44.5%と高い成長率を誇っておりいますが、アカウント広告がQoQで-4.5%で、その他の広告もQoQで-13.3%で減少トレンドが続いています。

昨今のコロナの影響により、広告事業全体で来期の業績が下がってしまう可能性が高く、特にLINEバイトでは飲食店の営業自粛の影響など強く影響を受ける可能性があります。

LINE(ライン)の2020年第1四半期(前々四半期)のコミュニケーション・コンテンツ事業業績

LINEコンテンツ事業業績まとめ

コア事業のコミュニケーション・コンテンツ事業ですが、最新の売上高は約188億円となっており、YoYで約4%、QoQでも約3%成長となっており、成長率自体は大きくないものの、堅調に成長しています。

特にコンテンツ事業のLINEマンガとLINE MUSICが堅調に成長しており、それぞれLINEマンガがYoYで約12.5%、LINE MUSICはYoYで約40.5%と大きく成長しています。

昨今のコロナの影響により、在宅時間が増えたことで、コンテンツ関連の事業の来期の業績は伸びることが予想されます。

LINE(ライン)の2020年第1四半期(前々四半期)のLINE Pay事業業績

LINEpay業績まとめ

戦略事業のLINE Payですが堅調に取扱高やMAUが増加しており、5月からはLINEポイントのエコシステムの拡大及びユーザーメリットの最大化を狙って、「LINEポイントクラブ」の提供を開始しており、さらなる拡大が期待されます。

さらに、2019年の11月に発表されたYahoo!とLINEの統合もあり、LINE Payは今度どのようになっていくのか注目です。

LINE(ライン)の2020年第1四半期(前々四半期)のO2O・コマース事業業績

LINEO2O事業業績まとめ

新規事業のO2O・コマース事業ですが、ショッピング領域の取扱高の成長率はYoYで50.5%と非常に高くなっていますがQoQでは、横ばい傾向となっています。

グルメ領域のLINEデリマも出前館に300億円の出資を行い資本業務提携を発表したグルメ領域では、コロナの影響もあって業績は成長したようですが、この傾向は来期以降も引き続き続くことが予想されます。

逆にトラベル領域はYoYでは40.3%と高い成長率を誇っていますが、コロナの影響で来期はかなりの業績悪化が予想されます。

また、他の戦略事業では以下のような形となっています。

・キャラクター事業のLINE FRIENDS:コロナの店舗営業の自粛が影響をして、売上高約29億円で、QoQで-43.4%。

メガベンチャー:LINE(ライン)の2020年第2四半期(前四半期)の決算情報

それでは、上記の前回の決算情報を踏まえて、LINE(ライン)の前四半期決算を見てみたいと思います。

LINE(ライン)の2020年第2四半期(前四半期)の全体業績

LINE:売上収益

LINE:売上収益

最新の四半期の業績ですが、売上高は約599億円でトレンドとしてはYoYでは約5.7%の上昇トレンドの成長ですが、QoQでは約1.2%とともに上昇傾向です。

特に、コア事業はYoYでは成長しているものの、QoQでマイナスとなっていますが、戦略事業はYoYでもQoQともに約10%の成長となっています。

LINEセグメント別売上高、営業利益率

LINE営業費用

全体の営業利益は約-95億円となっており、前四半期比較だと、前回の75%ほどになっており、主にマーケティング費用が抑えたことが原因となっています。

LINE(ライン)の2020年第2四半期(前四半期)の広告事業業績

LINE:コア事業(広告)

コア事業の広告事業ですが、最新の四半期の売上高は約319億円となっており、YoYでは約3.9%の成長をしていますが、QoQでは減少傾向となっております。

前回と引き続きディスプレイ広告の伸びはYoYで約42.9%と高い成長率を誇っておりいますが、アカウント広告がYoYで-12.9%となっています。

ディスプレイ広告の好調の要因は、LINE NEWS及びスマートチャンネル広告のインプレッション増加が好調の要因です。

LINE(ライン)の2020年第2四半期(前四半期)のコミュニケーション・コンテンツ事業業績

LINE:コア事業(コミュニケーション・コンテンツ)

コア事業のコミュニケーション・コンテンツ事業ですが、最新の売上高は約187億円となっており、YoYで約5.3%と堅調に成長しています。

特にコンテンツ事業のLINEマンガとLINE MUSICが堅調に成長しており、それぞれLINEマンガがYoYで約20.4%、LINE MUSICはYoYで約35.9%と大きく成長しています。

新型コロナウイルスの影響により、在宅時間が増えたことや積極的なマーケティング施策を講じたことが要因となっています。

LINE(ライン)の2020年第2四半期(前四半期)のLINE Pay事業業績

LINE pay業績

戦略事業のLINE Payですが堅調に取扱高やMAUが増加しており、YoYで27.5%成長しており、引き続き、大規模なマーケティングに頼らず、クーポンの提供などユーザーの利用頻度を向上させる施策が功を奏しています。

LINE(ライン)の2020年第2四半期(前四半期)のO2O・コマース事業業績

LINE:O2O・コマース

新規事業のO2O・コマース事業ですが、ショッピング領域の取扱高の成長率はYoYで24.3%と非常に高くなっていますがQoQでは、横ばい傾向となっています。

グルメ領域のLINEデリマも出前館に300億円の出資を行い資本業務提携を発表したグルメ領域では、コロナの影響もあって業績はYoYで66.8%と大幅に成長しており、この傾向は来期以降も引き続き続くことが予想されます。

逆にトラベル領域はYoYで、マイナス81.2%となっており、かなり苦しい結果となっております。

メガベンチャー:LINE(ライン)の2020年第3四半期(最新四半期)の決算情報

それでは、上記の前回の決算情報を踏まえて、LINE(ライン)の最新の四半期決算を見てみたいと思います。

LINE(ライン)の2020年第3四半期(最新四半期)の全体業績

LINE:全体売上

LINE:四半期業績

四半期の業績ですが、売上高は約628億円でトレンドとしてはYoYでは約12.3%の上昇トレンドの成長で、QoQでも約7.7%とともに上昇傾向です。

特に、広告事業と戦略事業は成長となっています。

LINE:セグメント別売上高

LINE:営業利益

全体の営業利益は約211億円となっており、前四半期比較だと、黒字に転換しており、主に費用が変わらないものの、LINE Digital Frontirer株式会社の株式をWebtoon Entertainment者に181億円で譲渡して、営業収益が上昇したことが要因となっています。

LINE(ライン)の2020年第3四半期(最新四半期)の広告事業業績

LINE:広告事業

コア事業の広告事業ですが、四半期の売上高は約356億円となっており、YoYでは約16.3%の成長をしています。

前回と引き続きディスプレイ広告の伸びはYoYで約52.9%と高い成長率を誇っておりいますが、アカウント広告がYoYで-3.8%となっています。

ディスプレイ広告の好調の要因は、スマートチャンネルの動画フォーマットとなる「Talk Head View」の需要が好調だったことと、広告インプレッションの増加に加えて、広告単価の改善があります。

LINE(ライン)の2020年第3四半期(最新四半期)のコミュニケーション・コンテンツ事業業績

LINE:コミュニケーション・コンテンツ事業

コア事業のコミュニケーション・コンテンツ事業ですが、売上高は約179億円となっており、YoYで約0.5%とマイナス成長となっています。

コンテンツ事業のLINEマンガとLINE MUSICは堅調に成長しており、それぞれLINEマンガがYoYで約31.5%、LINE MUSICはYoYで約36.2%と大きく成長しています。

しかし、その他のコア事業がYoYで54.3%、QoQで25.7%のマイナス成長となっています。

LINE(ライン)の2020年第3四半期(最新四半期)のLINE Pay事業業績

LINE pay 事業業績

戦略事業のLINE Payですが堅調に取扱高やMAUが増加しており、グローバル取扱高はYoYで60.1%と大幅成長しています。

要因としては、新型コロナウイルスの影響による非接触の決済ニーズが高まったことや、クーポンの提供などユーザーが利用頻度高く決済に繋がる施策を講じたことです。

また、Visa LINE Pay クレジットカードの取扱高や利用者も増加しています。

LINE(ライン)の2020年第3四半期(最新四半期)のO2O・コマース事業業績

LINE:O2O/コマース事業

新規事業のO2O・コマース事業ですが、ショッピング領域の取扱高の成長率は、SHOPPING GOの終了に伴う影響により、YoYで- 20.4%とマイナス成長となっています。

グルメ領域は、前四半期と比較すると落ち着いていますが、YoYで34.9%となっており、トラベル領域の取扱高も復調気味になってきています。

最近の決算情報から読み取れるLINE(ライン)の戦略についての考察

前述したように、2019年11月にYahoo!とLINEの統合発表され、合併完了の見込みは2020年10月となっており、最終的には新生Zホールディングス(Yahoo!)がソフトバンクとNAVERが50%ずつ出資する共同保有の企業となり、LINEはその傘下企業として統合される形になります。

そのような状況の中で、直近の決算からLINE(ライン)では以下のような戦略が考えられます。

■戦略考察

・全体戦略:広告やコミュニケーションなどのコア事業で稼いだ利益分を、新規の戦略事業へ投資。

・広告事業:B向けの公式アカウント数の拡張とそのマネタイズにより収益の拡大と、ディスプレイ広告の拡張。

・LINE Pay事業:Yahoo!(Zホールディングス)と統合し、スーパーアプリ構想を実現。

・O2O事業:特にグルメ領域は出前館との資本業務提携などにより、シェアの拡大。

Yahoo!とLINEの事業シナジー

LINE とYahoo!(Zホールディングス)では、被っている事業領域も多く、両者の統合によって、どうなるのかが気になるところだと思います。

特にコマース領域と、Fintech領域については競合となっている場合も多いため、マーケティングや営業獲得の効率化を狙って、中長期的にサービスの統合が進んでいく可能性もあり、特にQRコード決済事業は、メルカリがorigamiを買収したように、早い段階で統合を進めて、一気にシェアを拡大していく可能性もあります。

他メガベンチャーと比較したLINE(ライン)の年収ランキング

最後に、転職を検討するにあたって、年収は非常に気になるポイントですよね?

そこで、LINE(ライン)の平均年収を他のメガベンチャーと比較してみたいと思います。

メガベンチャー平均年収比較表

このように、LINE(ライン)の現在の平均年収は約770万円となっており、他のITメガベンチャーと比較すると5番目に位置しています。

ちなみに、他のメガベンチャーの業績についての情報が知りたい場合は、こちらの▶︎ 転職おすすめのメガベンチャー!平均年収や時価総額でランキング比較 の記事を参考にしてみてください。

まとめ

中途でも第二新卒でも転職に人気のメガベンチャー企業のLINE(ライン)の業績・決算についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

メガベンチャーへの転職の採用基準は高いため、質の高いエージェントが多くいる転職エージェントサービスを利用して、転職の支援実績が豊富なエージェントに支援をしてもらうのが転職成功の何よりのポイントとなります。

転職など自分から環境を変えることは、「面倒臭い」、「気が乗らない」という気持ちはあると思います。

しかし、悶々とした気持ちで働き続けることは、圧倒的に人生の時間を無駄にしているのと、人生のリスクを増やしている行為になるので

やらない後悔よりは、まず行動してみて、行動しながら考える方が生産的になると思います。

もし、少しでも迷っているようなら、完全無料なのでまずは登録して気軽に転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは様々な会社がありますが、結論から申し上げると、下に紹介している6社がおすすめです。

ビジネス職と、エンジニア職にそれぞれにオススメな3社を紹介します。

ビジネス職向けエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

メガベンチャーのビジネス職向けエージェントはこの3社がおすすめです。試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

メガベンチャーのビジネス職向けエージェント3選

リクルートエージェント | 20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け | 転職実績No.1の最大級の転職サイト

JRC Recruiment | 20代~30代で年収600万以上を目指す人向け | 非公開求人の割合が50%

ランスタッド |20代の若手から30代のミドルの人でハイクラスキャリアを目指す人向け |年収1000万円クラス案件多数

リクルートエージェント


・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け

リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1の転職エージェントサービスです。

特徴としては、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しているため、転職が初めての人も安心して転職活動を行うことができます。

また、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が20万件以上があり、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。

JAC Recruitment

・こんな人にオススメ:20代~30代で年収600万以上を目指す人、業界スペシャリストになりたい人(人事、営業、マーケティング、経理など)

JAC Recruitment は東証1部に上場している国内最大級の転職サイトでハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントです。

1988年から累計約43万人の転職実績があり、特徴としては非公開の案件が豊富(約50%の割合)で約25,000社の企業と取引があり、あらゆる業界・職種の企業から多数の求人を保有しています。通常、求人を紹介するコンサルタントと企業コンサルタントは別になっていることが多いですが、JAC Recruitment の場合は求人を紹介するコンサルタントが企業に直接訪問しているため、企業の文化や風土、事業戦略までも把握して、他では得られないリアルな情報を得ることができます。

ランスタッド

・こんな人にオススメ:20代の若手から30代のミドルの人でハイクラスキャリアを目指したい人

ランスタッドは1960年にオランダで生まれ、現在世界39の国と地域に4400以上の拠点を置く、世界最大級の総合人材サービス企業です。

少数精鋭の敏腕コンサルタントが、一人ひとりの専任担当者として、スキルやご経験だけでなく、中・長期的なキャリアプランも見据えた最適な求人を提案してくれ、初回面談から転職の成功まできちんとサポートしてくるため、安心して転職活動を進めることができます。

エンジニア向け特化のエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

メガベンチャーのエンジニア向けエージェントはこの3社がおすすめです。試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

メガベンチャーのエンジニア向けエージェント3選

TechClipsエージェント| 年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人 | 利用者の93%が年収アップ実績

レバテックエキスパート| 年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人 | ハイクラスエンジニアの10年以上の支援実績

Tech Stars Agent | WEB・ゲーム事業に携わりたい人 | 700社以上の企業とのリレーション

TechClipsエージェント

・こんな人にオススメ:年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人、高収入&高待遇で転職したい人

 

TechClips(テッククリップス)エージェントは、高年収&将来のキャリアプランを重視したITエンジニアの専門の転職エージェントサービスで、高収入&高待遇に特化しています。

さらに、大手転職会社にはない現職のエンジニアがコンサルティングを行うので安心して相談することができます。

レバテックエキスパート

・こんな人にオススメ:年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人、新規事業に携わってキャリアアップしたい人

レバテックエキスパートは、ハイクラスのエンジニアとクリエイターに特化した転職サービスで、レバテックは10年以上の支援実績があり、保有求人数は業界トップクラスです。

年間累計3,000回以上の企業訪問でCTOやPMと頻繁にミーティングを実施し、深い信頼関係から好条件求人を獲得しており、ハイクラス人材の採用を前提とした新規事業の立ち上げを行うこともあるそうで、そういった新規事業に携わって、キャリアアップを目指したい人にオススメです。

Tech Stars Agent

・こんな人にオススメ:WEB・ゲーム事業に携わりたい人

Tech Stars Agent は、IT・ゲーム業界特化型の転職エージェントでIT・WEB・ゲーム業界に精通したプロのキャリアコンサルタントがきめ細かな面談を行います。

キャリアコンサルタントはメンバー全員がエンジニア経験や転職/独立支援の豊富な実績を持ち、きめ細かく面談をサポートしてくれます。

エンジニア出身のキャリアコンサルタント最適な職場が提案してくれるので、転職後のミスマッチも起こりにくいのが特徴です。

エージェントの利用する時の流れ・手順

エージェントを利用する時の流れや手順については一般的にはどこも似たようなものですが、一応、一般的なエージェントの利用の流れについて書いておきます。

①会員登録

基本的に上記の画像をタップして、エージェントの公式HPに飛び、個人情報を入力していけば5分もかからずに終わります。

②担当アドバイザーと面談

登録が終了すると、面談がありますが、キャリアの棚卸しや今、どんな会社が人気なのかなどの情報収取もできます。

③案件紹介→案件決定

④実際に案件に参画

ITベンチャー企業研究カテゴリの最新記事