>
カジュアル面談は事実上の選考!落ちないために準備すべきことや進め方のコツ
悩んでいる人
悩んでいる人
転職活動を考えていて(行なっていて)、カジュアル面談について色々知りたいです。

困っていること、知りたいこと

転職活動をしたことがなくて、カジュアル面談とはどんなものなのか、あまりよく知らない

カジュアル面談は面接とは何が違うのか知りたい

カジュアル面談は選考しないと言うが、実際はどのような感じなのか知りたい

こんな疑問や不安を持っている人のお悩みにお答えします!

筆者の私は、転職3回、計50社ほどの大手企業からベンチャー企業までの選考の受けた経験や、自身もSaaS企業でCOOとして人事業務で選考設計や面接官も務めた経験などを元に記事を製作しております。
CareerBiz編集長
CareerBiz編集長

そこで、今回は転職活動のカジュアル面談で失敗や後悔をしたくないあなたに、

・転職活動における、カジュアル面談とは

・カジュアル面談の目的とゴール

・カジュアル面談のメリットとデメリット

・カジュアル面談の内容と流れ

・カジュアル面談の前に準備するべきこと

・カジュアル面談の進め方のコツ

・カジュアル面談での効果的な逆質問

を、わかりやすく解説していきたいと思います。

転職活動における、カジュアル面談とは何か

カジュアル面談

最近では、転職活動をする際にカジュアル面談というものを行う企業が増えてきました。

カジュアル面談はここ数年では、新卒採用でも実施する会社もあるようですが、それ以前に就活生だった人にとっては、新卒の就活の頃には聞いたことない人がほとんどだと思いますし、実際に面接の違いが何なのかわからないと不安や心配になる人も多いと思います。

また、カジュアルと言っても、具体的にどのような形式で面談するのかイメージしにくいかと思います。

カジュアル面談とは、「面接等の選考を行う前にお互いが聞きたいことをざっくばらんに話し、情報を交換しましょう」という面接よりも軽いスタンスで行われる採用活動の一環です。

あくまで面接とは違い、選考をしないという場合が多く、イメージとしては、企業説明と質疑応答の時間と考えても差し支えはないと思います。

というのは、建前です。

実際にはガッツリ選考をしているわけでもないですが、その人に選考に進んでもらいたいかどうかくらいはチェックしているため、事実上、選考の要素があることは否定できません。

実施に、私もエージェント経由で事前にカジュアル面談でお願いしますとお願いしていたものの、面談後に、選考に落ちました的なニュアンスの返答がきたこともあります。

カジュアル面談の目的とゴール

ゴール

次に、カジュアル面談の目的とゴールとは何なのか紹介したいと思います。

まず、カジュアル面談をただ漠然と情報交換を行う場として考えるのではなく、明確な目的とゴール設定を行ってから面談をした方が有意義な時間にすることができます。

そのため、必ずそういったスタンスで是非臨んでみてください。

カジュアル面談の目的とゴールは以下のような形で設定することがオススメです。

・会社HPなどではわからないことについて知る機会にする。

※特に、会社の実際の雰囲気、現在働いている人の実際の雰囲気など

・事業や会社の方向性・戦略について具体的に知る。

・自分が関わるとしたらどのような職種や仕事内容になりそうかを知る。

特に転職を失敗しないためには、会社との情報の格差を無くす(知らないことや曖昧な点を出来るだけ無くす)ことが非常に重要です。

転職後に「思っていたのと違った」、「そんなこと聞いてなかった」と思った後ではもう遅いです。

そのため、きちんとカジュアル面談という場を有効に活用して、上記のような目的やゴールをハッキリさせて臨みましょう。

カジュアル面談のメリットとデメリット

メリットデメリット

では、実際にカジュアル面談には、候補者にとって、どんなメリットとデメリットがあるのかご紹介いたします。

カジュアル面談のメリット

カジュアル面談には主に以下の4つのメリットがあります。

・面接前に事前に企業側に質問ができるため、企業への理解度を深めることができる。

・面接前に会社の雰囲気や人の雰囲気を知ることができる。

・面接前に企業が採用したいと考えている人材像や人材要件を知ることができる。

・面接前にお互いのことを知り、事前にミスマッチを防ぐことができる。

基本的には面接の前に様々な情報を知る機会として有効になるのがカジュアル面談です。

また、カジュアル面談は人事の人だけでなく、経営陣や現場で働くメンバーなども参加してもらえる場合などがあります。

その時には、実際その会社で働いてみてどうなのかなど、会社の雰囲気や働く様子、働く上でのモチベーションなどを聞いてみると、より有意義な場にすることができるでしょう。

カジュアル面談のデメリット

逆にカジュアル面談には主に以下の2つのデメリットもあります。

・準備を行わないとただ企業の一般的な説明だけを聞いて終わってしまう。

・カジュアル面談は選考を行わないという前提だが、準備不足で臨むと先方から悪い印象で終わってしまう。

当たり前の話ですが、事前の準備もせずにカジュアル面談を行っても、有意義な時間にすることはできません。

逆に企業からすれば、わざわざ貴方のために時間を作っているのです。

そのため、準備もせずに臨んだことがわかるような態度であれば、面接のように選考をしないという前提でも逆に印象が悪くなってしまうこともあります。

カジュアル面談の内容と流れ

カジュアル面談は主な以下のような内容や流れで行われるパターンが多いです。

■カジュアル面談の内容や流れ

①人事などの担当者からの企業についての概要説明

※会社についての紹介(ビジョン、ミッション、バリュー、社長、社員等についての紹介)

※事業についての紹介

②候補者からの質疑応答

③企業側からの質疑応答

企業にもよりますが、大抵は情報交換の側面だけではなく、候補者の人のことをもっと深く知りたいという前置きで、③のような事実上の面接のような選考が行われているパターンが多いのが実態です。

私もカジュアル面談をお願いしていたつもりなのに、60分のうち、45分くらい質問攻めにあったこともありました。

企業側も忙しい中で時間を候補者のために使うため、効率化という意味で良いと判断した人は面接に進んでもらいたい、微妙と判断とした人は面談で残念ながら選考を終わらせたいという気持ちが働いてしまうのは致し方ないとも思います。

そのため、面談を終えてから企業側が候補者に興味がないと判断された場合は、以下のようなことになることもあります。

・選考を受けたい旨の連絡しても連絡が返ってこない。

・(エージェント経由の場合)それとなく、企業側からカルチャーと合わなそうなどのネガティブな連絡が来る。

気軽に情報交換のために面談していたつもりで、面談後に志望度が高まってせっかく興味を持って選考を受けようとしたのに、裏で選考を落とされていたら悲しすぎますよね?

しかし、実態ではカジュアル面談を通じて選考自体が落とされてしまうということは、しばしばあります。

そこでカジュアル面談に行く前に行うべき「準備」について解説したいと思います。

カジュアル面談の前に準備するべきこと

仕事の準備

基本的には、以下の3つの観点を事前にHPなどから把握して、カジュアル面談に臨むことをおすすめします。

会社の業績や業界全体の傾向について知る。

会社の事業のビジネスモデルについて知る。

会社の社長や経営幹部の経歴について知る。

それぞれの3つの観点の詳しい準備するべき理由や具体的な準備の方法を以下の記事に詳しく記載していますので、

こちらの記事、▶ 転職は面接前の準備が9割!面接で合格率を上げる面接準備のノウハウ も合わせてご覧になってみてください。

カジュアル面談の進め方のコツ

カジュアル面談の進め方のコツ

結論から申し上げると、カジュアル面談の進め方のコツとしては、以下の2点を気をつけながら行うことをおすすめします。

①カジュアル面談の目的とゴールを最初に伝える

②面談中に気になったことはメモして、最後の質問タイムで質問を行う

特に1つ目の、「カジュアル面談の目的とゴールを最初に伝える」はかなり重要なのと、大抵の人がやらない行為だったりします。

具体的には、軽い挨拶や自己紹介の後に、以下のように伝えるのがおすすめです。

本日は、お時間取っていただき、誠にありがとうございます。

本日のカジュアル面談ですが、御社については調べられる範囲で事前に調べてきたものの、調べる中で疑問に思った点や、私個人が知りたいなと思った点に関しまして、諸々お聞かせ頂けましたら幸いです。

もちろん、カジュアル面談はお互いを知る機会だと思いますので、私に関しても気になることございましたら、できる限り何でもお応えしますので、本日はどうぞよろしくお願いいたします。

このように、カジュアル面談の冒頭の方に自ら、今回の面談の目的やゴールを相手に自ら提示することで、主導権を握り、面接のような雰囲気を無くすことができます。

※ちなみに、上記の例文では目的やゴールという単語を使っていませんが、それは口調として柔らかい感じにするためです。(恐らく、目的やゴールという単語をそのまま使ってしまうと、相手も少しかしこまってしまう可能性があります。)

さらに、このようにしっかりと目的意識があるように見せることは、人事などからすると、かなりポジティブに見えるため好印象になるため、是非試して頂けると効果的にカジュアル面談を進めることができると思います。

そのため、先ほど申し上げたように、カジュアル面談前の準備は非常に重要となります。

カジュアル面談での効果的な逆質問について

カジュアル面談質問

先ほどは、カジュアル面談の効果的な進め方のコツを紹介しましたが、カジュアル面談では逆質問という、最後の質問タイムがあり、実はこの逆質問も非常に重要な要素となっています。

カジュアル面談では、しっかりと自分の疑問を質問して、解消することは大事です。

しかし、それ以上にカジュアル面談での逆質問が大事な理由は、自己PRを行うチャンスにできるからです。

単純に自分の聞きたいことを聞く場ではなく、自分がいかに優秀そうなのか、成果を残しそうなのかと採用してみたいと印象付けることがとても重要です。

具体的には、事業の構造や大事そうなポイントを理解していることを前提として逆質問ができると効果的な場合が多いです。

ただし、相手のことを批判するような、相手の痛いところを突くような質問の仕方には気をつけなければなりません。

具体的には以下のような形で質問すると良いでしょう。

御社の人材紹介のビジネスモデルを考えると、転職希望者の人を効率的に集客して仕入れコストを下げることが重要だと思うのですが、今回、私がご連絡させていただくきっかけとなったオウンドメディアからの集客がうまくいってるからなのでしょうか?

門外漢なので、もし仮説が外れていたら恐縮なのですが、それとも、オウンドメディア以外に他に有効な集客チャネルが存在するのでしょうか?

ここでのポイントは以下のことです。

・ビジネスモデルをおおよそ理解をしていることを伝える。

・自分なりの仮説を伝える。

・仮説が外れている可能性も考えて、他の選択肢について質問して、ビジネス自体に興味があるように伝える。

逆に以下のように課題と解決策をセットで求めて、詰めるような形で質問をしてしますと、相手からの印象が悪くなってしまうと思うので、気をつけてください。

御社の人材紹介のビジネスモデルを考えると、転職希望者の人を効率的に集客して仕入れコストを下げることが重要だと思うのですが、御社の現在の施策はどのようにやられており、その中で大きな課題は何でしょうか?さらに、その課題を解決するための有効な施策はどのようにお考えでしょうか?

さらに具体的に逆質問について知りたい人はこちらの記事▶【面接の逆質問対策】転職の面接で合否を分ける逆質問の失敗しない方法 をご覧になってみてください。

まとめ

カジュアル面談についてや、カジュアル面談に落ちないために準備すべきことや、カジュアル面談の進め方のコツについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

転職など自分から環境を変えることは、「面倒臭い」、「気が乗らない」という気持ちはあると思います。

しかし、悶々とした気持ちで働き続けることは、圧倒的に人生の時間を無駄にしているのと、人生のリスクを増やしている行為になるので

やらない後悔よりは、まず行動してみて、行動しながら考える方が生産的になると思います。

もし、少しでも迷っているようなら、この記事を参考に、戦略的な転職の軸を整理した上で、完全無料なのでまずは登録して気軽に転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは様々な会社がありますが、結論から申し上げると、下に紹介している6社がおすすめです。

ビジネス職向けとエンジニア・クリエイター(デザイナー)向けにそれぞれ、3社ずつ紹介しています。

ビジネス職向けエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

※登録もエージェントとの面談も全て無料です。

エージェントの利用する時の流れ・手順

エージェントを利用する時の流れや手順については、こちらになります。

①会員登録(※登録は無料です)

基本的に下記の画像をタップして、エージェントの公式HPに飛び、必要な情報を入力します。(5分もかからずに終わります。)

②担当アドバイザーと面談(※面談は無料です)

登録が終了すると、面談がありますが、キャリアの棚卸しや今、どんな会社が人気なのかなどの情報収取もできます。

③案件紹介→案件決定(※案件紹介も無料です)

④実際に案件の面接等に参加

ビジネス職向けエージェントはこの3社がおすすめです。

試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

しかし、転職エージェント選びで成功するためには担当との相性も大事なので、下記のまとめて登録することをおすすめします。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

ビジネス職向けエージェント3選

リクルートエージェント | 20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け | 転職実績No.1の最大級の転職サイト

JRC Recruiment | 20代~30代で年収600万以上を目指す人向け | 非公開求人の割合が50%

doda |20代の若手から30代のミドルの人で非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介

リクルートエージェント


・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け

リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1の転職エージェントサービスです。

特徴としては、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しているため、転職が初めての人も安心して転職活動を行うことができます。

また、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が20万件以上があり、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。

JAC Recruitment

・こんな人にオススメ:20代~30代で年収600万以上を目指す人、業界スペシャリストになりたい人(人事、営業、マーケティング、経理など)

JAC Recruitment は東証1部に上場している国内最大級の転職サイトでハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントです。

1988年から累計約43万人の転職実績があり、特徴としては非公開の案件が豊富(約50%の割合)で約25,000社の企業と取引があり、あらゆる業界・職種の企業から多数の求人を保有しています。通常、求人を紹介するコンサルタントと企業コンサルタントは別になっていることが多いですが、JAC Recruitment の場合は求人を紹介するコンサルタントが企業に直接訪問しているため、企業の文化や風土、事業戦略までも把握して、他では得られないリアルな情報を得ることができます。

doda

・こんな人にオススメ:20代の若手から30代のミドルの人で非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介

dodaはパーソルキャリアの求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトで、エージェント業界No.2のサービスです。

まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができ、自分に合わせた転職活動を行うことができます。

特に案件の量には定評があり、大手・優良企業からベンチャー企業まで、常時豊富な求人情報を掲載しており、非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介してくれます。

エンジニア向け特化のエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

エンジニア向けエージェントはこの3社がおすすめです。試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

エンジニア向けエージェント3選

TechClipsエージェント| 年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人 | 利用者の93%が年収アップ実績

レバテックエキスパート| 年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人 | ハイクラスエンジニアの10年以上の支援実績

Tech Stars Agent | WEB・ゲーム事業に携わりたい人 | 700社以上の企業とのリレーション

TechClipsエージェント

・こんな人にオススメ:年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人、高収入&高待遇で転職したい人

 

TechClips(テッククリップス)エージェントは、高年収&将来のキャリアプランを重視したITエンジニアの専門の転職エージェントサービスで、高収入&高待遇に特化しています。

さらに、大手転職会社にはない現職のエンジニアがコンサルティングを行うので安心して相談することができます。

レバテックエキスパート

・こんな人にオススメ:年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人、新規事業に携わってキャリアアップしたい人

レバテックエキスパートは、ハイクラスのエンジニアとクリエイターに特化した転職サービスで、レバテックは10年以上の支援実績があり、保有求人数は業界トップクラスです。

年間累計3,000回以上の企業訪問でCTOやPMと頻繁にミーティングを実施し、深い信頼関係から好条件求人を獲得しており、ハイクラス人材の採用を前提とした新規事業の立ち上げを行うこともあるそうで、そういった新規事業に携わって、キャリアアップを目指したい人にオススメです。

Tech Stars Agent

・こんな人にオススメ:WEB・ゲーム事業に携わりたい人

Tech Stars Agent は、IT・ゲーム業界特化型の転職エージェントでIT・WEB・ゲーム業界に精通したプロのキャリアコンサルタントがきめ細かな面談を行います。

キャリアコンサルタントはメンバー全員がエンジニア経験や転職/独立支援の豊富な実績を持ち、きめ細かく面談をサポートしてくれます。

エンジニア出身のキャリアコンサルタント最適な職場が提案してくれるので、転職後のミスマッチも起こりにくいのが特徴です。

転職求人サイトまとめ【エージェントとの面談が面倒な人向け】

転職活動は何となく考えているけど、実際にエージェントとの面談とかまでは、面倒くさいと考えてしまう人には、転職求人サイトの活用をおすすめします。

転職求人サイトの利用する時の流れ・手順

転職求人サイトを利用する時の流れや手順については、こちらになります。

①会員登録(※登録は無料です)

下記の画像をタップして、転職求人サイトの公式HPに飛び、必要な情報を入力します。(3分もかからずに終わります。)

②職務経歴書や経歴データなどを入力、アップロード(※事前に、職務経歴書があれば、5分で完了)

③スカウトメールの受信

スカウトメールは、職務経歴書をアップロードしたり、経歴データを入力しないと、企業側がスカウトメールを送信しません。

求人サイトは、必要情報や履歴書など登録して、自ら気になる企業へ応募することもできますが、企業から、あなたにスカウトがやって来るため、自分がどの会社から評価されるのかなども知ることができます。

全て無料で、たくさんのスカウトを受け取るために、職務経歴書のアップロードと、経歴データの入力は必ず充実させましょう!

おすすめの転職求人サイト3選

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』| 年収600万円以上を目指す全ての方におすすめ!

挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」| 20代~30代の人で初めて転職活動で不安な人向け(自分の好みにマッチした求人が自動的にレコメンドされます)

リクナビNEXT  | 20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け(掲載求人数がNo.1サービスで、企業とのマッチング度合いも診断できる「グッドポイント診断」もオススメ)

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

・こんな人にオススメ:年収600万円以上を目指す全ての方におすすめ!

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』は、会員数8万名以上、日本最大級の転職サイトです。

即戦力採用ならビズリーチ」というTVCMでおなじみの人も多いかもしれないです。)

現在会員数80,000名以上が利用しており、11万件以上の求人が検索ができる求人検索機能に加えて、ヘッドハンターの検索やスカウト機能もあるサービスとなっています。

挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」

・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動で不安な人向け(自分の好みにマッチした求人が自動的にレコメンドされます)

「キャリトレ」は、1日5分、レコメンドされる求人に対して「興味がある」を選択することで、自分の本当の価値や新しい可能性を発見できる転職サイトです。

「キャリトレ」がすごいのは、1日ずつレコメンドされる求人のなかから「興味がある」求人を選択するだけで、AIがより自分にマッチした志向性に合う求人がレコメンドされたり、企業からスカウトが届くようになります。

そのため、使えば使うほど、AIがあなたの好みを学習してくれて、自分のキャリアの可能性を発見することができます。

リクナビNEXT

・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け(掲載求人数がNo.1サービスで、企業とのマッチング度合いも診断できる「グッドポイント診断」もオススメ)

リクナビNEXT は、20代の約200件の口コミ調査の結果、どの指標においてもNo.1で、全ての人におすすめできる転職サイトです。

機能面では、「サイトの操作性」「求人情報の見やすさ」「スカウト機能」の3つが優れているため、非常に使いやすいです。

さらに、リクナビNEXTには、『グッドポイント診断』と呼ばれる評判のサービスがあり、これは、会員登録すると、無料で使えるサービスで、質問に答えていくと自己分析と自分の強みが知ることができます。

転職初心者カテゴリの最新記事