>
IT×教育業界のベンチャーへ転職!業界情報や転職おすすめのベンチャー一覧
悩んでいる人
悩んでいる人
IT×教育ベンチャーへの転職を考えていて、転職におすすめのIT×教育ベンチャー企業について色々知りたいです。

困っていること、知りたいこと

転職エージェントから、教育系ベンチャー・スタートアップをおすすめされたけど、初めて会社名などを聞いた!

教育系ベンチャーへの転職を考えているけど、業界動向やおすすめの企業などもっと詳しいことを知りたい!

こんな疑問を持っている人のお悩みにお答えします!

筆者の私は、転職3回、計50社ほどの大手企業からベンチャー企業までの選考の受けた経験や、自身もSaaS企業でCOOを務めた経験などを元に記事を製作しております。
CareerBiz編集長
CareerBiz編集長

現在、教育系ベンチャー業界(Edtech)はIT業界の中で最も盛り上がっている事業領域の1つと言われています。

そこで、今回は教育系ベンチャー業界について知りたい、転職を考えているあなたに、

・IT×教育系ベンチャー(Edtech)とは?

・IT×教育系ベンチャー業界(Edtech)の主な事業領域の紹介

・IT×教育系ベンチャー業界(Edtech)の業界動向や注目されている理由の紹介

・転職におすすめのIT×教育業界のベンチャーやスタートアップ企業の紹介

などを、わかりやすく解説していきたいと思います。

目次

教育系ベンチャー業界(Edtech)とは?

まず、教育系ベンチャー業界とは何なのか解説したいと思います。

ちなみに、教育系ベンチャー業界はEdtech、eラーニングなどと呼ばれることもあります。

画像引用:https://info.studyplus.co.jp/2017/09/21/278

上記の図は、日本国内の主な教育系ベンチャー(スタートアップ)業界をまとめた図(カオスマップ)となります。

さらに上記のカテゴリーの中でより盛り上がっている領域を紹介したいと思います。

①学習管理サービス(LMS)

学習管理サービスとは、インターネットやパソコン/スマートフォンで学習を行うことができるeラーニングで、ユーザーが日々の学習状況を記録したり、場合によってはユーザー同士でコミュニケーションが取って相互学習が取れるようなコミュニティー機能を提供をしていたりすることができます。

また、これを塾や学校側に提供しているサービスなどもあり、そういった場合には生徒の学習の進捗管理なども行うことができたりします。

また、学習管理システムはLMSと略されることもあり、LMSはLearning Management Systemの略です。

②映像授業・オンラインスクール

こちらは数十年前から大手の予備校なども導入して、割と認知度の高いサービスかと思います。

昨今では、スマホやタブレットの普及と4Gや5Gなどの通信速度の進化などにより、普及がより進んでいき、今後もより普及していくと予想されます。

③プログラミング教育

現在、最も教育系ベンチャー業界で盛り上がっているのが、このプログラミング教育です。

プログラミング教育は小学生を対象にしたサービスから、エンジニアに転職を考えている社会人向けのものまで多岐にサービスが渡ります。

また、映像授業だけを見て自分自身で学んでいくスタイルのサービスもあれば、しっかりとメンターが一緒に伴走してくれてプログラミングを学ぶことができるサービスもあります。

④オンライン英会話

オンライン英会話は、フィリピンなどの講師を取り揃えて人件費と、オンライン学習により以前の駅前の英会話教室とは違い、土地代などの固定費を圧倒的に抑えることで、低価格を武器に事業参入する会社も増え、数年ほど前から引き続き伸びている市場であります。

教育系ベンチャー(スタートアップ)の業界傾向

画像引用:ICTとの融合で特定の産業がどう変化するか(https://www.sbbit.jp/article/cont1/34438)

現在、教育系ベンチャー(スタートアップ)の市場規模は、全世界ではありますが、年次成長率約15~20%で約3兆円ほどの規模で、2022年には約4兆円億円に達する見通しとなっています。

それでは、何故教育(Edtech)分野の市場規模が伸びてきているのかを解説したいと思います。

主に教育(Edtech)分野における市場規模が伸びてきている理由としては、以下の3つが大きな要因と考えられます。

①2020年から小学校3年生からの英語教育の必須化とプログラミング教育の必須化。

②文科省が掲げていた「2020年までに、小中学校において一人一台情報端末」という目標は降ろされたものの、文科省主導での学校現場のICT化の流れ。

③スマホやタブレット端末の普及と4G、5Gなどの通信速度の進化により、より快適な環境で動画コンテンツなどで学習を行うことができる。

日本は少子化の問題が大きく、今後、日本経済を支えていくためには一人当たりの生産性を向上させていくことが必須のため、このように国が主導している背景があります。

転職におすすめのIT×教育ベンチャー・スタートアップ

それでは、転職におすすめの教育ベンチャー(スタートアップ)企業を紹介したいと思います。

転職におすすめのIT×教育ベンチャー・スタートアップ①:atama+(アタマプラス)

最初に紹介するのは、2019年5月にわずか創業2年で15億円を調達して、急成長を遂げているatama+(アタマプラス)です。

atama+(アタマプラス)は、2017年4月に三井物産出身で、海外EdTech投資責任者等歴任した稲田大輔氏によって設立されました。

事業のatama+(アタマプラス)はAI(人工知能)を活用したラーニングシステムで、以下のような特徴を持っているサービスです。

・AIが一人ひとりすべて違う理解度・学習履歴・ミスの傾向・その日の集中度などに合わせ、世界にひとつだけの、その生徒専用のカリキュラムを自動作成してくれる。

・AIが生徒の集中度や学習の進捗をリアルタイムで解析、先生のタブレットへ通知してくれ、学習を管理することができる。

・AIが塾内での学習状況にもとづき、生徒のスマホに一人ひとり最適化した宿題を配信してくれる。

大手だと、駿台予備校や明光義塾なども導入しており、また地方大手の学習塾にも多数導入されており、業績も2018年時点で導入実績は、100教室でしたが、500教室以上に拡大し続けています。

2019年5月に15億円もの大型資金調達して、累計調達額は20億円にもなります。

資金の使用用途は、開発スピードを更に加速し、一人ひとりの生徒の満足度を最大化できるプロダクトの強化及び、学習塾各社へのサポート体制の強化するとのことで、今後の成長に期待の企業です。

転職におすすめの教育ベンチャー②:Studyplus(スタディプラス)

次に紹介するのは、Studyplus(スタディプラス)です。

Studyplus(スタディプラス)は、2010年5月に慶應義塾大学法学部在学中の廣瀬 高志氏によって、自分の大学受験での原体験をもとに設立されました。

Studyplus(スタディプラス)は2020年1月に7億円の大型の資金調達をしている企業です。

事業は「学ぶ喜びをすべての人へ」ということをミッションに、以下の3つを中心に展開しています。

・Studyplus(スタディプラス):学習記録の可視化と、同じ目標を目指す仲間とのSNSサービス。

・Studyplus for school:教育機関向け学習管理サービス。

・PORTO(ポルト):全ての教科の参考書が月額980円(税抜き)で利用できる電子参考書のサブスクリプションサービス。

Studyplus(スタディプラス)は受験生の3人に1人が使っているサービスで、会員数は約500万人にも及びます。

また、教育事業者向けSaaSのStudyplus for Schoolも主に中学生、高校生を対象とする全国の学習塾・予備校約500校以上に導入が進むなど拡大中で、今後の成長に期待の企業です。

転職におすすめの教育ベンチャー③:Life is Tech(ライフイズテック)

次に紹介するのは、中学生、高校生向け IT・プログラミング教育サービスを展開しているLife is Tech(ライフイズテック)です。

Life is Tech(ライフイズテック)は、2010年に元株式会社ワイキューブ出身の水野 雄介氏によって、設立されました。

Life is Tech(ライフイズテック)は2019年11月に約15億円の大型の資金調達も行なっています。

事業は4~5日間でプログラミングやデジタルアートを学ぶ短期集中プログラムのITキャンプや、ディズニーとコラボしたプログラミング学習の入門教材「テクノロジア魔法学校」の販売も行なっています。

また、このような中学生、高校生向け IT・プログラミング教育サービスは社会や環境にポジティブな変化を生み出す事業を対象とし、社会的成果と経済的リターンの両立を目指す「インパクト投資」と呼ばれ、近年、様々な社会課題や環境問題への懸念が高まったことで、このインパクト投資市場が急速に拡大しており、2020年にはグローバルで約100兆円の規模に達すると予測されています。

2020年からプログラミング教育は小学校から必須化された追い風で、今後の成長に期待のかかる企業です。

転職におすすめの教育ベンチャー④:TECH CAMP(テックキャンプ)

次に紹介するのは、プログラミング未経験者に対して、プログラミング教育サービス「TECH CAMP(テックキャンプ)」を提供する株式会社divです。

株式会社divは、2012年3月に真子 就有氏に設立された会社で、真子 就有氏はYoutubeのチャンネル登録者数55万人を超えている「マコなり社長」で見たことや聞いたことある人もいるかもしれません。

創業当初は、好きなモノ、映画、音楽をネットに投稿できるサービス「log」というサービスを展開していましたが、なかなか軌道には乗らず、受託開発を行うようになり、最終的には、マーケット選定の大事さに気づいたことと、自分が教えることが好きだということに気づいたことをきっけに、現在のプログラミング教育に行き着いたそうです。

現在、IT業界のエンジニア不足は深刻で、エンジニアの有効求人倍率は7倍(一般的な有効求人倍率は約1.5倍)と圧倒的に高いことが特徴で、これからマーケット自体は今後も伸びていくことが予想できます。

事業は以下の5つを中心に行なっています。

・TECH CAMP エンジニア転職:月々35000円で、未経験からプロのWebエンジニアの技術が身につくプロフェッショナルコース

・TECH CAMP プログラミング教養:月額19,800円で最新の技術を学び放題のサービス

・TECH CAMP デザイナー転職:未経験のためのデザイナー養成スクール

・TECH CAMP 人材紹介サービス:800社の導入実績のある、エンジニア特化の人材紹介サービス

・TECH CAMP 法人研修サービス:短期間でIT人材を育成する企業向けプログラミング研修

事業の数値としては、過去に20,000名以上の方が受講をしていて、未経験からプロのエンジニア転職を実現する「テックキャンプエンジニア転職」ではこれまでに1,000名以上が転職に成功しているそうです。

2020年5月には、総額約18.3億円の大型資金調達をしており、資金の使用用途は以下の通りになっているそうで、今後の成長に期待です。

①学習システムの開発

②人材の採用、育成

③プログラミングスクールの教室増床

④認知拡大のためのプロモーション強化

転職におすすめの教育ベンチャー⑤:Schoo(スクー)

次に紹介するのは、Shooo(スクー)です。

Shooo(スクー)は、株式会社リクルート・株式会社リクルートメディアコミュニケーションズで、SUUMOを中心とした住宅領域の広告営業・企画制作に従事していた、森 健志郎氏が、2011年10月に設立した会社です。

Schoo(スクー)は、「大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティを提供する」ことをコンセプトに、月額980円で5000本以上の動画が見放題のサービスを運営しております。

Schoo(スクー)の生放送授業の内容はビジネススキル・ITスキルをはじめ、複業・フリーランスなど新しい働き方に関するもの、お金・健康・最新技術・経済ニュース・大学の公開講座など、社会の変化に対応する多種多様で最先端の内容が取り揃っています。

現在の会員数は40万人以上、法人導入社数は600社以上を超えています。

2019年9月に約3.4億の資金調達を行ない、さらにKDDIと5Gを活用した遠隔教育プラットフォームの開発についての業務提携も行なっており、今後の成長に期待のかかる企業です。

転職におすすめの教育ベンチャー⑥:Progate(プロゲート)

次に紹介するのは、Progate(プロゲート)です。

Progate(プロゲート)は、2014年7月に加藤將倫氏によって設立された会社で、ブラウザ上で実際にプロダクトを作りながらコードを書く練習をすることで、初心者でも実践的なプログラミング学習が可能なサービスを提供しています。

Progate(プロゲート)は、プログラミングスクールではなく、自立型でプログラミングを学習することができるサービスで、スクール型のサービスと比べると価格は安価で、月額980円で79の講座を受講することができます。

また、無料でも基礎レベルの18レッスンを受講することができます。

事業の成績としては、世界的なエンジニア不足や国内で2020年に迫る公教育でのプログラミング必修化を追い風に成長し、創業から5年で100万人以上のユーザーを獲得しているそうです。

2020年2月に、約4億円の資金調達をしており、使用用途としては海外事業展開とそのための採用活動をより一層強化していくとのことで、インドネシアでの法人も設立も発表しています。

転職におすすめの教育ベンチャー⑦:レアジョブ(Rarejob)

レアジョブ(rarejob)は2007年に加藤智久氏と中村岳氏が共同で株式会社レアジョブを設立し、2014年に設立からわずか7年でIPO(上場)を果たしている企業です。

レアジョブ英会話事業概要

レアジョブ(Rarejob)の事業は6,000名を超えるフィリピン人講師が在籍しており、マンツーマンの英会話レッスンでも、1レッスンあたり129円からという低価格で英会話の受講を受けることができます。

また、法人向けサービスも展開しており、社内研修や福利厚生として2,100社を超える企業に導入されています。

2015年からは教育機関向けサービスも展開し、全国の小・中・高校・大学・塾など、累計230校以上でサービスが導入されており、今後の成長に大きな期待のかかる企業です。

もし、レアジョブ(Rarejob)の決算・業績について、気になった方はこちらの記事▶︎ 転職おすすめ!IT×教育ベンチャーのレアジョブの決算や戦略を解説の記事で詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

まとめ

最後に、教育系ベンチャー(Edtech)業界はIT業界の中でも、今後成長が期待できる産業です。

そういった成長産業に携わりたい人、非IT業界から転職を考えている人には、IT×教育(Edtech)ベンチャーはオススメの事業領域のため、是非、この記事を参考に行動を起こしてみると良いかもしれません。

転職など自分から環境を変えることは、「面倒臭い」、「気が乗らない」という気持ちはあると思います。

しかし、悶々とした気持ちで働き続けることは、圧倒的に人生の時間を無駄にしているのと、人生のリスクを増やしている行為になるので

やらない後悔よりは、まず行動してみて、行動しながら考える方が生産的になると思います。

もし、少しでも迷っているようなら、完全無料なのでまずは登録して気軽に転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは様々な会社がありますが、結論から申し上げると、下に紹介している6社がおすすめです。

ビジネス職と、エンジニア職にそれぞれにオススメな3社を紹介します。

教育系ベンチャーのビジネス職向けエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

教育系ベンチャーのビジネス職向けエージェントはこの3社がおすすめです。試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

教育系ベンチャーのビジネス職向けエージェント3選

リクルートエージェント | 20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け | 転職実績No.1の最大級の転職サイト

JRC Recruiment | 20代~30代で年収600万以上を目指す人向け | 非公開求人の割合が50%

ランスタッド |20代の若手から30代のミドルの人でハイクラスキャリアを目指す人向け |年収1000万円クラス案件多数

リクルートエージェント


・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け

リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1の転職エージェントサービスです。

特徴としては、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しているため、転職が初めての人も安心して転職活動を行うことができます。

また、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が20万件以上があり、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。

JAC Recruitment

・こんな人にオススメ:20代~30代で年収600万以上を目指す人、業界スペシャリストになりたい人(人事、営業、マーケティング、経理など)

JAC Recruitment は東証1部に上場している国内最大級の転職サイトでハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントです。

1988年から累計約43万人の転職実績があり、特徴としては非公開の案件が豊富(約50%の割合)で約25,000社の企業と取引があり、あらゆる業界・職種の企業から多数の求人を保有しています。通常、求人を紹介するコンサルタントと企業コンサルタントは別になっていることが多いですが、JAC Recruitment の場合は求人を紹介するコンサルタントが企業に直接訪問しているため、企業の文化や風土、事業戦略までも把握して、他では得られないリアルな情報を得ることができます。

ランスタッド

・こんな人にオススメ:20代の若手から30代のミドルの人でハイクラスキャリアを目指したい人

ランスタッドは1960年にオランダで生まれ、現在世界39の国と地域に4400以上の拠点を置く、世界最大級の総合人材サービス企業です。

少数精鋭の敏腕コンサルタントが、一人ひとりの専任担当者として、スキルやご経験だけでなく、中・長期的なキャリアプランも見据えた最適な求人を提案してくれ、初回面談から転職の成功まできちんとサポートしてくるため、安心して転職活動を進めることができます。

教育系ベンチャーのエンジニア向け特化のエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

教育系ベンチャーのエンジニア向けエージェントはこの3社がおすすめです。試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

教育系ベンチャーのエンジニア向けエージェント3選

TechClipsエージェント| 年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人 | 利用者の93%が年収アップ実績

レバテックエキスパート| 年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人 | ハイクラスエンジニアの10年以上の支援実績

Tech Stars Agent | WEB・ゲーム事業に携わりたい人 | 700社以上の企業とのリレーション

TechClipsエージェント

・こんな人にオススメ:年収500万以上の転職をしたいエンジニアの人、高収入&高待遇で転職したい人

 

TechClips(テッククリップス)エージェントは、高年収&将来のキャリアプランを重視したITエンジニアの専門の転職エージェントサービスで、高収入&高待遇に特化しています。

さらに、大手転職会社にはない現職のエンジニアがコンサルティングを行うので安心して相談することができます。

レバテックエキスパート

・こんな人にオススメ:年収800万以上の転職をしたいエンジニアの人、新規事業に携わってキャリアアップしたい人

レバテックエキスパートは、ハイクラスのエンジニアとクリエイターに特化した転職サービスで、レバテックは10年以上の支援実績があり、保有求人数は業界トップクラスです。

年間累計3,000回以上の企業訪問でCTOやPMと頻繁にミーティングを実施し、深い信頼関係から好条件求人を獲得しており、ハイクラス人材の採用を前提とした新規事業の立ち上げを行うこともあるそうで、そういった新規事業に携わって、キャリアアップを目指したい人にオススメです。

Tech Stars Agent

・こんな人にオススメ:WEB事業に携わりたい人

Tech Stars Agent は、IT業界特化型の転職エージェントでIT・WEB業界に精通したプロのキャリアコンサルタントがきめ細かな面談を行います。

キャリアコンサルタントはメンバー全員がエンジニア経験や転職/独立支援の豊富な実績を持ち、きめ細かく面談をサポートしてくれます。

エンジニア出身のキャリアコンサルタント最適な職場が提案してくれるので、転職後のミスマッチも起こりにくいのが特徴です。

エージェントの利用する時の流れ・手順

エージェントを利用する時の流れや手順については一般的にはどこも似たようなものですが、一応、一般的なエージェントの利用の流れについて書いておきます。

①会員登録

基本的に上記の画像をタップして、エージェントの公式HPに飛び、個人情報を入力していけば5分もかからずに終わります。

②担当アドバイザーと面談

登録が終了すると、面談がありますが、キャリアの棚卸しや今、どんな会社が人気なのかなどの情報収取もできます。

③案件紹介→案件決定

④実際に案件に参画

ITベンチャー・スタートアップの業界研究カテゴリの最新記事