転職活動の成功は、自己分析で7割確定!自己分析なら、キャリアコーチングがおすすめ
悩んでいる人
悩んでいる人
転職活動では、自己分析が大事だと聞くけど、どうやって自己分析をしたら良いのかわかりません

困っていること、知りたいこと

転職活動前に自己分析が大事だと聞くけど、どうやって自己分析をしたら良いのかわかりません

こんな疑問を持っている人のお悩みにお答えします!

筆者の私は、新卒でITメガベンチャーに就職(転職は3回経験)して、ITスタートアップでCOOを勤めた後、自身がIT系のフリーランスになって体験したことなどを元に記事を製作しております。
CareerBiz編集長
CareerBiz編集長

今回は、転職活動の前に自己分析について、知りたいと思っているあなたに、

■本記事の内容

・転職活動において、自己分析が重要な理由

・転職活動における、自己分析を行うメリット

・転職活動で自己分析を行う方法

・自己分析でキャリアコーチングを利用したほうがいい人の特徴

を、わかりやすく解説していきたいと思います。

目次

転職活動において、自己分析が重要な理由やメリット

キャリアコーチングの自己分析

新卒の就活の頃から、自己分析は大事だと知っている一方で、転職活動において、自己分析の本当の重要性については知らない方のほうが、多いのではないでしょうか。

結論から申し上げると、転職活動における自己分析が重要な理由ですが、大きくは以下の3つの点です。

・意思決定の軸を作ることができ、納得感が高い転職ができる

・客観的に自分を理解することができる

・面接等で自己PRや志望動機の説得力をアップさせられる

転職活動で自己分析が重要な理由やメリット①:意思決定の軸を作ることができ、納得感が高い転職ができる

転職活動で自己分析が重要な理由やメリットの1つ目は、意思決定の軸を作ることができ、納得感が高い転職ができるです。

転職において、最も避けなければならないことは、転職後に短い期間で転職してしまったことを後悔してしまうことです。

後悔してしまう原因は、様々あると思いますが、だいたいは、以下のようなものになると思います。

■転職で後悔してしまう原因

①そもそも転職した会社の見極め・確認が甘かった

②転職した会社のことは、事前に見極めたつもりだったが、想定外の不満ポイントが存在した

③転職した会社側から、聞いていた話と違った

このように、事前に自分が想定した期待値と大きく異ることがあると、人は後悔してしまう確率が上がってしまいます。

そのため、事前に自分が転職で期待することはどんなことなのか、自分が働く上で大事にしていることは何か、逆にどのような要素があると仕事で不満を持ちやすいのかなどを、自己分析を通じて把握することが大事です。

そういった、大事な軸を決めずに、転職し用とした場合、①のように正しく見極めができなかったり、②のように想定外の不満要素が出てきてしまう可能性があるため、100%成功するわけではないですが、事前に適切な自己分析ができた場合は、納得感の高い転職ができる可能性が高まります。

転職活動で自己分析が重要な理由やメリット②:客観的に自分を理解することができる

転職活動で自己分析が重要な理由やメリットの2つ目は、客観的に自分を理解することができるです。

転職活動は、ある意味、自分自身を売り込む営業行為そのものであります。

仮に、自社の商品の特徴やセールスポイントなどを正しく理解していない営業マンが来たら、あなたのところに来て、営業してきたらどうでしょうか?

間違いなく、その商品は買わないと思います。

それと同じように、自分自身がどういった強み、弱みがあるのか、どういったスキル・経験があるのか、働くモチベーションや将来のやりたいことなど、自分に関することをきちんと理解して、相手の会社から聞かれたことを正しく回答することが求められます。

そのために、自己分析を通じて、自分を客観的に見直すことで自己理解を深めておくことは非常に重要です。

転職活動で自己分析が重要な理由やメリット③:面接等で自己PRや志望動機の説得力をアップさせられる

転職活動で自己分析が重要な理由やメリットの3つ目は、面接等で自己PRや志望動機の説得力をアップさせられるです。

自己分析は、就活や転職活動の自己PRや志望動機を伝える際の、アピールポイントとその根拠を探すのに有効な手段です。

職務経歴書や面接では、強みをアピールしただけは評価につながないため、強みだけではなく、その根拠となるエピソードを具体的に示すことが重要です。

自己分析で自分を客観視し、強みや経歴、仕事を行う中で大切にしていたことなどを、言語化して、整理することが大切です。

このように、自己分析をしっかりしたうえで面接に挑めば、自分の中で整理ができているため、一貫性と具体性を持った回答がスラスラとできたりします。

逆に、自己分析が不十分だと、回答と応募書類に記載した内容がずれてしまったり、内容が抽象的すぎて、面接官に上手く伝わらなかったりします。

そのため、自己分析によって自分自身を十分理解した上で、相手に適切に伝わるように整理することが重要です。

転職活動で自己分析を行う方法

【IT未経験でも安心】IT業界・企業に第二新卒として転職する方法

それでは、転職活動で自己分析を行う方法ですが、具体的には以下の方法があります。

①性格診断・適職診断を受ける

②自己分析のフレームワークに沿って、自己分析を行ってみる

③キャリアコーチングを受けてみる

転職活動で自己分析を行う方法①:性格診断・適職診断を受ける

転職活動で自己分析を行う方法の1つ目は、性格診断・適職診断を受けるです。

性格診断は科学的かつ統計的に内容が証明されているものであれば、自分自身を理解するためのツールとしては有効です。

しかし、科学的かつ統計的に内容が証明されていない診断等も存在するため、そこは少し気をつけなければなりません。

性格診断を完全に信じるのではなく、ある程度の目安程度に受けるスタンスが良いでしょう。

転職活動で自己分析を行う方法②:自己分析のフレームワークに沿って、自己分析を行ってみる

転職活動で自己分析を行う方法の2つ目は、自己分析のフレームワークに沿って、自己分析を行ってみるです。

自己分析の有名なフレームワークですが、以下の3つが有名です。

より具体的には、紙やメモ帳アプリなどで、自分自身で実際に書いてみることで言語化することがおすすめです。

①自分の「強み」、「弱み」を考える

②モチベーション要因を考える

③「WILL」、「CAN」、「MUST」で考える

自己分析のフレームワーク①:自分の「強み」、「弱み」を考える

自己分析のフレームワークの1つ目は、自分の「強み」、「弱み」を考えるです。

最初に、自分の強みと弱みを考えるときに、何が強みで弱みなのかをノートに書き出してみましょう。

ただし、強みや弱みに関しては、自分のパーソナリティーの部分と、スキル部分に分けて考えるとなお良く、さらに、なぜ強みなのか、なぜ弱みなのかも具体的な関連エピソードを添えて書き出すとベストでっす。

それぞれ2、3個ほど洗いだし、多く共通する部分や自分の人生の軸になっている部分を探してみましょう

自己分析のフレームワーク②:モチベーション要因を考える

自己分析のフレームワークの2つ目は、モチベーション要因を考えるです。

具体的には、過去、自分が働いていた時ですごくモチベーションが上がった、下がった瞬間や出来事をそれぞれ挙げてみましょう。

また、その出来事に付随する人間関係がどういった人だったのかなどを洗い出してみると良いでしょう。

これを洗い出すことによって、転職候補の企業のカルチャーや雰囲気、業務内容と照らし合わせることで、失敗のリスクを下げることができます。

自己分析のフレームワーク③:「WILL」、「CAN」、「MUST」で考える

自己分析のフレームワークの3つ目は、「WILL」、「CAN」、「MUST」で考えるです。

まず、それぞれの用語の定義からご説明いたします。

WILLとは、現在の自分がやりたいことで、今の自分がこれからやりたいことや抱いている将来のビジョンです。

CANとは、現在の自分ができることで、今の自分が持っているスキルや経験のことです。

MUSTとは、現在の自分がやらなければならないことで、より具体的には会社から求められている仕事です。

「WILL」、「CAN」、「MUST」で考えるとは、これらの3つの要素が全て重なり合う場所を理想として、転職先などを決めると有効だと言われています。

転職活動で自己分析を行う方法③:キャリアコーチングを受けてみる

転職活動で自己分析を行う方法の3つ目は、キャリアコーチングを受けてみるです。

キャリアコーチングは、転職エージェントの転職サポートとは異なり、自己分析を徹底的に行う手伝いをしてくれます。

幼少期から社会人になるまでの人生そのものを整理事で、自分でも気づいていなかった新たな一面を見つけられたり、自分のやりたいことなども確認できます。

自己分析は1人でも可能ではありますが、かなり深掘りをした自己分析を1人で適切に行うのはかなり難しいと思います。

理由としては、自分では当たり前と思い込んでいることが多くあることです。

転職エージェントでも面談はありますが、自己分析やその人の思考を整理することはないため、転職に失敗をしたくない方は、キャリアコーチングを通じて、正しく自己分析を行うことがおすすめです。

キャリアコーチングについてもっと知りたい方は、

転職前にキャリア(転職)コーチングは有効?キャリア(転職)コーチングのメリットとデメリット

の記事をご覧になってみてください。

キャリアコーチングを利用したほうがいい人の特徴

転職で失敗する人の特徴

キャリアコーチングを利用したほうがいい人は、以下ののような特徴を持つ人が良いでしょう。

■キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴

自分のやりたい仕事、今後のキャリアが明確でない人

・徹底的な自己分析を通して、キャリア設計をしたい人

転職でミスマッチ・失敗・後悔をしたくない、納得した転職活動をしたい人

キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴①:自分のやりたい仕事、今後のキャリアが明確でない人

キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴の1つ目は、自分のやりたい仕事、今後のキャリアが明確でない人です。

キャリアコーチングでは、徹底的に自己分析を行い、自分の理想の姿、理想のキャリア、やりたい仕事などを明確にすることができます。

自分の過去の経験からしっかり整理をすることで、何に興味があり、何に関心がないのかが明確になり、あなたのやりたいこと、仕事のヒントを得ることができます。

キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴②徹底的な自己分析を通して、キャリア設計をしたい人

キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴の2つ目は、徹底的な自己分析を通して、キャリア設計をしたい人です。

キャリアコーチングでは、自己分析を通して、自己理解をすることで、キャリアであなたが何を目標設定にするべきかが明確になります。

また、キャリア設計をすることで、あなた自身が、今なにをするべきかの行動計画にまで落とし込むことができ、その行動の実行のところまでキャリアコーチングではサポートも行ってくれるため、設計や計画だけでなく、きちんと実行まで成し遂げることができるでしょう。

キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴③転職でミスマッチ・失敗・後悔をしたくない、納得した転職活動をしたい人

キャリア(転職)コーチングを利用したほうがいい人の特徴の3つ目は、転職でミスマッチ・失敗・後悔をしたくない、納得した転職活動をしたい人です。

転職活動で失敗してしまう多くの原因は、ハーバードビジネスレビューの研究によると、【視野狭窄】と呼ばれる、物事の一面しか見ることができず、色んな要素を総合的に検討せずに、決めてしまうことにあると研究で発表されています。

つまり、意思決定(決断)を間違えてしまうことにあります。

よりよい意思決定を行うためには、自己分析や実際の内定先の評価分析などが欠かせません。

そのため、キャリアコーチングを利用することで、常にコーチという第三者に見てもらうことで、分析自体も間違えず、最終的な意思決定のミスも防ぐ可能性が高くなります。

よって、転職で転職でミスマッチ・失敗・後悔をしたくない、納得した転職活動をしたい方には、キャリアコーチングはおすすめかも知れません。

まとめ

最近、話題になってきているキャリアコーチングについて、紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

転職など自分から環境を変えることは、「面倒臭い」、「気が乗らない」という気持ちはあると思います。

しかし、悶々とした気持ちで働き続けることは、圧倒的に人生の時間を無駄にしているのと、人生のリスクを増やしている行為になるので

やらない後悔よりは、まず行動してみて、行動しながら考える方が生産的になると思います。

もし、少しでも迷っているようなら、この記事を参考に、キャリアコーチングのサービスを使ってみることも良いかもしれません。

おすすめのキャリアコーチングサービス【無料面談だけでも有益】

キャリアアップコーチング | 理想のキャリアを創りたい人を応援!

キャリアアップコーチングバナー

・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始めようと考えているが、転職活動に失敗したくない人向け

キャリアアップコーチングは、転職を前提としない相談が可能で、「今の自分からは想像できない未来を創る」ことをミッションにサービスをやっています。

サービス中はいつでもコーチにLINEで相談も可能で、無料面談もあり、全額返金保証制度もあり、気軽に始めるができます。

また、フルオンラインで実施し、平日の夜や土日祝日もやっているため、忙しい方でもスケジュールが調整しやすいことも特徴です。

キャリアアップコーチングに興味のある方は、こちら

キャリアアップコーチングの利用する時の流れ・手順

キャリアアップコーチングを利用する時の流れや手順については、こちらになります。

①HPで内容の確認(HPは、こちら

②HPでLINEの友達登録を行い、無料面談のスケジュール調整

友達登録が終了すると、所定の方法に従って、スケジュール調整を行います(3分で完了できます。)

③無料面談

 

ビジネス職向けエージェントまとめ【とりあえず登録→面談だけでも有益】

※登録もエージェントとの面談も全て無料です。

エージェントの利用する時の流れ・手順

エージェントを利用する時の流れや手順については、こちらになります。

①会員登録(※登録は無料です)

基本的に下記の画像をタップして、エージェントの公式HPに飛び、必要な情報を入力します。(5分もかからずに終わります。)

②担当アドバイザーと面談(※面談は無料です)

登録が終了すると、面談がありますが、キャリアの棚卸しや今、どんな会社が人気なのかなどの情報収取もできます。

③案件紹介→案件決定(※案件紹介も無料です)

④実際に案件の面接等に参加

ビジネス職向けエージェントはこの3社がおすすめです。

試しに全部登録してみるのも良いですし、自分に合いそうなエージェントを見つけてみるのも良いです。

しかし、転職エージェント選びで成功するためには担当との相性も大事なので、下記のまとめて登録することをおすすめします。

全て無料で、登録は3分くらいで完了できます。

ビジネス職向けエージェント3選

リクルートエージェント | 20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け | 転職実績No.1の最大級の転職サイト

JRC Recruiment | 20代~30代で年収600万以上を目指す人向け | 非公開求人の割合が50%

doda |20代の若手から30代のミドルの人で非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介

リクルートエージェント


・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け

リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1の転職エージェントサービスです。

特徴としては、提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しているため、転職が初めての人も安心して転職活動を行うことができます。

また、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が20万件以上があり、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。

JAC Recruitment

・こんな人にオススメ:20代~30代で年収600万以上を目指す人、業界スペシャリストになりたい人(人事、営業、マーケティング、経理など)

JAC Recruitment は東証1部に上場している国内最大級の転職サイトでハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントです。

1988年から累計約43万人の転職実績があり、特徴としては非公開の案件が豊富(約50%の割合)で約25,000社の企業と取引があり、あらゆる業界・職種の企業から多数の求人を保有しています。通常、求人を紹介するコンサルタントと企業コンサルタントは別になっていることが多いですが、JAC Recruitment の場合は求人を紹介するコンサルタントが企業に直接訪問しているため、企業の文化や風土、事業戦略までも把握して、他では得られないリアルな情報を得ることができます。

doda

・こんな人にオススメ:20代の若手から30代のミドルの人で非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介

dodaはパーソルキャリアの求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトで、エージェント業界No.2のサービスです。

まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができ、自分に合わせた転職活動を行うことができます。

特に案件の量には定評があり、大手・優良企業からベンチャー企業まで、常時豊富な求人情報を掲載しており、非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介してくれます。

転職求人サイトまとめ【エージェントとの面談が面倒な人向け】

転職活動は何となく考えているけど、実際にエージェントとの面談とかまでは、面倒くさいと考えてしまう人には、転職求人サイトの活用をおすすめします。

転職求人サイトの利用する時の流れ・手順

転職求人サイトを利用する時の流れや手順については、こちらになります。

①会員登録(※登録は無料です)

下記の画像をタップして、転職求人サイトの公式HPに飛び、必要な情報を入力します。(3分もかからずに終わります。)

②職務経歴書や経歴データなどを入力、アップロード(※事前に、職務経歴書があれば、5分で完了)

③スカウトメールの受信

スカウトメールは、職務経歴書をアップロードしたり、経歴データを入力しないと、企業側がスカウトメールを送信しません。

求人サイトは、必要情報や履歴書など登録して、自ら気になる企業へ応募することもできますが、企業から、あなたにスカウトがやって来るため、自分がどの会社から評価されるのかなども知ることができます。

全て無料で、たくさんのスカウトを受け取るために、職務経歴書のアップロードと、経歴データの入力は必ず充実させましょう!

おすすめの転職求人サイト3選

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』| 年収600万円以上を目指す全ての方におすすめ!

挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」| 20代~30代の人で初めて転職活動で不安な人向け(自分の好みにマッチした求人が自動的にレコメンドされます)

リクナビNEXT  | 20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け(掲載求人数がNo.1サービスで、企業とのマッチング度合いも診断できる「グッドポイント診断」もオススメ)

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

・こんな人にオススメ:年収600万円以上を目指す全ての方におすすめ!

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』は、会員数8万名以上、日本最大級の転職サイトです。

即戦力採用ならビズリーチ」というTVCMでおなじみの人も多いかもしれないです。)

現在会員数80,000名以上が利用しており、11万件以上の求人が検索ができる求人検索機能に加えて、ヘッドハンターの検索やスカウト機能もあるサービスとなっています。

挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」

・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動で不安な人向け(自分の好みにマッチした求人が自動的にレコメンドされます)

「キャリトレ」は、1日5分、レコメンドされる求人に対して「興味がある」を選択することで、自分の本当の価値や新しい可能性を発見できる転職サイトです。

「キャリトレ」がすごいのは、1日ずつレコメンドされる求人のなかから「興味がある」求人を選択するだけで、AIがより自分にマッチした志向性に合う求人がレコメンドされたり、企業からスカウトが届くようになります。

そのため、使えば使うほど、AIがあなたの好みを学習してくれて、自分のキャリアの可能性を発見することができます。

リクナビNEXT

・こんな人にオススメ:20代~30代の人で初めて転職活動を始める人向け(掲載求人数がNo.1サービスで、企業とのマッチング度合いも診断できる「グッドポイント診断」もオススメ)

リクナビNEXTは、20代の約200件の口コミ調査の結果、どの指標においてもNo.1で、全ての人におすすめできる転職サイトです。

機能面では、「サイトの操作性」「求人情報の見やすさ」「スカウト機能」の3つが優れているため、非常に使いやすいです。

さらに、リクナビNEXTには、『グッドポイント診断』と呼ばれる評判のサービスがあり、これは、会員登録すると、無料で使えるサービスで、質問に答えていくと自己分析と自分の強みが知ることができます。

転職初心者カテゴリの最新記事